1/4ページ
カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(546.1Kb)

炭化水素ガス検知警報器『GasSecure GS01』

製品カタログ

いかなる危険場所においても素早く作動!ワイヤレスの炭化水素ガス検知警報器

『GasSecure GS01』は、シングルビームのトリプル波長赤外線 (IR) 技術と超低電力設計を組み合わせ、いかなる危険場所においても素早く作動する、ワイヤレスの炭化水素ガス検知警報器です。

劇的な設置費用と時間の削減、高い信頼性を持つ赤外線検知、 および生涯校正不要の設計で、お客様に費用対効果の高い付加価値をご提供します。

赤外線、技術、定期的な校正が不要で、安定したガス検知を生涯実現します。

【特長】
■信頼性の高いシングルビーム、トリプル波長のMEMS
■SafeWireless 通信
■SIL2 適合
■ケーブル不要のワイヤレス通信
■本質安全防爆認証
■プロジェクト総費用の最大 60~80%の削減

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 炭化水素ガス検知警報器『GasSecure GS01』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 546.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ドレーゲルジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
自給式空気呼吸器『Dräger PSS 7000』
製品カタログ

ドレーゲルジャパン株式会社

この企業の関連カタログの表紙
自給式空気呼吸器『Dräger PSS 5000』
製品カタログ

ドレーゲルジャパン株式会社

この企業の関連カタログの表紙
自給式空気呼吸器『Dräger PSS 3000』
製品カタログ

ドレーゲルジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

GasSecure GS01 ワイヤレス炭化水素ガス検知警報器 正真正銘のワイヤレス機器である GasSecure GS01 は、シングルビー ムのトリプル波長赤外線 (IR) 技術と超低電力設計を組み合わせ、いかな る危険場所においても素早く作動する炭化水素ガス検知警報器です。 GS01 は 劇的な設置費用と時間の削減、高い信頼性を持つ赤外線検知、 および生涯校正不要の設計で、お客様に費用対効果の高い付加価値を ご提供します。 信頼性の高いシングルビー ケーブル不要の真のワイヤ ム、トリプル波長の MEMS レス通信 赤外線 技術 定期的な校正 平均 5 mW の超低電力消 が不要で、安定したガス検知 GS01 費で標準バッテリ寿命 を生涯実現 24 ヵ月を実現 SafeWireless™ 通信 本質安全防爆認証 低電力動作でわずか フィールドで交換可能 5 秒の応答時間とデー なバッテリパック搭載 タパケットの安全な取 り扱いを実現 SIL2 適合 プロジェクト総費用の最大 SIL2 認証範囲には、ハードウェア、ソフ 60 ~ 80 % の削減 トウェア、およびワイヤレス 通信が含 を可能にする配線、設置、書類要求な まれ、安全計装システムとのシームレ どのエンジニアリングの低減 スな統合が可能 DD--4422777733--22001155
Page2

02 | GS01 ワイヤレス – ガス検知警報器 GS01 概要 GS01 ワイヤレスガス検知警報器 GasSecure は世界初となる真の赤外線式ワイヤレスガス警報器を、危険場所をはじめとする産業アプリ ケーション用に提供します。 GS01 は炭化水素系ガスを即座に検知し、プラント火災や爆発のリスクをオペ レーターへ通知します。 超低消費電力設計とコンパクトな内蔵バッテリパックによって標準2年間の連続駆動を可 能にします。* 劇的な設置費用と時間の削減により、お客様はプロジェクト総費用の最大 60 – 80 % の削減 を実現しています。 ワイヤレス通信は世界標準規格の ISA100 ワイヤレス通信™ に準拠 – ISA100認証ワイ ヤレスフィールド機器であれば製造メーカー問わず簡単に無線ネットワークに統合できることを意味してい ます。 特徴 – ケーブル不要の真のワイヤレス通信 – 生涯校正不要 – 加温した光学レンズを含むトリプル波長によるフェイルセイフ赤外線検知 – SIL 2 適合 – 第三者による安全計装システムに統合可能な、検知警報器とワイヤレス通信システム SIL 2 認証を取得 – 5 秒以内の素早いガス検知応答 – 本質安全防爆設計 – 現場(危険場所)で交換可能なバッテリパックを搭載し、低消費電力、軽量型ガス検知警報器 – 最長 2 年のバッテリ寿命* *使用環境条件による 利点 – 有線検知システムと比較すると劇的な費用と時間の削減が可能 – 配線が不要なためフレキシブルな設置条件に対応可能 – 生涯校正不要によりメンテナンス費用を削減可能 – 各プロジェクトフェーズに柔軟に対応 (シャットダウン、メンテナンスなど) – 生涯校正不要によりセンサーのドリフト発生がおきません – よって誤警報も発生しません – 素早い応答時間は早期警告とプラントの安全性向上を意味します 用途 GS01 は、工場の拡張、改修、アップグレード、グリーンフィールドプロジェクトなど各フィールドに対してフレキ シブルで費用対効果の高いソリューションであることが実証済されています。 アプリケーションの例: – 石油 & ガス生産プラットフォーム – 石油 & ガスの探査掘削装置 – タンクファーム – シャットダウンや設備撤去 ‒ 石油化学工場 & 精油所 – 天然ガス基地や処理工場 ‒ FPSO / FLNG 船
Page3

GS01 ワイヤレス – ガス検知警報器 | 03 GS01 概要 テクノロジー 赤外線センサーテクノロジーは、特許取得済みの MEMS (微小電気機械システム) 光学フィルターを使用す ることによって、ワンランク上のレベルまで到達することができました。 センサは、赤外線ライトを継続的に特 定波長のみを透過させ、集約し、切り替えることによって、ガスと参照用検知値を確立します。 GS01 テクノロ ジーは、生涯ゼロ点の安定性を持ち、素早い応答時間と超低消費電力駆動を実現します。 革新的なハー ドウェアのデザインは、信頼性、素早い応答時間、有効性と電力効率が要求される GasSecure の特許取得済み の SafeWireless™ 通信システムによってサポートされています – これら全てが無線ネットワーク通信網に おいて完全に依存します。 テクニカルデータ 製造元 / モデル Dräger 社の GasSecure / GS01 概要 検知方法 シングルビーム、トリプル波長 IR 検知可能ガス 炭化水素、0 から 100 % LEL1 校正 出荷前工場設定、現場での校正不要 性能 応答時間 5 秒以下 精度 2 ±3 % LEL または測定値の ±10 %(どちらか高い方) ゼロ点の安定性 ±3 % LEL (生涯) 環境条件 使用温度 -30 ~ +50° C 3 保管温度 -40 ~ +65° C 湿度 0 ~ 100 % RH 保護等級 IP66 と IP67 メカニカルデータ 寸法 300 × 110 × 170 mm (4 ページを参照) 重量 2.8 kg (バッテリー含む) 取付方法 8 mm または 5/16"インチ ボルト用取付金具 アクセサリー/特殊治具 アクセスポイントを含む無線ゲートウェイと 冗長性オプション リモート(延長)アンテナ付き GS01 日除けカバー / 天候シールド 認証 ATEX、IECEx II 2G Ex ib IIC T4 Gb (-40 〜 +65 °C) 安全計装 SIL 2 認証 (IEC 61508 Ed.2.0) 電源仕様 バッテリ タイプ 塩化チオニルリチウム電池 平均消費電力 5 mW バッテリ寿命 最長 2 年* 出力 10 dBm (10 mW) 通信 タイプ 2.4 GHz ISM 帯域の工業用無線 IEEE802.15.4 プロトコル ISA100 ワイヤレス™ ゲートウェイ出力 標準: Modbus TCP/RTU、OPC オプション: PROFINET (SIL2) * 使用環境条件による 1 利用可能設定: メタン、プロパン 2 メタン設定時 3 +65°C まで適用可能、 GasSecure にお問い合わせください
Page4

04 | GS01 ワイヤレス – ガス検知警報器 ~300 108 寸法( mm) 注文情報 注文/指定 GasSecure GS01 ガスタイプを指定 メタンなど 本社 ドレーゲル・セイフティー 大阪営業所 Drägerwerk AG & Co. KGaA ジャパン株式会社 〒564-0062 Moislinger Allee 53–55 東京本社 大阪府吹田市垂水町3–3–17 23558 Lübeck, Germany 〒 141-0021 Tel 06-6310-7550 東京都品川区上大崎2–13–17 Fax 06-6310-7556 www.draeger.com 目黒東急ビル 4F Tel 03-6447-7171 Fax 03-6447-7170 東京サービスセンター 〒135-0047 東京都江東区富岡2-4-10 Tel 03-5245-2390 Fax 03-5245-2226 本件に関するお問合せ: www.draeger.com/ renrakusaki D-42457-2015 ∅ 89 98 168 91 00 894 | 16.02-1 | HQ | PP | 内容は予告なく変更される場合があります | © 2016 Drägerwerk AG & Co. KGaA