1/14ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

外観検査におけるAIのポイントと「ZENAI」のご紹介

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 外観検査におけるAIのポイントと「ZENAI」のご紹介
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 センスシングスジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

外観検査における AI導入のポイントと 「ZENAI」のご紹介 センスシングスジャパン株式会社
Page2

スライド番号 2

CONTENTS CHAPTER 01 外観検査の自動化が求められている市場背景 ・外観検査システム / 検査用カメラの導入状況 ・AI外観検査市場の広がり CHAPTER 02 AI外観検査の導入メリット ・外観検査をデジタル化することの効果 ・外観検査で利用される検査方式 CHAPTER 03 AI外観検査導入におけるポイント ・導入に向けた3つのポイント ・照明選定のポイント CHAPTER 04 AI外観検査システム「ZENAI」のご紹介 ・「ZENAI」(ゼナイ)3つの特徴 ・活用事例 ・お客様がAIモデルを作成し製造ラインへ導入する場合 ・お客様が画像検査システムとして 導入したい場合 ・最近の取り組み �
Page3

スライド番号 3

CHAPTER 01 外観検査の自動化が 求められている市場背景 �
Page4

スライド番号 4

外観検査の自動化が 求められている市場背景 製造業における「外観検査」は、製造中に発生した組み立て間違い、 製品・部品の汚れや異物、キズ、変形などの欠陥を発見し、 異常品を排除することを目的として行われます。 従来の外観検査は人による目視で行われるのが主流でした。 しかし、機械技術やAI技術の発展により、 検査装置による外観検査の自動化が進んでいます。 ◼ 外観検査システム・検査用カメラの導入状況 【AI・ディープラニング応用製品】 72億円 →→ 927億円 (伸長率︓1287.5%) ※富士経済 2020 画像処理システム市場の現状と将来展望 ◼ AI外観検査市場の広がり 【市場の変化】 AI(ディープラーニング)を用いた 画像処理で実績が積み重なり、 信頼性を担保できるようになっているため、 市場が広がっている。 また、AIを起点としたベンチャー企業の 市場参入も進んでいる。 本市場導入数量推移 *富士経済 「2019 画像処理システム市場の現状と将来展望」より �
Page5

スライド番号 5

CHAPTER 02 AI外観検査の 導入メリット �
Page6

スライド番号 6

AI外観検査の導入メリット 検査装置を用いたAI外観検査を導入することによって、 「検査精度向上」「生産性向上」「人件費削減」など、 様々なメリットをもたらします。 また、外観検査で利用される検査方式には、AIによる外観検査とは別に、 ルールベースによる検査方式があり、それぞれ得意・不得意があるため、 適した検査方式を選択する必要があります。 ◼ 外観検査をデジタル化することの効果 検査精度向上 生産性向上 人件費削減 ・トレーサビリティによる ・ボトルネックとなる •検査員の人数を減らして 検査結果と画像 / IDの 検査工程のスピードを 工程費を削減できる 紐づけを行える 上げて、工場の生産量を 増やせる。 •機械に任せられる部分は ・検査基準の統一化を行える 任せて、人の作業の 効率化を行える。 ◼ 外観検査で利用される検査方式 ルールベースによる検査方式 AIによる検査方式 幅計測 位置計測 ひび 線傷 変形 【得意なこと】 【得意なこと】 • ポカヨケ︓ 有無、向き、間違い ・外観︓傷、異物、クラックetc (パターンマッチング) ・ルールが定義できないような • 寸法確認︓ 対象になるサイズ あいまいな基準の分類に対応可能 座標出し ・検査員伝授しにくい 検査ノウハウを再現可能 ※条件 : 対象が定型であること ・検査基準の標準化による 検査精度の向上 �
Page7

スライド番号 7

CHAPTER 03 AI外観検査導入における ポイント �
Page8

スライド番号 8

AI外観検査導入におけるポイント AIを用いた画像検査では、下記のような勘違いをよくされています。 ・「AIを使えば人間の目視検査をすべて代替できる」 ・「AIだから従来の画像検査より性能が良い」 ・「AIは勝手に学習して賢くなってくれる」 しかし、現実は期待を全て解決できるまでのレベルにはなく、 適用方法や範囲を適切に検討していく必要があります。 ◼ 導入に向けた3つのポイント 1. モニターに欠陥が、映るよう光学設計を行う AI外観検査もベースとなっているのは画像処理です。 そのため、入力される画像の品質は高いものを用いて、 少なくともモニター越しに目視確認できるレベルに光学設計を行います。 2. やりたいことを絞ってシステム設計を行う AIは何でも出来るという訳ではありません。 出来ることと最低限やりたいことに絞ります。 工程に求められる検査にのみ絞ってシステムを設計します。 3. AIソフトを買った瞬間に検査が出来るわけではないことを理解する AIソフトは買った瞬間にはまだ完成しておりません。 学習を重ねていくことで正確な検査を行えるようになります。 ◼ 照明選定のポイント 明視野照明法→直接光を見る 暗視野照明法 →散乱光を見る 直接光 散乱光 オプテックス・エフエー株式会社より提供/抜粋 �
Page9

スライド番号 9

CHAPTER 04 AI外観検査システム 「ZENAI」のご紹介 �
Page10

スライド番号 10

AI外観検査システム「ZENAI(ゼナイ)」 ディープラーニング技術を用いた外観検査AIシステム「ZENAI(ゼナイ)」 により、お客様の課題解決を支援します。 ZENAIで外観検査工程を自動化します。 高度な画像分類により、不良や傷・異物の検出が可能です。 これまで不可能だった微細な欠陥を検知でき、 0.1秒の高速判定を実現しています。 OK画像、 各NGモード画像20枚 学習用PCで学習 AI完成! (あたり付け可能なレベル) ◼ 「ZENAI」(ゼナイ)4つの特徴 1. 微細欠陥検出 従来型の画像処理では、検出困難だった微細な欠陥を検出 2. 高速AI判定 AIモデルが判定結果を出すまで、0.1sec以内 3. AIモデル作成時の学習が簡単 各欠陥に対して、ペイントの色塗り感覚で実現 4. 複数AIモデルを並列処理 学習モデルを4つ迄並列で処理できる。 ◼ 活用事例 マスク 溶接 左︓オリジナル画像 右︓検出結果画像 ドーナッツ ��
Page11

スライド番号 11

◼ お客様がAIモデルを作成し製造ラインへ導入する場合 ①ZENAI開発パッケージ 【内容例】 ・ZENAIモデリングキット ・ZENAIランタイムキット ・トレーニング ②ZENAIを活用した検査アプリケーション 【内容例】 ・ZENAIモデリングキット ・ZENAIランタイムキット ・トレーニング ・専用ソフトウェア ・AIモデル1個 ・学習用PC ・検査用PC ◼ お客様が画像検査システムとして導入したい場合 自動外観検査システム 【内容例】 ・カメラ ・レンズ ・照明 ・センサ ・検査用PC ・ZENAIランタイムキット ・必要に応じたAIモデル ・専用検査ソフト ��
Page12

スライド番号 12

◼ 最近の取り組み ①音声データから判定 音源データを可視化し、ZENAI判別用画像データ(スペクトログラム)を作成 色の濃淡は、周波数域の音圧を表現 周波数 時間軸 音声を可視化し画像データとし、 学習用に切り出し 学習 AI完成 検査システム 検査アプリケーション ほぼリアルタイムに 検査判定結果 検査用画像 OK判定 NG判定 音による検査を行っているお客様に有効です。 11
Page13

スライド番号 13

◼ 最近の取り組み ② Semi-Supervised Learning 良品 100枚以上 学習 AI完成 色の濃淡は、周波数域の音圧を表現 不良品 (少量) 不良画像が集まらないお客様に有効です。
Page14

スライド番号 14

【お問い合わせ先】 センスシングスジャパン株式会社 住所︓〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町3-1-43 西本町ソーラービル4F TEL︓ 06-6210-4388 Mail : contact_us@sensethingsjapan.co.jp