1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.7Mb)

●薄板金属フィン● まだフィンを自社で設計していますか? 業界初! ☆Fin Menu カタログ☆

製品カタログ

●フォールディングフィン
オーダーメイドを1個から!薄板フィンの新技術!
ピッチ、高さが自由自在!
加工範囲はカタログのFolding Finのページをご覧ください。

●規格標準フィン
高効率熱交換器にも使用される、薄板金属プレスフィンをカタログ化!
カタログの規格フィンのページをご覧ください。

●メニューは今後も拡充予定!ご要望は随時受付中!

このカタログについて

ドキュメント名 ●薄板金属フィン● まだフィンを自社で設計していますか? 業界初! ☆Fin Menu カタログ☆
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社最上インクス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

特長 薄板金属を折り曲げて成形したことにより、実現できる 特長があります。 01 様々なフィンの種類要望に最適なフィンの形・大きさを提供できます 02 試作~量産まで対応可能数の多いものはコイル状でも提供できます 薄板金属フィン 03 高さ 1mm 以下の微細形状培ってきた薄板金属のプレス加工技術 名前の通り一枚の薄板金属を成形してできたフィン部品です。 プレス金型や専用加工装置を使用して加工しています。 自動車 幅の広いもの、高アスペクトのフィンも オイルクーラー お客様の中には、幅の広いものが出来ないか、 燃料電池システム 高アスペクト比(ピッチ:高さ)のものが出来ないかという 使い方は人により様々 要望があります。弊社の技術により実現、さらに短納期かつ EGRクーラー 競争力のある価格で提供する事が可能になりました。 詳しい寸法などは次のページでご覧ください。 基地局 プロジェクター 流路 熱交換器 蓄電池 ヒートシンク LED照明器具 通常サイズ フィルター 一円玉 1 2
Page2

フィン形状 要望に合わせた工法提案 お客様のニーズに応えるべく、様々な形状をご用意いたしました。要望にあった作り方の提案もできます。 短納期、低イニシャルなどお客様の 要望に合わせて工法を提案します。 プレス金型 専用加工装置 製造可能範囲の目安 コルゲートフィン、オフセットフィン、ウェービングフィンの製造可能範囲の目安となる表です。 板厚・ピッチ・高さから製造できる領域は異なるため、下記をご参照ください。 コルゲートフィン オフセットフィン ウェービングフィン フォールディングフィンの製造可能範囲は 12ページに記載しています。 L コルゲートフィン T H FP YP W L R R 0.05 1 H/5+T FP×2 10 自由選択 板厚程度~0.5 ~25 以上 ~600 フォールディングフィン ルーバーフィン ※詳細は9ページから参照 ※試作のみ対応 YP FP L オフセットフィン T H FP YP W L R OW OP フィンの形状応用サンプル 0.1 1 1.4 FP×2 10 自由選択 板厚程度 1以上 2T OP 上記のフィン形状だけがバリエーションではありません。パンチングメタル材での加工や、特殊素材を使用する ~0.3 ~15 以上 ~300 ~FP/2 R など、お客様の用途の数だけ非常に多彩なフィンをご用意することができます。 L YP FP ウェービングフィン T H FP YP W L R WRWP WR 0.1 1 H/5+T FP×2 10 自由選択 板厚程度 下記 ~0.4 ~30 以上 ~600 参照 R YP FP 各記号・単位について:T=板厚、H=高さ、FP=フィンピッチ、YP=1山ピッチ、W=材料幅、 L=長さ、R=曲げ内R、OW=オフセット幅、OP=オフセットピッチ、 WR=ウェーブR、WP=ウェーブピッチ 単位は全て [mm] です。 L寸法について :定尺材使用の場合は、展開長 450mmで加工可能な全長になります。 特殊素材での加工 パンチングメタル材での加工 高アスペクトのフィン YP寸法について :上下の FPが違う場合は、YP=FP上+FP下 が YP寸法になります。 ※素材は要相談 WR/WP寸法について:バランスで決まります。 3 4 T H W T H W WP T H W OW
Page3

規格フィン 標準寸法 W 公差 製品重量 表面積 圧力損失 熱伝達係数 まずは試したい、そんなお客様のために気軽に 品番 材質 OW OP 選択 L [g] [ ㎟ ] [Pa] [W/( ㎡・K)]標準 お使いいただけるフィン部品の標準品をご用意しました。 T H FP YP 寸法 可能 H寸法 YP寸法WR WP 寸法 W100×L100 流速 1~5[m/s] co_01_SUS304 ステンレス ±0.1 13.4 123.5~625.4 3.0~14.8 co_01_A1050 アルミ 1 ±0.1 4.6 33,762 123.6~625.9 2.9~14.5 L co_01_C1020 銅 ±0.1 15.1 123.6~625.9 2.9~14.5 0.1 1 2 co_02_SUS304 ステンレス +0.2/-0 22.0 71.6~363.5 4.7~23.4 co_02_A1050 アルミ 2 100 10 ±0.05 ±0.1 7.5 54,520 71.6~364.7 4.5~22.6 ~100 co_02_C1020 銅 自由選択 ±0.1 24.8 71.6~364.8 4.5~22.6 co_03_SUS304 ステンレス +0.2/-0 44.0 17.5~93.3 9.3~37.8 co_03_A1050 アルミ 4 ±0.1 15.0 55,576 17.6~93.9 9.0~37.3 0.2 2 4 co_03_C1020 銅 +0.2/-0 49.5 17.6~93.9 9.0~37.3 co_04_SUS304 ステンレス 8 ±0.1 ±0.2 73.5 95,656 12.9~72.7 11.7~41.7 コルゲートフィン YP FP 300 100 co_05_SUS304 ステンレス 0.3 12 2.3 4.6 ~300 ±0.1 ±0.2 131.7 114,397 10.3~61.7 13.9~44.0 L of_01_SUS304 ステンレス ±0.1 13.6 237.4~1845.9 3.2~16.9 of_01_A1050 アルミ 1 1 ±0.1 4.6 37,083 237.4~1847.7 3.1~16.4 of_01_C1020 銅 ±0.1 15.4 237.4~1847.7 3.1~16.4 0.1 1 2 0.5 of_02_SUS304 ステンレス ±0.1 20.9 117.4~1103.2 4.5~23.5 of_02_A1050 10アルミ 2 100 ~100 自由選択 ±0.05 ±0.1 7.1 54,104 117.4~1106.6 4.3~22.1 OP of_02_C1020 銅 ±0.1 23.6 117.4~1106.8 4.3~22.12 of_03_SUS304 ステンレス +0.2/-0 41.8 52.6~669.1 9.0~45.0 オフセットフィン of_03_A1050 アルミ 0.2 4 2 4 1 ±0.1 14.2 57,441 52.7~675.1 8.5~41.9 YP FP of_03_C1020 銅 +0.2/-0 47.1 52.7~675.4 8.5~41.8 L wa_01_SUS304 ステンレス ±0.1 14.3 182.9~1296.1 3.0~15.9 wa_01_A1050 アルミ 1 ±0.1 4.9 36,243 182.9~1297.1 2.9~15.6 wa_01_C1020 銅 ±0.1 16.2 182.9~1297.1 2.9~15.6 0.1 1 2 2.4-2.5 wa_02_SUS304 ステンレス ±0.1 22.7 96.3~658.7 4.5~22.5 wa_02_A1050 10アルミ 2 5 100 ~100 自由選択 ±0.05 ±0.1 7.7 56,271 96.4~660.8 4.3~21.4WR wa_02_C1020 銅 ±0.1 25.6 96.4~660.9 4.3~21.4 wa_03_SUS304 ステンレス +0.2/-0 49.1 56.0~749.3 8.4~40.9 ウェービングフィン wa_03_A1050 アルミ 0.2 4 2 4 1.4-1.6 +0.2/-0 16.7 62,028 56.2~754.1 8.1~38.8 YP FP wa_03_C1020 銅 +0.2/-0 55.3 56.2~754.4 8.0~38.7 各記号・単位について:T=板厚、H=高さ、FP=フィンピッチ、YP=1山ピッチ、W=材料幅、L=長さ、OW=オフセット幅、 L寸法について :全長寸法公差はYP寸法公差x山数となります。全長公差を重視される場合は、山数が増減する可能性があります。 OP=オフセットピッチ、WR=ウェーブR、WP=ウェーブピッチ 寸法に関する単位は全て [mm] です。 製品重量・表面積について:W100xL100 のサイズ時の数値表記となっております。 材料について :記載以外の材料で加工する事は可能です。ただし、記載公差から外れる可能性があります。材料在庫が 圧力損失について :詳細データが必要な場合はお問合せください。 無い場合は、材料調達に時間が必要となります。 解析条件について :フィン幅 100、3山の範囲、外部壁面 95℃、流入温度 25℃、接触抵抗無しの条件で行なっています。 W寸法について :標準寸法以外でのW寸法をご希望の場合は材料費・加工費以外に材料ガイド作製費が発生します。 5 6 T H W T H W T H W WP OW
Page4

特長 独自加工法の開発で より一層お客様の悩みを解決できる要素が増えました。 01 フレキシブル曲面や円筒など設置箇所に柔軟に対応 02 ピッチ・高さを自由に設計プログラム変更により些細な仕様変更にも柔軟に対応 NO Folding Fin 03 イニシャルコストと時間の削減金型を使用しない独自加工法の開発 フォールディングフィンは薄板金属加工の強みを活かし、新たに開発した弊社オリジナルのフィンです。 独自工法により、フィン厚み、ピッチ、高さを自由に設計でき、1個から作製可能です。 スペースを最大限に活用した最適な形状の実現 これまでと同じ開発費・期間で、トライ&エラーの繰り返しや プレスとは違う金型を使わない独自工法 トラブル、急な仕様変更にも、柔軟に対応可能です。様々な場面で、これまでに無い対応力にご満足いただけ、 通常の薄板金属フィンとは異なる工法で成形した 開発・試作・量産とスムーズに立上が可能です。 もので金型を使用しません。 一枚一枚折りたたまれた形状が特徴的です。 7 8
Page5

多種多様な形状 用途に合わせた取り付け方 バリエーションはニーズの数だけ。開発者のあらゆる設計に合わせて最適な部品をオーダーできるため、 レーザー溶接、クリップ、ステンレスバンド、両面テープ、 バリエーションは無限に広がります。 マグネットなど多数の方法があるため、お客様の用途に 沿った取り付け方の提案が可能です。 少量であっても 大量であっても 数量に関わらず製法・製品が同じため、試作で得られた結果と同じものが量産品でも提供できます。 円筒への設置 高さの異なる形状 ネジ止めによる設置 少量 中量 大量 1個~ 100 個~ 1000 個~ ピッチ 製造可能範囲の目安 下記範囲内の形状は現行設備で製作可能です。 範囲外の寸法も製作できる可能性がありますので、 高さ まずはご相談ください。 ※ウェーブ形状の製造可能領域についても要相談 板厚 高さピッチの同時変化 円錐形状 スリットの入ったフィン アルミ /銅 アルミ /銅 /ステンレス 幅 80 75 70 65 60 55 50 45 角菅に沿った形状 三角形状 曲面への設置 フィン高さ (mm) 40 35 30 25 20 15 10 5 最小ピッチ(mm)1 2 3 ~ 1 2 3 4 ~ 2 3 4 5 6 ~ 2 3 4 5 6 ~ 3 4 5 6 7 ~ フィン板厚(mm) 放射形状 ウェーブ形状 デザイン性を考慮したフィン 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 フィン最大幅(mm) ~ 50 ~ 75 ~ 100 ~ 100 ~ 100 9 10
Page6

Fin Menu ©2019 SAIJOINX Co.,Ltd. 株式会社 最上インクス 本社 〒615-0034 京都市右京区西院西寿町 5 番地 Tel 075-312-8775 Fax 075-312-0041 株式会社 最上インクス 横浜営業所 〒222-0033 横浜市港北区新横浜 2-17-11 アイシスプラザ 302 号室 Tel 045-470-2861 Fax 045-471-1315 E-mail saless@saijoinx.co.jp  Web http://www.saijoinx.com/