1/11ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

【市場調査レポート】製造業における商品情報管理の現状

ハンドブック

製造業を中心とした商品情報を扱う企業に商品情報の管理について、Webアンケートを実施し、市場レポートとしてとりまとめました。今後の商品情報のデジタル化の参考資料としてご活用ください。

・アンケート回答者属性
・商品の特性や扱い件数
・商品情報を活用する業務
・商品情報を扱う業務上の課題
・商品情報管理のツール

このカタログについて

ドキュメント名 【市場調査レポート】製造業における商品情報管理の現状
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 1.5Mb
取り扱い企業 株式会社JSOL (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

製造業における 商品情報管理の現状 市場調査レポート 株式会社JSOL
Page2

調査概要 調査目的 製造業における商品情報管理の現状調査 調査対象 製造業を中心とした商品情報を扱う企業 回収サンプル数 273 調査方式 ウェブアンケート 期間 2020年3月19日 ~ 2020年4月15日 2
Page3

1. アンケート回答者属性 3
Page4

1. アンケート回答者属性 – 業態・業種・職務・従業員規模 業態 職務区分 人 技術分野 79 生産技術 12 技術系 67 設計分野 47 機械設計 11 電気設計 9 商品企画/設計 27 製造分野 9 業種 製造 9 研究開発分野 34 研究開発 34 営業分野 47 営業/マーケティング 27 営業 4 営業系 16 管理分野 8 品質管理/品質保証 4 資材調達/購買 3 従業員規模 生産管理 1 経営/マネジメント 22 経営/マネジメント 22 その他 27 その他 27 総計 273 4
Page5

1. アンケート回答者属性 – 取扱商品点数、商品種類 取扱商品点数 商品種類 5
Page6

2.商品情報管理の現状 6
Page7

2. 商品情報管理の現状 – 業務内容 商品情報を用いて行っている業務をお答えください。(複数選択可) ・営業活動において、商品情報を利用する回答が過 半数を占めた。 ・BtoBの製造業において、ECサイト運営だけでなく、 ウェブサイトの作成・管理やカタログ作成などのコンテ ンツ管理業務において、商品情報を利用するという 回答が約1/3となった。 業務内容 回答数 制作系 106 ウェブサイト制作・管理 43 ECサイト制作・管理 20 カタログ制作 43 営業・マーケティング系 309 営業活動による提案や顧客説明資料作成 102 見積書・請求書の作成 78 得意先や仕入先との情報共有 81 販売情報の分析 48 管理系 90 生産管理 56 在庫管理 34 コールセンター 19 コールセンターによる商品問い合わせ対応 19 その他 53 その他(フォームに内容をご記入ください) 53 7
Page8

2. 商品情報管理の現状 – 業務上の課題 業務で商品情報を扱う際に以下のような課題があれば選択してください。(複数選択可) ・システム化はされていても、複数システムにまたがっており検索に手間がかかること、また、複 数システムにまたがるがゆえ、各システムの情報を最新の状態で維持することの難しさ、がう かがえる。 ・また、図面管理システム等に代表される一部のシステムは、利用ユーザーが限られるなど、 システム利用制限による商品情報共有の課題も見受けられる。 課題内容 回答数 いくつもの情報やシステムを調べる必要がある 132 最新情報に保たれていない 113 複数回入力が必要で面倒 68 個人ファイルなどに情報があり、すぐに使える状況でない 62 決まった場所からしかアクセスできないなどの制約がある 55 特に困っていない 46 紙で管理されていて参照しにくい 44 「その他」を選んだ方は内容をお答えください。 • 細かなバージョン違いが多い • 商品情報管理業務は行っていない • 商品点数が多く、また1商品に関連する図面や取説などのデジタルデータが多くあり データをメンテナンスする人が限られている • 詳細な情報を得るのが大変 • 部署によって使用するソフトに違いがあり、全員が等しく取り扱えない情報がある。 • 複数の場所から情報を引っ張ってこないと欲しい情報にならなかったりすることが多い。 また、それぞれの情報をリアルタイムに接続するためには、各システム間の垣根を超える必要 がある時があるが、往々にして簡単にはいかない(所管する部門が違ったり等で、調整が簡 単ではないことが多い) 8
Page9

2. 商品情報管理の現状 – 参照ツール 前述の業務で商品情報を使う際に、参考にしているものをお答えください。(複数選択可) ・一部の商品情報がシステム化されている場合でも、実際に業務を行う上では、紙 データも含めた複数のツールを使用しているケースが9割以上。 ・デジタル化されていても、Excel、ファイルサーバーなどによる管理も多く見られる。 商品情報管理の方法・参照先 回答数 1種類 86 紙 6 Excel 22 専用システム 18 Webサービス 23 ファイルサーバー 11 その他 6 2種類 94 紙・Excel 23 紙・専用システム 3 紙・Webサービス 6 紙・ファイルサーバー 4 Excel・専用システム 11 Excel・Webサービス 11 Excel・ファイルサーバー 19 専用システム・Webサービス 4 専用システム・ファイルサーバー 4 商品情報に関連する社内システム Webサービス・ファイルサーバー 9 3種類 61 紙・Excel・専用システム 8 8 1種類 紙・Excel・Webサービス 4 3% 2種類 紙・Excel・ファイルサーバー 13 3種類 紙・専用システム・Webサービス 3 4種類 24 紙・専用システム・ファイルサーバー 1 5種類 紙・Webサービス・ファイルサーバー 2 9% Excel・専用システム・Webサービス 1 86 Excel・専用システム・ファイルサーバー 10 61 32% Excel・Webサービス・ファイルサーバー 12 Excel・ファイルサーバー・その他 2 22% 専用システム・Webサービス・ファイルサーバー 5 94 4種類 24 紙・Excel・Webサービス・ファイルサーバー・ 5 34% 紙・Excel・専用システム・Webサービス 1 紙・Excel・専用システム・ファイルサーバー 6 紙・Excel・ファイルサーバー・その他 1 Excel・専用システム・Webサービス・ファイルサーバー 11 5種類 8 紙・Excel・専用システム・Webサービス・ファイルサーバー 7 Excel・専用システム・Webサービス・ファイルサーバー・その他 1 総計 273 9
Page10

JSOLからのご紹介 商品情報管理クラウドサービス PlaPiのご提案 10