1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(779.4Kb)

コネクテッドカーにも!Ethernet AVB(エンドポイント)対応 ミドルウェア「Ze-PRO AVB(Endpoint)」

製品カタログ

車載ネットワーク技術として注目されるEthernet AVBを容易に実装するためのミドルウェアとソフトウェア開発環境です。

コネクテッドカーで注目される、Ethernet AVB規格を使いやすいミドルウェアにして提供します。
評価環境もご紹介します。
・応用製品
 車載カメラ/オーディオ機器
 プロ用/民生用オーディオ機器

このカタログについて

ドキュメント名 コネクテッドカーにも!Ethernet AVB(エンドポイント)対応 ミドルウェア「Ze-PRO AVB(Endpoint)」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 779.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 図研エルミック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

IIoTなら 工場のカメラはここまで活かせる
ハンドブック

図研エルミック株式会社

チョコ停検知・記録システム チョコ停Finder
製品カタログ

図研エルミック株式会社

機能安全・ソフトウェア保護 基礎セミナー
製品カタログ

図研エルミック株式会社

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

Middleware Ethernet AVB(エンドポイント)対応 ミドルウェア Ze-PRO® AVB(Endpoint) Ze-PRO AVB (Endpoint)は、Ethernet AVB(Audio Video Bridging)のエンドポイント(Talker/Listener)を容易に実装する ためのミドルウェアライブラリです。 Ethernet AVBは、IEEE 802のLAN上でオーディオ信号やビデオ信 号のようなタイミング制約が厳しい信号の送受信を行うために、 IEEEで標準化された通信ネットワーク技術です。 ・応用製品 車載カメラ/オーディオ機器 プロ用/民生用オーディオ機器 など 車載ネットワーク 車載ネットワークにおいて画像や音声の転送など通信帯域を多く 利用するケースに対応するため、旧来のネットワークに代わり Ethernet対応が加速しています。 その中で、時刻同期/帯域予約/優先制御に対応したEthernet AVB(Audio Video Bridging)の利用が重要視されています。 従来のネットワークの課題: Ethernet AVB規格を利用することで解消可能 - 通信帯域不足(従来ネットワーク) - 通信遅延(通常Ethernet) また、車内ネットワークがEthernet AVBに集約でき、自動車の配線 をシンプルにして車体重量が減らせます。 EthernetAVBでのネットワーク構成例 ADAS機器・AV機器を単一ネットワークで実現できます。 ADAS機器 カメラ カメラ カメラ カメラ ADAS ECU ECU ECU ECU ECU Switch AV機器 Infotainment Rear Seat Rear Seat Head Unit Entertainment Entertainment Speaker
Page2

スライド番号 2

Ethernet AVB機器内部構成例とZe-PRO® AVB適応箇所 Ethernet AVBを利用する機器の開発にEthernet AVBライブラリである、「Ze-PRO® AVB(Endpoint)」を利用することで、通信部を簡単 に開発し、アプリケーション部分の開発に注力することが可能になります。 Ze-PRO® AVB(Endpoint)には、Ethernet AVB機器開発の参考となるサンプルソフトウェアを同梱されており、OS/ドライバに依存する ことなく機器開発が可能となります。 Ethernet AVB機器 通信アプリケーション TCP/IP Ethernet AVB 通信スタック 通信スタック RTOS/BSP/Driver 車載向けSoC Ethernet AVBネットワーク Ze-PRO AVB(Endpoint) 構成 Talker, Listener - ソースコード 時刻同期 帯域予約 IEEE1772a TCP/IP - 時刻同期 AAF - 帯域予約 - 優先制御 優先制御 - 通信ストリーム対応サンプルソフトウェア IEEE KASAGO - Audio送信/受信サンプル IEEE 802.1Qat IEEE - 移植部ソフトウェアサンプルソフトウェア 802.1AS 802.1Qav - ドライバ移植部 - OS移植部 特長 Adaptation Layer 100%日本国内で開発。サポートやカスタマイズも安心です。 Board Support Package OS, CPU非依存 Ethernet AVB ドライバー 及び その他ドライバー QAC/Klocworkによる品質管理。 規格のバージョンアップに迅速に対応 RTOS Ethernet AVBスタック サンプル 動作実績 オプション BSP (* ) ・CPU : ルネサスエレクトロニクス RZ/A1H, RZ/A1M, RZ/A1LU, RZ/G1 *:BSP(Board Support Package)は、デバイスベンダーが 特定のハードウェアプラットフォーム向けに提供するソフトウェア ・RTOS : LINUX、ARM CMSIS-RTOS RTX、イーソル eT-Kernel コンポーネントで、 OS、ドライバ等で構成されています。 ・評価環境 : ルネサスエレクトロニクス GENMAI-AVBボード、 RZ/A1LU AVBボード 日立超LSIシステムズ Solution Engine G1
Page3

スライド番号 3

Ethernet AVB評価環境 Ze-PRO AVB評価キット(RZ/A1LU AVBボード) Ze-PRO AVB 評価キットは、 Ethernet AVBの対向通信を手軽に評価していただくために必要なハードウェアとソフトウェアを 1つにまとめた評価キットです。 Ze-PRO AVB (Endpoint)を、オーディオ処理に最適な ルネサス エレクトロニクス社製プロセッサ「RZ/A1LU」に実装しました。  IEEE802.1AS(時刻同期)、IEEE802.1Qat(帯域予約)及び AVB Talker AVB Listener IEEE802.1Qav(優先度制御)の動作確認  Audioデータ(16-bits sampling、2-Channels (L/R) )が、 AVB Switch IEEE1722a AAF (AVTP Audio Format)で、Talkerから PHY (※) Listenerへ流れることを確認  IEEE1722a AAFの構築や解析を行うソフトウェアはソース RZ/A1LU コードで提供されるので、フォーマットの変更が可能 (例 : チャネル数の増減、他フォーマットの実現)  オプションキットでボードを追加すれば、1対多、多対多の 対向評価が可能 ※ Audio TalkerとListener を1対1の単一ユニットで対向で動作させる場合は、 AVB Switchを介す必要はありません。 オプションキット Audio機器評価 Infotainment Head Unit Speaker Speaker Audio Video ストリーム ストリーム 評価キット 評価キット 評価キット Ethernet AVB Audioストリーム(1) Audioストリーム(2) 車載機器構成 AV機器 Infotainment Head Rear Seat Rear Seat Unit Entertainment Entertainment Speaker Switch コントローラ 制御機器 センサ機器 機器制御 Controller ECU 制御機器/センサ機器 制御機器/センサ機器 コントローラ機器評価 コントロールコマンド コントロールコマンド コントロールコマンド 評価キット 評価キット 評価キット オプションキット Ethernet AVB コントロールコマンド(1) コントロールコマンド(2) センサデータ センサデータ
Page4

スライド番号 4

評価キット構成 数量 項目 内容 スターター オプション キット キット ルネサス エレクトロニクス社製 RZ/A1LU AVBボード CPUボード 2 1 CPU: RZ/A1LU PHY ボード テセラテクノロジー社製 TSE-GbPHY004 (RJ45インタフェース) 2 1 ICE SEGGER社製 J-Link LITE ARM (*1) 2 1 • EthernetAVBプロトコルスタック (バイナリ) (*2) • TalkerおよびListenerサンプルプアプリケーション (ソースコード) ソフトウェア • BSP(Board Support Package)(*3) 1 (CD-ROM) • ユーザマニュアル (PDF) • クイックスタートガイド(PDF) 備考 (*1): J-Link LITE ARMは、RZ/A1LU AVBボード以外では使用できません。 (*2): 「Ze-PRO AVB(Endpoint)は、CPU/OS非依存ですが、本評価キットで提供されるEthernet AVB バイナリーコードは、 RZ/A1LU AVBボードでのみ動作可能です。 (*3): リアルタイムOSは、CMSIS-RTOS RTXです。 統合開発環境は、e2studio /GCCで、ルネサスエレクトロニクス社のウェブサイトからダウンロード可能です。 図研エルミック株式会社 URL:http://www.elwsc.co.jp e-mail: info@elwsc.co.jp 横 浜 本 社 〒222-8505 横浜市港北区新横浜3-1-1 図研新横浜ビル2F Tel:045-624-8002 / Fax:045-476-1102 大 阪 営 業 所 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4丁目3番22号 新大阪長谷ビル8F Tel:06-6195-7900 / Fax: 06-6309-3830 * 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。 * 仕様等は予告なく変更される可能性があります。