1/36ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(16.8Mb)

振動試験装置 総合カタログ

製品カタログ

振動試験装置で、あらゆるフィールドの「未来品質」に貢献します。

振動のリーディングカンパニーとして 揺るぎない信頼を獲得してゆくために
振動試験装置で、あらゆるフィールドの「未来品質」に貢献します。

【掲載内容】
◆[基本システム]振動試験装置
 Ecology 振動試験にも環境へのやさしさを
 ハイグレードタイプ A-series
 スタンダードタイプ i-series
 大変位タイプ J-series
 輸送用 C-series
 水冷式大型 K-series
 低騒音小型 m-series
 小型 VSH/PET
 オプションユニット
◆[多軸]振動試験装置
 2軸切換 DC-series
 3軸切換 TC-series
 2軸同時 DS-series
 3軸同時 TS-series
 6自由度 TTS-series
◆[温湿度環境]振動試験装置
 垂直用恒温恒湿槽
 垂直・水平切換式恒温恒湿槽
 多軸用恒温恒湿槽
 大型試験品対応プレハブチャンバー
 チャンバーコントローラー
 オプション
◆[振動制御器]K2
◆[事例集]

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 振動試験装置 総合カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 16.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 IMV株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

振動制御器 -K2 Renewal-
製品カタログ

IMV株式会社

水平補助テーブル
製品カタログ

IMV株式会社

このカタログの内容

Page1

Dynamic Simulation System Full Lineup Catalogue 振動試験装置総合カタログ IMV株式会社 ●本社・大阪営業所 〒555-0011 大阪市西淀川区竹島2-6-10 TEL.06-6478-2575 FAX.06-6478-2537 ●東京営業所 〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-5 クレトイシビル4階 TEL.03-3436-3920 FAX.03-3436-3921 ●名古屋営業所 〒470-0217 愛知県みよし市根浦町5-2-18 TEL.0561-35-5188 FAX. 0561-36-4460 https://www.imv.co.jp/ ※本仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。 DSS事業本部 MES事業本部 IMV先端技術研究所 営業本部 品質保証部 2019年2月製作 WEB用カタログは一部ページを編集しています。 経営企画本部 CN/14640E 大阪サイト Cat No.1902⑦02DSS.SKJQA-1573
Page2

INDEX 振動試験装置一覧表 P.03 [基本システム] 振動試験装置 Ecology 振動試験にも環境へのやさしさを P.07 ハイグレードタイプ A-series P.09 スタンダードタイプ i-series P.13 大変位タイプ J-series P.15 輸送用 C-series P.17 水冷式大型 K-series P.19 低騒音小型 m-series P.21 小型 VSH/PET P.23 オプションユニット P.25 [多軸] 振動試験装置 2軸切換 DC-series P.35 3軸切換 TC-series P.36 2軸同時 DS-series P.37 3軸同時 TS-series P.38 6自由度 TTS-series P.39 振動のリーディングカンパニーとして [温湿度環境] 振動試験装置垂直用恒温恒湿槽 P.42 垂直・水平切換式恒温恒湿槽 P.43 揺るぎない信頼を獲得してゆくために 多軸用恒温恒湿槽 P.44大型試験品対応プレハブチャンバー P.46 チャンバーコントローラー P.47 オプション P.48 [振動制御器] K2 振動試験装置で、あらゆるフィールドの「未来品質」に貢献します。 K2 P.50 関連製品 P.55 IMVは1957年の設立以来、「動力学」の中でも振動技術の研究開発に 携わってきました。 各種振動試験装置や計測・監視・診断装置の製造販売をはじめ、試験・ 計測・解析サービスの提供、振動技術の専門家によるコンサルティングを 通じて、製品の安全性・信頼性・耐久性の向上など振動に関する様々な 問題解決をすることで、社会に貢献していきます。 IMVは振動環境をリアルに再現する「振動試験装置」や振動状態を視 [事例集] 覚化する「メジャリングシステム」の製造・販売に加え、振動の受託試験や 自動車関連 P.60 電気・電子製品 P.65 コンサルティングを実施する「テスト&ソリューションサービス」を展開。 輸送環境 P.66 自動車や鉄道、航空・宇宙をはじめ、電機や構造物など、振動問題の解決 建設機器・産業用機器 P.67耐震試験 P.68 を要するあらゆる産業のソリューションパートナーとして製品の信頼性を 航空・宇宙部品 P.69 その他 P.70 高めることを通じて、社会の安全性や快適性の向上に貢献しています。 “提案力”と“開発力”と“総合力”のレベルアップに努め、未来においても 振動試験装置の導入に対して P.71 振動試験装置のしくみ P.75 振動のエキスパートとして社会に役立ちます。 打合せメモ/設置イメージ P.77 お客様をフルサポートするIMVテストラボネットワーク P.79 国内外販売及びサービス拠点 P.81 振動諸元換算表/振動数・変位・速度・加速度関係早見表 P.82 01 02
Page3

Series Arrangements 振動試験装置一覧表 J-series 大変位 ス c-series i-series 複合環境試験 多軸複合試験 ト m 輸送用 スタンダード 実ロ -series 環 ー ク 低騒音小型 A-series K-series 境 ハイグレード 水冷式大型 多点加振試験 多軸振動試験 6自由度振動試験輸送試験 加振力 再現性 自動車部品 航空・宇宙部品 電気・ 情報・ 機器 機器 電子製品 通信機器 精密機器 電力機器 輸送環境 使用環境 A カーオーディオ・ナビ・ドアミラー・イン 個人用モニターTV・通信機器・樹脂 液晶テレビ・コネクタ部品・車載用電 ナビゲーションシステム・車載用通信 産業用ロボット・デジタルカメラ・レン 配電用変圧器・燃料電池・インバー 鉄道用車両機器・建設用機器・悪路 コンビネーションメータ・インパネ関連-series ハイグレード P09 バーター・モータ・ライト関係・ECU関 製品・シール材・食器・椅子・航空機 気部品・汎用モータ・盤内機器類・ 機器・高速道路自動販売機・産業用 ズ・光学機器・マウンター関連・携帯 ター関連・宇宙電池・大型リチウム電 輸送 機器・ソーラシステム・その他車載関 係・ソレノイド・車載メータ・電動パワ 用エンジン部品・宇宙環境利用機 パソコン・プリント基板・輸送衝撃 モータ・アンテナ関連・大型アンテナ 電話・コピー機器・ビデオカメラ 池 連・パソコン i-series ステモータ・コンビネーションメータ・ 器・航空機搭載機器 (耐震)スタンダード P13 燃料ポンプ系・呼気系部品・ハイブ リッド関係・バッテリー・電動ポンプ・マ J-series P15 フラー・触媒・燃料電池・ABS用コイ大変位 ル・シートベルト・ブレーキシステム C ドアミラー 梱包品・梱包輸送・使用環境輸送・ 梱包品関連 梱包品・梱包輸送・使用環境輸送・ インバーター機器 薬品輸送・梱包品 梱包資材-series 輸送用 P17 白物家電・プロジェクター ゲーム機器 ブレーキ・触媒・断熱材・油圧センサ・ 衛星用機器・プロペラ・エンジン サーボモータ・冷蔵庫・暖房関係・ 大型パラボラアンテナ・ 大型蓄電機器 鉄道車両器・鉄道部品各種 表示板 K スタータ・オルタネーター・マフラー・ハ 洗濯機・大型家電 アンテナ関係-series 水冷式大型 P19 イブリッド用モータ・バッテリー・センサ 関係・ダイナモ・パワーユニット エアコン噴出し口・ETC・ITS機器・ 各種基板・携帯電話・モバイル製品・ 2輪車用ETC・携帯電話 医療機器・使用基板・ 構造物(ミニチュア) m-series 低騒音小型 P21 車載用センサ類・カーオーディオ・ 電子部品・小型モータ デジタルカメラ・半導体部品 ナビ VSH/PET O2センサ・排気系センサ 充填材・圧電素子・センサ関連・小型 P23 SW関連 DC ラジエータ・カーエアコンモジュール・-series 2軸切換 P35 コンプレッサー TC P36 ラジエータ・カーエアコンモジュール-series 3軸切換 防衛機器・航空通信機器・部材関連 実環境輸送・カーオーディオ・ カーナビ・カーオーディオ・各ブラケット ビデオカメラ・デジタルカメラ・ 大型蓄電器機・動力盤・操作盤 緩衝材関連・梱包品・輸送機器 地震体験装置・耐震試験装置 液晶パネル・白物家電 コピー機・複合機 DS ラジエータ・カーエアコンモジュール・-series 2軸同時 P37 バックミラー TS P38 カーオーディオ・ナビ・カーナビ・-series 3軸同時 エアコン・防振マウント・ラジエーター TTS P39 シートの乗り心地・建設機械・ バッテリー 建設機械キャビン-series 6自由度 カットボディ 03 振動試験装置一覧表 振動試験装置一覧表 04
Page4

Vibration Test Systems 基 本 シ ス テ Basic Systems ム [基本システム] 振動試験装置 ハイグレードタイプ A-series P.09 スタンダードタイプ i-series P.13 大変位タイプ J-series P.15 輸送用 C-series P.17 水冷式大型 K-series P.19 低騒音小型 m-series P.21 小型 VSH/PET P.23 オプションユニット P.25 低騒音化へのアプローチ 上部支持機構 PSガイド(Parallel Slope Guide) 世界最大級の大型空冷システム CO2の削減・電力消費をリアルタイムに確認 流体力学に基づき、上部のカバー、冷却空気の取入口を最適設計 振動発生機は振動を供試品に与えるユニットであり、自身が振動スト 綿密な磁場解析により、磁気回路の最適化を追求しました。この最 エコシェーカーと振動制御器K2との組合わせにより、従来と同じ試 しました。これにより冷却空気流速を小さくすることが可能となり、従 レスを受けるユニットです。PSガイドは、その振動発生機の可動部を支 適な磁気回路と冷却技術を融合し、空冷システムでは世界最大級 験手順で自動的に最適電力での振動試験を行います。蓄積した省 来機に比べて空気吸込み音を低減しました。 え、大幅な耐久性・信頼性の向上を実現するIMVのオリジナル特許技 である74kNの大加振力を可能にしました。水冷システムで必要な エネ効果や試験中の省エネ効果は画面で確認できます。システムモ 術の支持機構です。コンパクトで高剛性を実現し、従来から採用してき 初期導入コスト、メンテナンスの煩わしさを解消します。 ニターを使えば月ごとの省エネ効果も確認できます。 たローラー転動方式を継承しな がら、耐久性向上の限界であっ た従来の保持機構を排除し、ユ ニークな曲線を有するギアを交 互に配列することにより、耐久 性に優れた自己保持型支持機 構を実現しました。 システムモニターでの 省エネ効果表示画面 05 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 06 Basic systems
Page5

Vibration Test Systems Basic Systems Ecology 振動試験にも環境へのやさしさを 基本 シ ス テ ム 本格的な自動省エネ運転 既存システムへの対応 平成24年度優秀省エネルギー機器 [レトロフィット Retrofit] 「日本機械工業連合会会長賞」受賞 エコシェーカーは、試験条件に応じて消費電力が最小となるよう、電力増幅器、振動発生機、 冷却ブロワの出力を自動的に最適制御するシステムです。操作者による手動での煩雑な IMVの振動試験装置をご利用の場合、ユニットの追加と調整に 動電式振動試験装置は多くの電力を必要とします。弊社エコシェーカーは、 設定は、一切不要です。自動制御を行っていますので「供試品の特性変化に伴う出力レベ よりISM-EM技術での省エネを実現させることができます。ただし、 必要な電力量を自ら計算し、電力消費量及びCO2排出量を抑える独自 ルの変化」や「使用環境の温度上昇に伴う試験装置の温度上昇」が生じた場合でも、試 納入年月、システム構成により、対象外となる場合がありますの の省エネ技術を採用いたしました。その技術がエネルギーの効率的利用 験装置の能力の範囲内であれば、試験を停止させることなく実施することが可能です。 で詳細はお問い合わせください。 の推進に貢献しているとして、平成24年度「日本機械工業連合会会長 【ポイント】 賞」を受賞いたしました。IMV製品は当省エネ技術を製品ラインナップに 採用し、社会の安全・快適・エコロジーに配慮した製品を開発しております。 ● 試験条件を指定するだけ ● 供試品の特性変化にも自動対応 ● 温度監視によるブロワ回転数の自動制御 Intelligent Shaker Manager ※運転条件決定装置および方法(特許第 4231095 号) ※運転条件決定装置およびプログラム(特許第 4263229 号) 振動制御器 K2 自己 診断技術 省エネ効果 試験 ISM 省エネ 監視技術 エコシェーカーは装置出力が小さいほど、従来に比べ省エネ効果が高くなります。 ■ 従来機 型名 : i250/SA4M ■ エコシェーカー Model : EM2501 技術 装置出力 試算の方法 当社製品i250/SA4M(最大加振力 32kN)において 装置出力 冷却ブロワ 25%時 50%でも 「省エネ技術」ISM-EM 実験データを参考に電力料金、CO2削減量を試算。 励磁コイル 60 36%% 既存設備 省エネシステム筐体DOWN EM:Energy Manager電力増幅器 DOWN イメージ図 条  件 ①ランダム加振 ②装置平均出力:25% ③年間平均稼働率:70% ※計算した数値はシステム及び諸条件により異なる場合があります。 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 作業環境の向上 ECO環境への貢献 装置出力(%) 装置出力(%) 電気料金減額 約128万円/年 CO2削減量 約43トン/年 従来方式との電力消費比較 振動試験装置から発生する騒音は作業と 2008年1月の国内CDM(クリーン開発メカニズム)の開始、 設置場所を制限します。エコシェーカーはブ 2009年4月の省エネ法改正により、企業には今以上の省エネが ロワを必要な回転数で制御するので、無駄 求められるようになりました。エコシェーカーは消費電力を低減する ISM-EMの動作(電力消費) な消費電力をカットするだけでなく、条件によ ことでCO2の削減(電気料金の削除)を推進し社会に貢献します。 り回転数を落とし騒音低減も実現します。 従来、手動で電力消費を下げる方法がありましたが、 ISM-EM 試験条件と供試品を勘案し必要加振力の計算を行 励磁電流 い、調整する必要がありました。そのため試験条件に 条件により変動 よって最適な消費電力となる運転はできませんでした。 エコシェーカーのISM-EM技術は試験条件に応じて、 ドライブ電流 消費電力が最小となるように電力増幅器、振動発生 条件により変動 振動発生機 試験条件から 機、冷却ブロワの出力を自動的に適正値に設定し制 全ての出力を指示 御します。 振動制御器 回転数 条件により変動 電力増幅器 冷却ブロワ 冷却ブロワ 07 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 08 消費電力(kW) Basic systems
Page6

Vibration Test Systems Basic Systems A-series 性能の向上 基 High Grade Range 高精度試験の要望に応える 本 シ ス 従来機より性能が向上したAシリーズがこれまで不可能だった試験を可能にします。 テム ハイグレードタイプ振動試験装置 試験用途の範囲拡大と高精度試験への対応で、振動試験装置に求められる要望にAシリーズは応えます。 加振力向上 標準76.2mmp-p変位 ※A30、A45、A65、A74のみ対応 Aシリーズは所要電力あたりの加振力が従来機より向上しています。 Aシリーズは、速度、加速度、変位仕様のバランスが最も良い、 従来機と同様のインフラで、さらに高加速度、大質量搭載時の試験が可能です。 76.2mmp-p変位(3インチストローク)を採用。 70 これにより、1台で多くの試験に対応することができます。 60 Aシリーズ 50 40 30 20 iシリーズ(従来機) 10 iシリーズ(従来機) Aシリーズ Jシリーズ(従来機) 51mmp-p変位 100mmp-p変位 0 0 20 40 60 80 100 所要電力(kVA) 振動数範囲拡大 新型モジュール(HAMタイプ)の採用 Aシリーズは76.2mmp-p変位を実現しながら、 新パワー素子を採用した電力増幅器の導入で、低ノイズ・高効率を実現しました。 上限振動数を従来機より増加させています。 Aシリーズには全機種標準装備しています。 5000 電力増幅器新旧比較 4500 2 旧型電力増幅器 4000 新型電力増幅器 3500 Aシリーズ 3000 1 2500 iシリーズ 2000 Jシリーズ(100mmp-p変位) 0 A30/EM3HM 1500 0 20 40 60 80 大きさ 出力容量 発熱量 加振力(kN) 高速度衝撃試験対応 Aシリーズ(EMアンプモデル)は、最大3.5m/sの衝撃速度試験が可能です。これにより、標準的な従来機では不可能だった試験が可能になります。 基本システム型名 i220/SA1M i230/SA2M i240/SA3M i250/SA5M i260/SA7M 該当製品なし ショック波加振力(kN) 16 32 48 80 108 ー スタンダード 衝撃試験の例 iシリーズ ショック波最大速度(m/s) 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 ー(従来機) 現場の声から生まれた新基準。 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 ー搭載可能質量(kg) 速度・変位不足のため加振不可 ー 基本システム型名 該当製品なし J230/SA3M J240/SA4M J250/SA6M J260/SA7M 該当製品なし 試験用途の拡大と高精度試験への対応でこれまで不可能だった試験が可能に。 Jシリーズ ショック波加振力(kN) ー 40 55 80 108 ー 環境・安全への配慮とユーザー目線での操作環境を整えた待望の新シリーズが誕生。 100G (従来機) ショック波最大速度(m/s) ー 2.4 2.4 2.4 2.4 ー最大変位(mmp-p) ー 2.4 100 100 100 ー 搭載可能質量(kg) ー 速度不足のため加振不可 ー 基本システム型名 A12/EM1HAM A22/EM2HAM A30/EM3HAM A45/EM5HAM A65/EM7HAM A74/EM10HAM 【性能の向上】 試験用途の拡大と高精度試験への対応。振動試験装置に求められる要望に応えます。 ショック波加振力(kN) 24(18) 44(36) 60(50) 90(80) 130(120) 180(160) 【環境・安全への配慮】 安全性・機能性に配慮し、さらなる省エネルギーを実現。Aシリーズが振動試験の作業環境を変革します。 Aシリーズ ショック波最大速度(m/s) 2.5(3.5) 2.5(3.5) 2.5(3.5) 2.5(3.5) 2.5(3.5) 2.5(3.5)11ms 最大変位(mmp-p) 51(55) 51(55) 76.2 76.2 76.2 76.2 【規格を選択して試験条件を簡単に作成できる「ランチャー」や、振動状況をどこからでも確認できる「システムモニター」】 詳細はP32をご覧ください。 搭載可能質量(kg)※ 7 14 17 30 48 86 ※搭載可能質量は標準状態時です。 09 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 10 上限振動数(Hz) 正弦波加振力(kN) 比率 Basic systems
Page7

Vibration Test Systems Basic Systems 環境・安全への配慮 供試品取付ネジ位置(単位:mm) 振動試験の現場環境を変える 基 従来機から消費電力を抑え、更なる省エネ試験を。国際的な安全基準に準拠し、作業環境をより安全に。 本 振動台 φ210 振動台 φ280 振動台 φ290 振動台 φ436 振動台 φ446 シス Aシリーズが試験現場をエコで安全な環境へと変革します。 13-φ11深20 M10 深25 17-φ11深20 M10 深25 17-φ11深20 M10 深25 25-φ11深20 M10 深25 25-φ11深20 M10 深25 テ (P.C.D.100, 160) (P.C.D.100, 160, 250) (P.C.D.100, 160, 250) (P.C.D.100, 160, 250, 400) (P.C.D.100, 160, 250, 400) ム A12 A22 A30 A45 A65/A74 消費電力低減 国際的安全基準準拠 仕様表 基本システム型名 A12/ A12/ A22/ A22/ A30/ A30/ A45/ A45/ A65/ A65/ A74/ A74/Aシリーズは同クラスの従来機と比較して、消費電力が低い振動試験装置 Aシリーズは国際的安全基準準拠品です。 SA1HAM EM1HAM SA2HAM EM2HAM SA3HAM EM3HAM SA4HAM EM4HAM SA5HAM※7 EM5HAM※7 EM6HAM※7 EM8HAM※7 です。省エネ機能を使用した場合、全ての加振領域で従来機より省エネです。 振動数範囲(Hz) 0~4500※4 0~4500※4 0~3300 0~3300 0~2600 0~2600 0~2600 0~2600 0~2600※5 0~2600※5 0~2600※5 0~2600※5 正弦波(kN) 12 12 22 22 30 30 45 45 65 65 74 74 最 ※1 加振力当りの消費電力比較 A65 vs i260 低放射ノイズ 大ランダム波(kN rms) 12 12 22 22 30 30 45 45 65 65 74 74加 落下物による 振 外乱ノイズ耐性 ショック波(kN) 24 24 44 44 60 60 90 90 130 130 148 18070 力 破損耐性 (誤動作防止) 高速度ショック波(kN) ー 18 ー 36 ー 50 ー 80 ー 120 120 16060 正弦波(m/s2) 1090 1090 1000 1000 900 900 900 900 900 900 1000 1000 最 50 大ランダム波(m/s2 rms) 630 630 630 630 630 630 630 630 630 630 630 630 40 挟まれ防止 加 2 i260(従来機) 速ショック波(m/s peak) 2181 2181 2000 2000 1818 1818 1800 1800 1806 1806 2000 2432総度 合 高速度ショック波(m/s 2 peak) ー 30 ー 1636 1636 ー 1515 ー 1600 ー 1666 1621 2162 仕 20 様最 正弦波(m/s) 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 A65 大速ショック波(m/s peak) 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 10 度 高速度ショック波(m/s peak) ー 3.5 ー 3.5 ー 3.5 ー 3.5 ー 3.5 3.5 3.5 0 最大 正弦波(mmp-p) 51 51 51 51 76.2 76.2 76.2 76.2 76.2 76.2 76.2 76.2 0 10 20 30 40 50 60 70 感電防止 変位 高速度ショック波(mmp-p) ー 55 ー 55 ー 76.2 ー 76.2 ー 76.2 76.2 76.2 加振力(kN) 機械的ストローク(mmp-p) 64 64 64 64 82 82 82 82 82 82 82 82 最大搭載質量(kg) 200 200 300 300 400 400 600 600 1000 1000 1000 1000 所要電力(kVA)※2 20.4 20.4 30 30 36 36 57 57 83 83 100 100 ブレーカー容量(A)※3 75 75 100 100 125 125 200 200 300 300 350 350 感電防止 型名 A12 A12 A22 A22 A30 A30 A45 A45 A65 A65 A74 A74 可動部質量(kg) 11 11 22 22 33 33 50 50 72 72 74 74 高断熱複合オプション ※A30、A45、A65、A74のみ対応 振動制御器筐体組込オプション ※A12、A22、C10のみ対応 可動部寸法(φmm) 210 210 280 280 290 290 436 436 446 446 446 446振 動 許容偏心モーメント(N・m) 294 294 700 700 850 850 1550 1550 1550 1550 1550 1550 Aシリーズの槽底直結型複合オプションは、新設計の高断熱構造を採用しています。 振動制御器用のPC・ディスプレイ・キーボードを電力増幅器の中に組み込み、 発 生 946× 946× 1038× 1038× 1100× 1100× 1232× 1232× 1310× 1310× 1310× 1310× 恒温槽内の温度分布の良好化や、振動発生機内部の結露防止に効果があります。 省スペース化することが可能です。キーボードを使用しない場合は収納することが 機 寸法(mm)W×H×D 827× 827× 920× 920× 1048× 1048× 1215× 1215× 1253× 1253× 1253× 1253× 676 676 775 775 840 840 1040 1040 1040 1040 1040 1040 できます。 振動発生機の直径(φmm) 585 585 678 678 725 725 825 825 925 925 925 925 5 ※ ディスプレイは17インチ 質量(kg) 1080 1080 1600 1600 2000 2000 3000 3000 3500 3500 3500 3500従来機の約 倍の高断熱性を実現 ※ キーボードはテンキー付 型名 SA1HAM-A12 EM1HAM-A12 SA2HAM-A22 EM2HAM-A22 SA3HAM-A30 EM3HAM-A30 SA4HAM-A45 EM4HAM-A45 SA5HAM-A65 EM5HAM-A65 EM6HAM-A74 EM8HAM-A74 電 最大出力(kVA) 13 13 24 24 31 31 44 44 68 68 100 100 力 増 580× 580× 580× 580× 580× 580× 580× 1160× 580× 1160× 1160× 1160× 幅 寸法(mm)W×H×D 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 1950× 器 850 850 850 850 850 850 850 850 850 850 850 850 質量(kg) 280 330 350 410 420 500 900 1000 1000 1150 1340 1850 制 御 振動制御器 器 K2他より選択 方式 強制空冷 606× 708× 707× 707× 707× 707× 1057× 1294× 1214× 1128× 1462× 1462× 寸法(mm)W×H×D※6 1315× 1421× 1531× 1531× 1531× 1531× 1841× 2123× 2006× 2380× 2800× 2800× 冷 891 782 917 917 917 917 1125 838 1124 899 930 930 却ブロ 質量(kg) 168 140 215 215 215 215 375 292 427 354 536 536 ワ ワット数(kw) 3.7 3.7 5.5 5.5 5.5 5.5 11 11 18.5 18.5 30 30 ダクトホース径(φ) 125 125 200 200 200 200 250 250 250 250 250 250 ※1 ランダム波加振力は、ISO5344規格に沿って規定しています。各システムの性能測定条件の詳細は、お問い合わせください。 ※2 所要電源・電圧 3φAC200/220/380/400/415V(A74はAC380/400/415V), 50/60Hzを使用します。 ご準備可能な電源をご指示ください。  ※3 200Vの場合です。 ※4 4000Hz以上は-6dB/Octの勾配で加振力が減衰します。 ※5 2000Hz以上は-12dB/Octの勾配で加振力が減衰します。 ※6 記載寸法は60Hzの場合です。50Hzの場合はサイズが異なります。詳細はお問い合わせください。 ※7 最大加振力50kN以上の装置を海外に輸出する際は輸出許可証(E/L)が必要になります。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値では有りません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ ランダム波での加振を行う場合には、発生するピーク加速度がショック波最大加速度以下となるように試験を計画してください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 ※ 恒温恒湿槽複合時は可動部質量と加速度が異なる場合があります。 ※ CE対応のシステムに関して、質量・寸法等が変わることがあります。 100 100 100 100 100 ∅350 ∅85 標準パターン 特殊ネジパターン例1 特殊ネジパターン例2 ネジサイズ M10×P1.25 ネジサイズ 例: M20×P1.5 ネジサイズ 例: M6×P0.75 (P.C.D.100,160,250,400) M10×P1.25 11 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 12 所要電力(kVA) 100 100 100 100 100 Basic systems 15°
Page8

Vibration Test Systems Basic Systems 供試品取付ネジ位置(単位:mm) i i210 i220 i230 i240 i250 i260-series 振動台φ128 振動台φ190 振動台φ200 振動台φ290 振動台φ440 振動台φ446 基 9-M8 深20 17-M8 深20 13-M10 深40 17-M10 深40 25-M10 深40 25-M10 深40 本 Standard Range (P.C.D.100) (P.C.D.100, 160) (P.C.D.100, 160) (P.C.D.100, 160, 250) (P.C.D.100, 160, 250, 400) (P.C.D.100, 160, 250, 400) シス仕様表 テム スタンダードタイプ振動試験装置 基本システム型名 i210/SA1M i220/SA1M i230/SA2M i240/SA3M i250/SA4M i250/SA5M i260/SA7M ※6 振動数範囲(Hz) 0~4000 0~3300 0~3000 0~2600 0~2500 0~2500 0~2600※4 正弦波(kN) 3 8 16 24 32 40 54加最 振 ランダム波(kN rms)※1 3 8 16 24 32 40 54 力 大ショック波(kN) 9 16 32 48 64 80 108 加最 正弦波(m/s 2) 1000 1250 1250 1200 914 1142 1000 速 ランダム波(m/s2 rms) 700 875 875 840 640 800 700 総度 大 合 ショック波(m/s2 peak) 2000 2500 2500 2400 1828 2284 2000 仕速最 正弦波(m/s) 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2様度大ショック波(m/s peak) 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 変最 位大 正弦波(mmp-p) 30 51 51 51 51 51 51 機械的ストローク(mmp-p) 40 60 64 68 68 68 64 最大搭載質量(kg) 120 200 300 400 600 600 1000 所要電力(kVA)※2 6.8 16.4 26 36 51 57 83 ブレーカー容量(A)※3 30 60 100 125 200 200 300 型名 i210 i220 i230 i240 i250 i250 i260 可動部質量(kg) 3 6.4 12.8 20 35 35 54 i230/SA2M 振動 可動部寸法(φmm) 128 190 200 290 440 440 446 (振動発生機) 発 許容偏心モーメント(N・m) 160 294 700 850 1550 1550 1550 生 機 寸法(mm)W×H×D 868×700×458 1020×903×550 1124×957×860 1234×997×890 1463×1187×1100 1463×1187×1100 1527×1198×1100 振動発生機の直径(φmm) 458 550 630 720 860 860 920 質量(kg) 350 900 1500 2000 3000 3000 3500 電 型名 SA1M-i10 SA1M-i20 SA2M-i30 SA3M-i40 SA4M-i50 SA5M-i50 SA7M-i60 力 最大出力(kVA) 5 10 20 30 40 50 64 増 幅 寸法(mm)W×H×D 580×1750×850 580×1750×850 580×1750×850 580×1750×850 580×1950×850 580×1950×850 580×1950×850 器 質量(kg) 240 280 300 410 850 880 1000 制 御 振動制御器 K2他より選択 器 方式 強制空冷 寸法(mm)W×H×D※5 386×882×369 492×1128×625 606×1315×891 707×1531×917 1057×1841×1125 1057×1841×1125 1329×2141×1080 冷 却 ブ 質量(kg) 22 70 168 215 375 375 407ロ ワ ワット数(kw) 0.4 1.5 3.7 5.5 11 11 15 ダクトホース径(φ) 125 125 200 200 250 250 250 エコ仕様表 基本システム型名 EM2201 EM2301 EM2401 EM2501 EM2502 EM2601※6 振動数範囲(Hz) 0~3300 0~3000 0~2600 0~2500 0~2500 0~2600※4 正弦波(kN) 8 16 24 32 40 54 加最ランダム波(kN rms)※1 8 16 24 32 40 54 振 力 大ショック波(kN) 16 32 48 64 80 108 高速度ショック波(kN)※7 10 23 36 49 63 90 正弦波(m/s2) 1250 1250 1200 914 1142 1000 加最ランダム波(m/s2 rms) 875 875 840 640 800 700 速 度 大ショック波(m/s2 peak) 2500 2500 2400 1828 2284 2000 総 合 高速度ショック波(m/s2 peak)※7 1562 1796 1800 1400 1800 1666 仕 正弦波(m/s) 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 様速最 度大ショック波(m/s peak) 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 高速度ショック波(m/s peak)※7 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 変最 正弦波(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 i230/SA2M 位大 高速度ショック波(mmp-p)※7 51 51 51 51 51 51 (水平補助テーブル付) 機械的ストローク(mmp-p) 60 64 68 68 68 64 最大搭載質量(kg) 200 300 400 600 600 1000 所要電力(kVA)※2 16.4 26 36 51 57 83 ブレーカー容量(A)※3 60 100 125 200 200 300 型名 i220 i230 i240 i250 i250 i260 可動部質量(kg) 6.4 12.8 20 35 35 54 振 充実の試験可能範囲を誇るiシリーズ。 動 可動部寸法(φmm) 190 200 290 440 440 446発 許容偏心モーメント(N・m) 294 700 850 1550 1550 1550 生 機 寸法(mm)W×H×D 1020×903×550 1124×957×860 1234×997×890 1463×1187×1100 1463×1187×1100 1527×1198×1100 振動試験は多様化し試験装置に求められる仕様は厳しくなってきています。 振動発生機の直径(φmm) 550 630 720 860 860 920 質量(kg) 900 1500 2000 3000 3000 3500 iシリーズは試験可能範囲を一段と拡大し、使い勝手と耐久性を追及したラインナップを取り揃えております。 電 型名 SA1M-i20EM SA2M-i30EM SA3M-i40EM SA4M-i50EM SA5M-i50EM SA7M-i60EM 力 最大出力(kVA) 10 20 29 40 50 64 増 幅 寸法(mm)W×H×D 580×1750×850 580×1750×850 580×1750×850 580×1950×850 580×2100×850 1160×1950×850 器 質量(kg) 330 350 460 900 930 1400 【広い最大試験可能範囲(ラインナップ最大値)】 ◎最大加速度 1250m/s2 ◎最大速度 3.5m/s ◎最大変位 51mmp-p ◎最大搭載質量 1000kg 制御 振動制御器 K2他より選択器 【特許取得 上部支持機構PSガイド】 Parallel Slope Guideを標準採用 方式 強制空冷 寸法(mm)W×H×D※5 492×1128×625 708×1421×782 707×1531×917 1294×2123×838 1294×2123×838 1298×2244×798 【低騒音化】流体力学に基づき空気の取入れ口を最適設計することにより空気吸込み音を低減しました。 冷 却 ブ 質量(kg) 70 140 215 292 292 305ロ 【全機種恒温恒湿槽と直接ドッキングが可能(槽底直結)】 ワ ワット数(kw) 1.5 3.7 5.5 11 11 15 ダクトホース径(φ) 125 200 200 250 250 250 ※1 ランダム波加振力は、ISO5344規格に沿って規定しています。各システムの性能測定条件の詳細は、お問い合わせください。 ※2 所要電源・電圧 3φAC200/220/380/400/415V, 50/60 Hzを使用します。ご準備可能な電源をご指示ください。 ※3 200Vの場合です。 ※4 2000Hz以上は-12dB/Octの勾配で加振力が減衰します。 ※5 記載寸法は60Hzの場合です。50Hzの場合はサイズが異なります。詳細はお問い合わせください。 ※6 最大加振力50kN以上の装置を海外に輸出する 際は輸出許可証(E/L)が必要になります。 ※7 高速度ショックオプションの場合です。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に 計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ ランダム波での加振を行う場合には、発生するピーク加速度がショック波最大加速度以下となるように試験を計画してください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制 御器により異なります。 ※ 恒温恒湿槽複合時は可動部質量と加速度が異なる場合があります。 ※ CE対応のシステムに関して、質量・寸法等が変わることがあります。 13 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 14 Basic systems
Page9

Vibration Test Systems Basic Systems 供試品取付ネジ位置(単位:mm) J230 J240 J250 J260 J-series 振動台 φ200 振動台 φ290 振動台 φ440 振動台 φ446 13-M10 深40 17-M10 深40 25-M10 深40 25-M10 深40 基 (P.C.D.100, 160) (P.C.D.100, 160, 250) (P.C.D.100, 160, 250, 400) (P.C.D.100, 160, 250, 400) 本 Large Displacement Range 仕様表 シ基本システム型名 J230/SA3M J230S/SA7M J240/SA4M J240S/SA6HAM J250/SA5M J250/SA6M J260/SA7M※6 J260S/SA16HAM※6 ス 振動数範囲(Hz) 0~3000 0~3000 0~2400 0~2400 0~2200 0~2200 0~2600※4 0~2000 テ ム 大変位タイプ振動試験装置 正弦波(kN) 16 16 24 24 35 40 54 54加振 ランダム波(kN rms)※1 16 16 24 24 35 40 54 54 力 ショック波(kN) 40 40 55 70 70 80 108 196 正弦波(m/s2) 941 888 923 857 777 888 857 857 加最 速 ランダム波(m/s2 rms) 658 622 646 600 544 622 600 600 総 度 大 合 ショック波(m/s2 peak) 2352 2222 2115 2500 1555 1777 1714 2500 仕 速最正弦波(m/s) 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4様 度大ショック波(m/s peak) 2.4 3.5 2.4 3.6 2.4 2.4 2.4 4.6 変最 位大正弦波(mmp-p) 100 100 100 100 100 100 100 100 機械的ストローク(mmp-p) 120 120 120 120 120 120 116 116 最大搭載質量(kg) 300 300 400 400 600 600 1000 1000 所要電力(kVA)※2 28 38 38 52 53 57 86 127 ブレーカー容量(A)※3 100 150 150 200 200 200 300 500 型名 J230 J230S J240 J240S J250 J250 J260 J260S 可動部質量(kg) 17 18 26 28 45 45 63 63 振 動 可動部寸法(φmm) 200 200 290 290 440 440 446 446 発 許容偏心モーメント(N・m) 700 700 850 850 1550 1550 1550 1550 生 機 寸法(mm)W×H×D 1124×1079×850 1124×1079×850 1234×1145×890 1234×1145×890 1463×1301×1100 1463×1301×1100 1527×1319×1100 1657×1319×1100 振動発生機の直径(φmm) 630 630 720 720 860 860 920 920 質量(kg) 1800 1800 2400 2400 3500 3500 4100 5000 電 型名 SA3M-J30 SA7M-J30S SA4M-J40 SA6HAM-J40S SA5M-J50 SA6M-J50 SA7M-J60 SA16HAM-J60S 力 最大出力(kVA) 23 30 34 40 50 57 70 76 増 幅 寸法(mm)W×H×D 580×1750×850 580×1950×850 580×1750×850 1160×1950×850 580×1950×850 580×1950×850 580×1950×850 2320×1950×850 器 質量(kg) 330 500 440 1200 880 910 1000 3200 制 御 振動制御器 K2他より選択 器 方式 強制空冷 寸法(mm)W×H×D※5 606×1315×891 606×1315×891 707×1531×917 707×1531×917 1057×1841×1125 1057×1841×1125 1329×2141×1080 1329×2141×1080 冷 却 ブ 質量(kg) 168 168 215 215 375 375 407 407ロ ワ ワット数(kw) 3.7 3.7 5.5 5.5 11 11 15 15 ダクトホース径(φ) 200 200 200 200 250 250 250 250 エコ仕様表 基本システム型名 EM2305 EM2405 EM2505 EM2506 EM2605※6 振動数範囲(Hz) 0~3000 0~2400 0~2200 0~2200 0~2600※4 正弦波(kN) 16 24 35 40 54 加最ランダム波(kN rms)※1 16 24 35 40 54 振 力 大ショック波(kN) 40 55 70 80 108 高速度ショック波(kN)※7 30 48 68 77 96 正弦波(m/s2) 941 923 777 888 857 加最ランダム波(m/s2 rms) 658 646 544 622 600 速 度 大ショック波(m/s2 peak) 2352 2115 1555 1777 1714 総 合 高速度ショック波(m/s2 peak)※7 1764 1846 1511 1711 1523 仕 正弦波(m/s) 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 J240/SA4M 様 速最度大ショック波(m/s peak) 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 (水平補助テーブル付) 高速度ショック波(m/s peak)※7 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 変最正弦波(mmp-p) 100 100 100 100 100 位大 高速度ショック波(mmp-p)※7 100 100 100 100 100 機械的ストローク(mmp-p) 120 120 120 120 116 最大搭載質量(kg) 300 400 600 600 1000 所要電力(kVA)※2 28 38 53 57 86 ブレーカー容量(A)※3 100 150 200 200 300 型名 J230 J240 J250 J250 J260 可動部質量(kg) 17 26 45 45 63 振 動 可動部寸法(φmm) 200 290 440 440 446 大速度・大変位の試験にも対応するJシリーズ。 発 許容偏心モーメント(N・m) 700 850 1550 1550 1550生 機 寸法(mm)W×H×D 1124×1079×850 1234×1145×890 1463×1301×1100 1463×1301×1100 1527×1319×1100 振動発生機の直径(φmm) 630 720 860 860 920 厳しい衝撃波試験は大きな速度と変位が必要です。 質量(kg) 1800 2400 3500 3500 4100 電 型名 SA3M-J30EM SA4M-J40EM SA5M-J50EM SA6M-J50EM SA7M-J60EM Jシリーズはiシリーズ同様の使い勝手と耐久性に大速度・大変位に対応したハイグレードシステムです。 力 最大出力(kVA) 23 34 50 57 70 増 幅 寸法(mm)W×H×D 580×1750×850 580×1750×850 580×2100×850 580×2100×850 1160×1950×850 器 質量(kg) 380 490 930 960 1400 制 御 振動制御器 K2他より選択 器 【広い最大試験可能範囲(ラインナップ最大値)】 ◎正弦波最大速度 2.4m/s ◎ショック波最大速度 4.6m/s ◎最大変位 100mmp-p 方式 強制空冷 【特許取得 上部支持機構PSガイド】 Parallel Slope Guideを標準採用 寸法(mm)W×H×D※5 708×1421×782 707×1531×917 1294×2123×838 1294×2123×838 1298×2244×798 冷 【低騒音化】流体力学に基づき空気の取入れ口を最適設計することにより空気吸込み音を低減しました。 却 ブ 質量(kg) 140 215 292 292 305ロ ワ ワット数(kw) 3.7 5.5 11 11 15 【全機種恒温恒湿槽と直接ドッキングが可能(槽底直結)】 ダクトホース径(φ) 200 200 250 250 250 ※1 ランダム波加振力は、ISO5344規格に沿って規定しています。各システムの性能測定条件の詳細は、お問い合わせください。 ※2 所要電源・電圧 3φAC200/220/380/400/415V, 50/60Hzを使用します。ご準備可能な電源をご指示ください。 ※3 200Vの場合です。 ※4 2000Hz以上は-12dB/Octの勾配で加振力が減衰します。 ※5 記載寸法は60Hzの場合です。50Hzの場合はサイズが異なります。詳細はお問い合わせください。 ※6 最大加振力50kN以上の装置を海外に輸出する 際は輸出許可証(E/L)が必要になります。 ※7 高速度ショックオプションの場合です。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に 計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ ランダム波での加振を行う場合には、発生するピーク加速度がショック波最大加速度以下となるように試験を計画してください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制 御器により異なります。 ※ 恒温恒湿槽複合時は可動部質量と加速度が異なる場合があります。 ※ CE対応のシステムに関して、質量・寸法等が変わることがあります。 15 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 16 Basic systems
Page10

Vibration Test Systems Basic Systems C-series 標準76.2mmp-p変位 最大搭載質量 1,000kg CシリーズはAシリーズと同様、76.2mmp-p変位(3インチストローク)を採用 Cシリーズは従来機より最大搭載質量を増加させており、より重い供試品の 基本 Test Systems for Transportation しています。 振動試験が可能になります。 システ ム 輸送用振動試験装置 1,000 kg 300 kg = > = > Cシリーズ Aシリーズ CVシリーズ(従来機) 76.2mmp-p 変位 C10 A74 CVシリーズ(従来機)40~51mmp-p 変位 1,000kg 1,000kg 300kg 高剛性 Cシリーズは重心の高いあるいは重心が中心からずれている供試品の振動試験に対応できるよう配慮されています。 ※ 許容偏心モーメントについてはP76を参照ください。 > C10 A10 加振力:10kN 加振力:10kN 許容偏心モーメント:686N・m 許容偏心モーメント:294N・m 供試品取付ネジ位置(単位:mm) 仕様表 基本システム型名 C10/SA1AM 電 型名 SA1AM-C10 振動数範囲(Hz) 0~2000 力 最大出力(kVA) 6.2 C10/SA1AM 増正弦波(kN) 10 幅 寸法(mm)W×H×D 580×1950×850 最 大 加振力 ランダム波(kN rms) 7 器 質量(kg) 260 ショック波(kN) 20 制御 振動制御器 K2他より選択 器 正弦波(m/s2) 400 製 最 大 方式 強制空冷振動台φ300 2品 加速度 ランダム波(m/s rms) 280 寸法(mm)W×H×D※3 479×1075×667 17-φ11深20 M10 深25 仕 ショック波(m/s2 peak) 800 冷 様 ブ 質量(kg) 56(P.C.D.160, 250) 最 大 正弦波(m/s) 1.2 却 ロワ ワット数(kw) 2.2 大きな変位を有し、重量物の搭載に必要な輸送環境試験に対応 C10 速 度 ショック波(m/s peak) 2.0 ダクトホース径(φ) 200最大変位(mmp-p) 76.2 1000 ※1 所要電源・電圧 3ФAC200/220/380/400/415V, 50/60Hzを使最大搭載質量(kg) 用します。ご準備可能な電源をご指示ください。 輸送環境試験用に最適化したシステムです。 所要電力(kVA)※1 11.9 ※2 200Vの場合です。 ブレーカー容量(A)※2 50 ※3 記載寸法は60Hzの場合です。50Hzの場合はサイズが異なります。 詳細はお問い合わせください。 型名 C10 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連 振 可動部質量(kg) 25 続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70% 程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問 【重量物の搭載】 最大搭載質量が大きく変更になり、より重量の重い供試品の振動試験が可能となります。 動 可動部寸法(φmm) 300発 い合わせください。 許容偏心モーメント(N・m) 686 ※ 恒温恒湿槽複合時は可動部質量と加速度が異なる場合があります。 【大きな最大変位】 低い振動数で大きな変位を要求される輸送振動試験に最適です。 生機 寸法(mm)W×H×D 1100×1142×840 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 質量(kg) 2000 17 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 18 Basic systems
Page11

Vibration Test Systems Basic Systems 供試品取付ネジ位置(単位:mm) K-series 振動台 φ320 振動台 φ400 振動台 φ446 振動台 φ560 振動台 φ650 振動台 φ760 基 本 High Excitation Force Water Cooled Range 17-M10 深40 21-M16 深40 25-φ11深20 M10 深25 25-φ17深20 M16 深30 25-φ17深20 M16 深30 33-φ17 深20 M16 深30 シ(P.C.D.160, 250) (P.C.D.100, 200, 315) (P.C.D.100, 160, 250, 400) (P.C.D.250, 400, 500) (P.C.D.203.2, 406.4, 558.8) (P.C.D. 203.2, 406.4, 558.8, 711.2) スK030 K060 K080 K125/K125LS K200 K350 テム 水冷式大型振動試験装置 仕様表 基本システム型名 K030/SA4AM K062/SA8AM※6 K080/SA10HAM※6 K100/SA14HAM※6 K125/SA18HAM※6 K100LS/SA16HAM※6 K125LS/SA20HAM※6 K160/SA20HAM※6 K200/SA24HAM※6 K350/SA36HAM※6 振動数範囲(Hz) 0~3000 0~2500 0~2500 0~2500 0~2500 0~2000 0~2000 0~2000 0~2000 0~2000 最正弦波(kN) 30.8 61.7 80 100 125 100 125 160 200 350 大 加ランダム波(kN rms)※1 21.5 61.7 80 100 125 100 125 160 200 315 振 力ショック波(kN) 61.6 123.4 160 200 250 200 250 320 400 700 最正弦波(m/s2) 1000 1000 1000 1000 1000 1000 1000 800 1000 1000 大 加ランダム波(m/s2 rms) 557 700 700 700 700 700 700 560 700 700 総速 合度ショック波(m/s2 peak) 2000 2000 2000 2000 2000 2000 2000 1600 2000 2000 仕最 大正弦波(m/s)※3 1.8 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0様速 度ショック波(m/s peak) 1.8 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.4 2.4 3.5 変最 位大正弦波(mmp-p) 51 51 51 51 51 100 100 76.2 76.2 76.2 機械的ストローク(mmp-p) 58 60 59 62 62 132 132 86 86 94 最大搭載質量(kg) 500 1000 1000 2000 2000 2000 2000 2000 2000 3000 所要電力(kVA)※2 49 87 100 150 170 170 190 270 300 325 ブレーカー容量(A)※4 175 350 350 600 600 600 700 - - - 型名 K030 K060 K080 K125 K125 K125LS K125LS K200 K200 K350 可動部質量(kg) 27 40 60 80 80 100 100 200 200 350 振 動可動部寸法(φmm) 320 400 446 560 560 560 560 650 650 760 発許容偏心モーメント(N・m) 980 980 1550 2450 2450 2450 2450 4900 4900 4900 生 機寸法(mm)W×H×D 1100×1090×824 1380×1085×1000 1595×1200×1050 1776×1373×1300 1776×1373×1300 1990×1546×1370 1990×1546×1370 2465×1908×1740 2465×1908×1740 3020x2306x2080 振動発生機の直径(φmm) 760 900 1000 1100 1100 1100 1100 1260 1260 1630 質量(kg) 3000 3700 5000 7000 7000 8000 8000 16000 16000 37000 電 型名 SA4AM-K30 SA8AM-K60 SA10HAM-K80 SA14HAM-K125 SA18HAM-K125 SA16HAM-K125LS SA20HAM-K125LS SA20HAM-K200 SA24HAM-K200 SA36HAM-K350 力最大出力(kVA) 33 60 100 98 124 124 155 256 320 400 増 幅寸法(mm)W×H×D 580×1950×850 1160×1950×850 1160×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 2900×1950×850 2900×1950×850 3480x1950x850 器質量(kg) 950 1350 1500 2500 2600 2600 3300 4850 5000 6200 制 御 器振動制御器 K2他より選択 方式 振動発生機:水冷 / 電力増幅器:強制空冷 冷供給冷却水(ℓ/min) 195 260 390 390 390 390 390 650※5 650※5 590※5 却熱 交寸法(mm)W×H×D 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 1050×1900×800 1050×1900×800 1200x1950x1400 換 器質量(kg) 400 400 400 400 400 400 400 600 600 950 エコ仕様表 K350 基本システム型名 EMK0301A EMK0622A ※6 EMK0801A※6 EMK1251A※6 EMK1252A※6 EMK1255A※6 EMK1256A※6 EMK2001A※6 EMK2002A※6 振動数範囲(Hz) 0~3000 0~2500 0~2500 0~2500 0~2500 0~2000 0~2000 0~2000 0~2000 (水平補助テーブル付) 最正弦波(kN) 30.8 61.7 80 100 125 100 125 160 200 大 加ランダム波(kN rms)※1 21.5 61.7 80 100 125 100 125 160 200 振 力ショック波(kN) 61.6 123.4 160 200 250 200 250 320 400 最正弦波(m/s2) 1000 1000 1000 1000 1000 1000 1000 800 1000 大 加ランダム波(m/s2 rms) 557 700 700 700 700 700 700 560 700 総速 合度ショック波(m/s2 peak) 2000 2000 2000 2000 2000 2000 2000 1600 2000 仕最 大正弦波(m/s)※3 1.8 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0様速 度ショック波(m/s peak) 1.8 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.4 2.4 変最 位大正弦波(mmp-p) 51 51 51 51 51 100 100 76.2 76.2 機械的ストローク(mmp-p) 58 60 59 62 62 132 132 86 86 最大搭載質量(kg) 500 1000 1000 2000 2000 2000 2000 2000 2000 所要電力(kVA)※2 49 87 100 150 170 170 190 270 300 ブレーカー容量(A)※4 175 350 350 600 600 600 700 - - 型名 K030 K060 K080 K125 K125 K125LS K125LS K200 K200 可動部質量(kg) 27 40 60 80 80 100 100 200 200 振 動可動部寸法(φmm) 320 400 446 560 560 560 560 650 650 大型・静音で試験環境も向上。 発許容偏心モーメント(N・m) 980 980 1550 2450 2450 2450 2450 4900 4900生機寸法(mm)W×H×D 1100×1090×824 1380×1085×1000 1595×1200×1050 1776×1373×1300 1776×1373×1300 1990×1546×1370 1990×1546×1370 2465×1908×1740 2465×1908×1740 振動発生機の直径(φmm) 760 900 1000 1100 1100 1100 1100 1260 1260 大型の振動試験装置でIMVが取り組んできた振動発生機の水冷システムです。 質量(kg) 3000 3700 5000 7000 7000 8000 8000 16000 16000 電 型名 EM4AM-K30 EM8AM-K60 EM10HAM-K80 EM14HAM-K125 EM18HAM-K125 EM16HAM-K125LS EM20HAM-K125LS EM20HAM-K200 EM24HAM-K200 空冷式と比べ、試験中の音が遥かに静かですので試験環境の向上に繋がります。 力最大出力(kVA) 33 60 100 98 124 124 155 256 320 増 幅寸法(mm)W×H×D 580×1950×850 1160×1950×850 1160×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 1740×1950×850 2900×1950×850 2900×1950×850 器質量(kg) 1300 1350 1500 2500 2600 2650 3350 4850 5000 制 御 器振動制御器 K2他より選択 【静音設計】 空冷システムにある吸気・排気の騒音が発生しません。 方式 振動発生機:水冷 / 電力増幅器:強制空冷 【数多くの納入実績数】 他の国内メーカーに先駆け取り組んできた水冷システムです。 冷供給冷却水(ℓ/min) 195 260 390 390 390 390 390 650※5 650※5 却熱 交寸法(mm)W×H×D 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 580×1700×850 1050×1900×800 1050×1900×800 換 器質量(kg) 400 400 400 400 400 400 400 600 600 ※1 ランダム波加振力は、ISO5344規格に沿って規定しています。各システムの性能測定条件の詳細は、お問い合わせください。 ※2 所要電源・電圧 3ФAC200/220/380/400/415V(K200及びK350はAC380/400/415V), 50/60Hz を使用します。ご準備可能な電源をご指示ください。 ※3 掃引試験やスポット試験等で高速度を長時間維持する必要が有る場合には、1.4m/sを上限としてください。 ※4 200Vの場合です。記載のない場合はお問合せください。 ※5 バイパス 回路が必要です。詳細はお問い合わせください。 ※6 最大加振力50kN以上の装置を海外に輸出する際は輸出許可証(E/L)が必要になります。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する 数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ ランダム波での加振を行う場合には、発生するピーク加速度がショック波最大加速度以下となるように 試験を計画してください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 ※ 恒温恒湿槽複合時は可動部質量と加速度が異なる場合があります。 ※ CE対応のシステムに関して、質量・寸法等が変わることがあります。 19 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 20 Basic systems
Page12

Vibration Test Systems Basic Systems m-series 供試品取付ネジ位置(単位:mm) 基 本 Low Acoustic Noise and Compact Range システ ム 低騒音小型振動試験装置 振動台 φ114 振動台 φ114 振動台 φ174 振動台 φ65 9-M6 深10 9-M6 深10 17-M6 深10 5-M6 深15 (P.C.D.100) (P.C.D.100) (P.C.D.100, 160) (P.C.D.50) m030 m060 m120 m030H 付属品 オプション 取っ手(1組) 垂直補助テーブル 水平補助テーブル 1人あるいは2人で安全に移動 型名 寸法(mm) 質量(kg) 上限周波数(Hz) m030 m060 m120 質量(kg)型名 寸法(mm) 上限周波数(Hz) させる取っ手です。取りはずしが TBV-125-□-A 125×125×t20 0.9 2000 ○ ○ m030 m060 m120 TBV-200-□-A 200×200×t20 2.5 1500 ○※ ○ ○ TBH-200 200×200 500 4 4 5.5可能。 TBV-315-□-A 315×315×t30 8.5 1000 ○※ ○ TBH-315 315×315 500 7.5 7.5 9 ※m030、m060のみ ※TBV-400-□-A 400×400×t35 14.4 600 ○※ TBH-400 400×400 200 ー 12.3 14 形名の末尾"-A"は材質がアルミニウム合金であることを表します。 "□"には振動発生機固有の識別記号が入ります。 ※印の小型振動発生機と垂直補助テーブルの組合せはリニアベアリング式の横荷重補強ガイド機構 エアポンプ  (GDP)が付加されます。なおその場合、横荷重補強ガイド追加により可動部質量が増加します。 供試品の搭載により振動台位 置がずれた際、空気を入れる事 横荷重補強ガイド機構 で中心位置に調整します。 (GDP) m030/MA1 静音タイプで異音検査に最適。 垂直補助テーブル 水平補助テーブル 小型・静音タイプでありながら本格的な試験にも対応可能な実力機。 防音BOX 恒温恒湿槽 【冷却ファン内蔵で静音設計】 冷却用のDCファンを内蔵。冷却ファンを停止した自然空冷に対応することも可能です。(但し能力制限有り) 仕様表 カバーを外した状態 基本システム型名 m030/MA1-CE m060/MA1-CE m120/MA1-CE m030H/MA1 振動数範囲(Hz) 0~3000 0~3000 0~2000 1000~10000 正弦波(N) 300 600 1200 380 加 振 ランダム波(N rms) 210 420 840 266 力 ショック波(N) 300 600 1200 380 総 無負荷(m/s2) 500 500 500 200 合 加最 2 仕 速度  0.5kg負荷(m/s ) 272 352 413 158大 様 1.0kg負荷(m/s2) 187 272 352 131 防音BOXに入れたまま試験できるので、さらなる低騒音で試験可能です。 急激な温度変化にさらされる部品の機能試験・耐久試験が可能です。 最大速度(m/s) 1.6 1.6 1.6 ー ※1 最大変位(mmp-p) 26 30 30 ー ※1 加振ロッド 非常停止スイッチ 移動機構付き小型振動試験装置 最大搭載質量(kg) 15 15 120 15 所要電力(kVA)※2 0.4 0.7 1.1 0.5 型名 m030-CE m060-CE m120-CE m030H テーブル支持方式 空気圧 空気圧 空気圧 ゴムバネ 振 動 可動部質量(kg) 0.6 1.2 2.4 1.9 発 生 可動部寸法(φmm) 114 114 174 65 機 寸法(mm) φ190×H240 φ230×H281 φ320×H327※3 φ190×H275 質量(kg) 22 40 110 30 型名 MA1-CE MA1-CE MA1-CE MA1-CE 電 最大出力(kVA) 1.0 1.0 1.0 1.0 力 増 寸法(mm)W×H×D 430×149×430 430×149×430 430×149×430 430×149×430 幅 器 質量(kg) 25 25 25 25 冷却方式 強制空冷 冷 却 DCファン 振動発生機に内蔵 ボディ ドライブシャフト 異常発生時、装置を緊急停止 移動機構付きなので持ち運びの煩わしさがなく、 ※1 下限周波数1000Hzと最大加速度200m/s2によって制約される値になります。(微小値であり、保証値はありません。) ※2 所要電源・電圧1φ:AC100V/200V±10%、50/60H(z 左記以外の電源・電圧の場合はお問い合わせください。) ※3 防振ベース(W410xH45xD410mm)は標準装備です。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。 車体等へ振動を印加することで、モーダル解析の実施が可能です。 させることが可能です。 空いているスペースで試験が可能です。 それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 ※ CE対応のシステムに関して、質量・寸法等が変わることがあります。 21 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 22 Basic systems
Page13

Vibration Test Systems Basic Systems VSH/PET 基 本 Wide-Frequency Range/Miniature シス供試品取付ネジ位置(単位:mm) テ ム ワイドバンド加振システム/小型振動試験装置 M6 深9 M6 深9 卓上でのシミュレーションに最適。 10 24 様 な々卓上での試験にお使いいただけます。 PET-OA PET-01 PET-05 PET-01 PET-05 【手軽】 持ち運びが容易です。 【振動制御器対応】 振動制御器を接続すると任意の振動試験が実施可能となります。 オプション PET用アダプタ 供試品取付ネジ位置(単位:mm) 振動台 φ96 7-M6 深10 (P.C.D.80) VEH-100, VEH-100R PETシリーズにアダプタを取り付けることでモーメント力をUPさせることができモーダル解析時の振動源として使用可能です。 また、複数台組み合わせることで複雑な形状をした製品に振動を印加することが可能です。 VEH-100 仕様表 基本システム型名 PET-01-OA PET-05-05A 振動数範囲(Hz) 2~12000 2~14000 仕様表 加 正弦波(N) 9.8 49 振 ランダム波(N rms) ― ― 力 基本システム型名 VSH-100-M2 VSH-100R-M2 総 ショック波(N) ― ―合 最大加速度(m/s2)※1 326 326 振動数範囲(Hz) 0~8000 0~10000 仕 正弦波(N) 980 980 様 最大速度(m/s) ― ― 加 最大変位(mmp-p) 5 5 振 ランダム波(N rms) 392 392 力 最大搭載質量(kg) テーブル支持バネ定数による総 ショック波(N) 980 980 合 所要電力(kVA) ※2 0.08 0.1 最大加速度(m/s2)※1 980 980 仕 型名 PET-01 PET-05 様 最大速度(m/s) 0.8 0.8 振 テーブル支持方式 ダイヤフラムバネ ダイヤフラムバネ最大変位(mmp-p) 10 10 テーブル支持バネ定数(kN/m) 9.8 15.6 最大搭載質量(kg) 30 テーブル支持バネ定数による 動発 可動部質量(kg) 0.03 0.15 所要電力(kVA)※2 4.0 4.0 生 可動部寸法(φmm) 12 30 型名 VEH-100 VEH-100R 機 寸法(mm)W×H×D 75×72×75 116×115×116 テーブル支持方式 ローラー/エアサスペンション フレキシャ/ローラー 振 質量(kg) 1.3 5.0 動 テーブル支持バネ定数(kN/m) ― 49 可動部質量(kg) 1.0 1.0 電発 型名 PET-OA PET-05A 発 力信 最大出力(kVA) 0.03 0.045 生 可動部寸法(φmm) 96 96 増器 機 幅・ 寸法(mm)W×H×D 300×140×280 300×140×280寸法(mm) φ390×H306 φ390×H306 器 質量(kg) 9 9 質量(kg) 120 120 冷 電発 型名 VAH-M2 VAH-M2 却 方式 自然空冷 力信 最大出力(kVA) 1.5 1.5 振 システム総合型名 PET-01-OAM PET-05-05AM増器 ・ 寸法(mm)W×H×D 580×1750×850 580×1750×850 動幅 電力増幅器寸法(mm)W×H×D 300×140×280 300×140×280計 器 質量(kg) 230 230 測 電力増幅器質量(kg) 9.3 9.3 方式 強制空冷 ユニ 振動数範囲(Hz) 5~5000(加速度ピックアップVP-32使用時) 冷 却 ブ 寸法(mm)W×H×D 247×252×284 247×252×284 ッ ト 加速度測定範囲(m/s2) 10、100、1000 ロ ワ 質量(kg) 10.5 10.5 付 入力ピックアップ感度(m/s2) 1.0~9.99 ※1 無負荷時の仕様です。加速度ピックアップ及び取付アダプタを使用する場合、最大加速度が制限されます。 ※1 無負荷時の仕様です。加速度ピックアップ及び取付アダプタを使用する場合、最大加速度が制限されます。 ※2 所要電源・電圧は3φ AC200V±10%, 50/60H(z 左記以外の電源・電圧の場合はお問い合わせください。) ※2 所要電源:AC100V±10%, 50/60H(z 左記以外の電源・電圧の場合はお問い合わせください。) ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値ではありません。耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 ※ 振動数範囲は使用するセンサーと振動制御器により異なります。 23 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 24 Basic systems 30 12
Page14

Vibration Test Systems Basic Systems 天板式垂直補助テーブル 900 700 500 300 Optional Units 型名 寸法 質量 上限振動数 供試品 ネジ350 550 750 950 (mm) (kg) (Hz) 取付ネジ パターン 基本 TBV-350-□-A-L TBV-550-□-A-L TBV-750-□-A-L TBV-950-□-A-L TBV-350-□-A-L 350×350×t 33 6 750 M10 深25 □100mmピッチ シ 垂直補助テーブルの方式と特長・立方体治具 TBV-350-□-A-H TBV-550-□-A-H TBV-750-□-A-H TBV-950-□-A-H TBV-350-□-A-H 350×350×t 65 11 1500 M10 深25 □100mmピッチ ステ 1400 TBV-550-□-A-L 550×550×t 30 17 300 M10 深25 □100mmピッチ ム TBV-550-□-A-H 550×550×t 60 30 600 M10 深25 □100mmピッチ 1000 TBV-750-□-A-L 750×750×t 38 30 200 M10 深25 □100mmピッチ TBV-750-□-A-H 750×750×t 75 55 400 M10 深25 □100mmピッチ TBV-950-□-A-L 950×950×t 45 45 150 M10 深25 □100mmピッチ 垂直補助テーブル TBV-950-□-A-H 950×950×t 90 80 300 M10 深25 □100mmピッチTBV-1150-□-A-L 1150×1150×t 60 90 120 M10 深25 □200mmピッチ TBV-1150-□-A-H 1150×1150×t 120 160 240 M10 深25 □200mmピッチ 振動発生機の振動台より大きな供試品を加振する場合、垂直補助テーブルを取り付けそれに直接あるいは治具を介して供試品を取り付け加振します。 TBV-1450-□-A-L 1450×1450×t 80 135 100 M10 深25 □200mmピッチ TBV-1450-□-A-H 1450×1450×t 160 240 200 M10 深25 □200mmピッチ 寸法が大きくなるほど使用可能な振動数は小さくなります。供試品の寸法と上限振動数を参考に選定をしてください。 1150 1450 振動発生機によって使用可能な垂直補助テーブルが異なりますので、下の表を参考にしてください。 TBV-1150-□-A-L TBV-1450-□-A-L 型名の末尾"-A"は材質がアルミニウム合金であることを表します。 TBV-1150-□-A-H TBV-1450-□-A-H "□"には振動発生機固有の識別記号が入ります。 ※左図以外のネジパターンはお問い合わせください。 315 315 400 400 500 500 1000 1000 1500 1500 垂直補助テーブルオプション TBV-315 TBV-400 TBV-500 1200 1200 横荷重補強ガイド機構、補助空気バネ 高振動数試験用 630 630 800 800 TBV-1000 垂直補助テーブルに下記のオプション 横荷重補強ガイド機構 補助空気バネ 軽量かつ高い共振振動数を持つ2重コーンの を追加する事で、様々な形状の供試品 コニカルピラミッド型の垂直補助テーブルです。 を搭載できる場合があります。 TBV-1500 TBV-630 TBV-800 TBV-1200 ● 横荷重補強ガイド機構追加 許容偏心モーメントを大きくし、重心 型名 寸法 質量 上限振動数 Aシリーズ iシリーズ が高い供試品や中心位置がずれた (mm) (kg) (Hz) A12 A22 A30 A45 A65 A74 i210 i220 i230 i240 i250 i260 供試品などを搭載できます。 TBV-125-□-A 125×125 0.9 ー ー ー ー ー ー 〇 ー ー ー ー ー2000 TBV-125-□-M t 20 0.6 ●ー ー ー ー ー ー 〇 ー ー ー ー ー 補助空気バネ追加 TBV-315-□-A 315×315 8.5 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 〇 ー ー 最大搭載質量を大きくし、重い供試1000 TBV-315-□-M t 30 5.8 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 〇 ー ー 品や治具などを搭載できます。 TBV-400-□-A 400×400 13 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 〇 ー ー ※一部対応できない機種もあります。600 TBV-400-□-M t 30 9 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 〇 ー ー 振動発生機 TBV-500-□-A 500×500 15 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇500 TBV-500-□-M t 40 10.4 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TBV-630-□-A 630×630 19 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 t 45 360TBV-630-□-M 12.5 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 立方体治具 TBV-800-□-A 800×800 45 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー 〇 〇 〇 〇 〇 TBV-800-□-M t 70 350 30 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー 〇 〇 〇 〇 〇 TBV-1000-□-A 1000×1000 110 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー 〇 〇 〇 〇 供試品の加振方向が一方向だけでなく、X、Y、Zと変更する必要がある場合、立方体治具を使います。350 TBV-1000-□-M t 110 78 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー 〇 〇 〇 〇 IMVの立方体治具にはA、Bの2タイプがあり、Aタイプはそのまま側面に試料を取り付け、Bタイプは試料取付板を介して供試品を取り付けて使用します。 TBV-1200-□-A 1200×1200 180 ー 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 t 125 200TBV-1200-□-M 120 ー 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー ー 〇 〇 〇 Y Z 試料取付板 TBV-1500-□-A 1500×1500 300 ー ー ー 〇 〇 〇 ー ー ー ー 〇 〇 Aタイプ Z Bタイプ200 X Z TBV-1500-□-M t 200 200 ー ー ー 〇 〇 〇 ー ー ー ー 〇 〇 Y Jシリーズ Cシリーズ Kシリーズ X 型名 寸法 質量 上限振動数 Y X Z (mm) (kg) (Hz) J230 J240 J250 J260 C10 K030 K060 K080 K125 K125LS K200 K350 X Y 試料取付板 TBV-125-□-A 125×125 0.9 ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー Y X2000 TBV-125-□-M t 20 0.6 ー Xー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー TBV-315-□-A 315×315 8.5 〇 〇 ー ー 〇 ー ー ー ー ー ー ー Z1000 立方体治具 TBV-315-□-M t 30 5.8 〇 〇 ー ー 〇 ー ー ー ー ー ー ー Y 立方体治具 TBV-400-□-A 400×400 13 〇 〇 ー ー 〇 〇 ー ー ー ー ー ー Z600 VIBRATION VIBRATION TBV-400-□-M t 30 9 〇 〇 ー ー 〇 〇 ー ー ー ー ー ー TBV-500-□-A 500×500 15 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー ー ー500 TBV-500-□-M t 40 10.4 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー ー ー 立方体治具(Aタイプ) 立方体治具(Bタイプ) 試料取付板 TBV-630-□-A 630×630 19 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー 型名 寸法(mm) 質量(kg) 上限振動数(Hz) 型名 寸法(mm) 質量(kg) 上限振動数(Hz) 型名 質量(kg) t 45 360TBV-630-□-M 12.5 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ー ー TCJ-A150-□-A 5.5 TCJ-B150-□-A 3.5 TCJ-B150-P-A 1.5150×150×150 2000 150×150×150 2000 TBV-800-□-A 800×800 45 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A150-□-M 4 TCJ-B150-□-M 2.5 TCJ-B150-P-M 1.1350 TBV-800-□-M t 70 30 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A160-□-A 6.5 TCJ-B160-□-A 4 TCJ-B160-P-A 1.7160×160×160 2000 160×160×160 2000 TBV-1000-□-A 1000×1000 110 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A160-□-M 4.6 TCJ-B160-□-M 2.8 TCJ-B160-P-M 1.3350 TBV-1000-□-M t 110 78 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A200-□-A 8 TCJ-B200-□-A 10 TCJ-B200-P-A 3.5200×200×200 1000 200×200×200 2000 TBV-1200-□-A 1200×1200 180 ー 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A200-□-M 5.6 TCJ-B200-□-M 7 TCJ-B200-P-M 2.5 t 125 200TBV-1200-□-M 120 ー 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A250-□-A 13.5 TCJ-B250-□-A 20 TCJ-B250-P-A 4.5250×250×250 650 250×250×250 1000 TBV-1500-□-A 1500×1500 300 ー ー 〇 〇 ー 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A250-□-M 9.5 TCJ-B250-□-M 14 TCJ-B250-P-M 3.2200 TBV-1500-□-M t 200 200 ー ー 〇 〇 ー 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TCJ-A300-□-A 20 TCJ-B300-□-A 20 TCJ-B300-P-A 6.5300×300×300 400 300×300×300 600 TCJ-A300-□-M 14 TCJ-B300-□-M 14 TCJ-B300-P-M 4.5 型名の末尾"-A"は材質がアルミニウム合金、"-M"はマグネシウム合金であることを表します。 "□"には振動発生機固有の識別記号が入ります。 ※上記は標準仕様です。特注仕様についても承りますので、お問い合わせください。 型名の末尾"-A"は材質がアルミニウム合金、"-M"はマグネシウム合金であることを表します。 "□"には振動発生機固有の識別記号が入ります。 25 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 26 300 1000 100 350 500 200 1150 550 100 1400 700 750 100 900 200 1450 100 950 Basic systems
Page15

Vibration Test Systems Basic Systems Optional Units 基 本 シ 水平補助テーブルの方式と特長 ス テ ム 水平補助テーブル ST:スリップテーブル方式 油圧軸受でテーブルを支持します。供試品を取り付けるスリップテーブルの裏面に常時油膜を作り、わずかな抵抗でスリップテーブルを滑らせるため、摩擦・摺動抵抗 大きいまたは重い供試品を水平方向に加振を行う場合、水平補助テーブルが必要になります。 が小さい水平補助テーブルです。構造が簡単で油圧源が不要です。可動部質量が比較的軽くできるので、数多くの実績がある、最も汎用的な水平補助テーブルです。 水平補助テーブルは摩擦がほとんどなく、波形精度がよく、さらに大荷重に耐えることができるように設計されています。 型名 TBH-500 TBH-630 TBH-800 TBH-1000 テーブル有効寸法(mm) 500x500 630x630 800x800 1000x1000 許容偏心モーメント(N・m) 200 400 800 1300 最大搭載質量(kg) 200 300 400 500 可動部質量※振動発生機 上限振動数 テーブルの 可動部質量 ※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) i210 ー ー ー ー ー ー i220 i230 33 2500 30 45 30 65 30 100 30 i240 i250 2000 2000 i260 53 40 70 40 98 40 143 1250 40 K030 33 2000 30 45 30 65 30 100 30 K060 60 50 K080 ー ー ー 80 50 115 50 170 50 水平補助テーブルの方式と特長 ※質量はアルミ製テーブルの数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 MS : 機械式ベアリング方式及び油膜方式併用構造 TT-L : 静圧油圧軸受方式(低圧タイプ)/ TT-H : 静圧油圧軸受方式(高圧タイプ) 高い剛性の機械式ベアリングと、ダンピング特性の向上を目的とした油膜方式の併用構造を採用しています。 剛性の高いベースの上に、複数個の静圧油圧軸受けを配置して、スリップテーブルを支えた水平補助テーブルです。 型名 TBH-550 TBH-750 TBH-950 TBH-1150 専用設計の静圧油圧軸受けを使用する事で、高い耐荷重・耐モーメント性能を有します。 テーブル有効寸法(mm) 550x650 750x850 950x1050 1150x1250 許容偏心モーメント(N・m) 1100 2200 2200 4600 TT-L : 静圧油圧軸受方式(低圧タイプ) 最大搭載質量(kg) 700 1000 1500 2000 型名 TBH-500-A-TT TBH-630-A-TT TBH-800-A-TT TBH-1000-A-TT TBH-1200-A-TT TBH-1500-A-TT TBH-1800-A-TT TBH-2000-A-TT ※ ※ ※ ※ 振動発生機 可動部質量 上限振動数 テーブルの 可動部質量 上限振動数 テーブルの 可動部質量 上限振動数 テーブルの 可動部質量 上限振動数 テーブルの(kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) テーブル有効寸法(mm) 500x500 630x630 800x800 1000x1000 1200x1200 1500x1500 1800x1800 2000x2000 許容偏心モーメント(N・m) 1100 1100 2200 2200 4600 6500 10000 10000 A12 55 93 138 - - - 最大搭載質量(kg) 700 1000 1000 1500 2000 2000 2500 2500 A22 58 2000 40 95 2000 40 140 1250 40 200 800 40 振動発生機 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm) 型名 TBH-550 TBH-750 TBH-950 TBH-1150 i210 40 53 75 105 テーブル有効寸法(mm) 550x700 750x900 950x1100 1150x1300 i220 43 108 許容偏心モーメント(N・m) 1100 2200 2200 4600 i230 45 30 55 2000 30 78 1600 30 110 30 最大搭載質量(kg) 700 1000 1500 2000 i240 50 2000 63 83 113 ※ 振動発生機 可動部質量 上限振動数 テーブルの 可動部質量 ※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) i250 70 i260 40 83 40 113 40 150 1000 40 280 900 50 450 800 50 650 600 50 800 500 5068 C10 A30 60 100 145 208 J230 J240 50 30 63 1600 30 85 30 118 30 A45 2000 40 2000 40 1250 40 800 40 68 108 153 213 J250 1600 1250 A65 J260 70 40 85 40 115 40 155 40 ※質量はアルミ製テーブルの数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 ※質量はアルミ製テーブルの数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 ※上記以外の装置は別途お問い合わせください。 MB:機械式ベアリング方式 TT-H : 静圧油圧軸受方式(高圧タイプ) 機械式ベアリングは、リニアガイドウェイを採用しており、機械要素部品の一つとして、機械を真っ直ぐ動かすときの案内部分に使われています。 型名 HB-500-A-TT HB-630-A-TT HB-800-A-TT HB-1000-A-TT HB-1200-A-TT HB-1500-A-TT HB-1800-A-TT HB-2000-A-TT 高い強度を持ち、重量物を大変位で動かすことができます。また軽量で油圧ユニットが不必要なことから、作業性が良い構造になります。 テーブル有効寸法(mm) 500x500 630x630 800x800 1000x1000 1200x1200 1500x1500 1800x1800 2000x2000 許容偏心モーメント(N・m) 4000 4000 7700 7700 16000 22000 48000 48000 型名 TBH-550 TBH-750 TBH-950 TBH-1150 最大搭載質量(kg) 800 1200 1600 2000 2000 2000 3000 3000 テーブル有効寸法(mm) 550x650 750x850 950x1050 1150x1250 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 可動部 上限振動 テーブルの 許容偏心モーメント(N・m) 1100 2200 2200 4600 振動発生機 質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm)質量※(kg) 数(Hz) 厚み(mm) 最大搭載質量(kg) 700 1000 1500 2000 i210 60 70 115 165 ※ 振動発生機 可動部質量 上限振動数 テーブルの 可動部質量 ※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの i220 63 118 168 (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) i230 65 83 A12 55 2000 2000 120 2000 170 1250 A22 58 2000 40 93 95 2000 40 138 1250 40 - - - i240 68 88 123 173140 200 800 40 i250 i260 78 95 133 180 型名 TBH-550 TBH-750 TBH-950 TBH-1150 J230 68 50 88 50 125 175テーブル有効寸法(mm) 550x700 750x900 950x1100 1150x1300 J240 70 501600 90 1600 130 1250 178 50 280 900 50 450 800 50 650 600 50 800 500 50 許容偏心モーメント(N・m) 1100 2200 2200 4600 J250 1000 最大搭載質量(kg) 700 1000 1500 2000 J260 83 100 143 188 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ 上限振動数 テーブルの 可動部質量※ ※振動発生機 上限振動数 テーブルの 可動部質量 上限振動数 テーブルの K030 68 88 123 173(kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) (kg) (Hz) 厚み(mm) K060 93 108 145 193 C10 K080 78 2000 95 2000 133 2000 1250 A30 60 100 145 208 180 K125 103 118 155 205 A45 2000 40 2000 40 1250 40 800 40 A65 68 108 153 213 K125LS 113 1600 128 1600 170 1250 220 1000 ※質量はアルミ製テーブルの数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 ※質量はアルミ製テーブルの数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 ※上記以外の装置は別途お問い合わせください。 ※1150x1300以上のテーブルサイズについてはお問い合わせください。 27 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 28 Basic systems
Page16

Vibration Test Systems Basic Systems Optional Units 基 本 シ 水平補助テーブルの方式と特長 ス テ ム 振動発生機本体 ジョイント TH : 静圧油圧軸受構造 高剛性タイプ( Aシリーズ専用) T-Filmベアリング方式 Aシリーズ専用の水平補助テーブルは、新開発の静圧油圧軸受と新規構造 米国TEAM社のT-Filmベアリング方式の水平テーブルは、水平振動板の下に米国特許テーブル によって以下の特長を実現しています。 を有する「T-Film Bearing エレメント」と「Oil Film エレメント」を格子状に隙間なく並べて、 静圧油圧軸受でテーブルを高い剛性で支持するとともに、水平振動板の下面全体に油 特長 膜を形成する方式を採用した新世代の水平テーブルです。クロストーク性と波形歪のない油膜 振動性能は、宇宙・航空分野での振動試験において絶大なる評価をいただいており、高 ● 高い耐モーメント性能 品質な振動試験のためのスタンダード品として位置づけられるまでになっています。 ● 低クロストーク性能 ● 低ひずみ率 製品ムービー ● 外部油圧源不要 webにて公開中 ● 良好な作業性 ● 装置設置面積の省スペース化 オイルタンク 自在ダクト 耐モーメント試験 新設計の自在ダクトを標準装備。垂直・水平切り換え時のダクトホース繋ぎ ※下記荷重状態でもテーブルは滑らかに動きます。 換えが不要です。加振機背面の設置スペースも最小になっています。 テストウエイト(1500kg) 振動発生機本体 自在ダクト 水平補助テーブルオプション 回転補助用減速機 電動回転機構 振動発生機を回転させる際に、ハンドルを回し回転させることができます。 振動発生機を電動で回転させることができます。 A03、i210にはこのオプション設定はありません。 減速機装備のシステムに追加できます。 テーブル 型名 TBH-550TH TBH-750TH TBH-950TH TBH-1150TH TBH-1450TH テーブルサイズ(mm) 550x550 750x750 950x950 1150x1150 1450x1450 テーブルの厚み(mm) 50 50 50 50 50 静的許容偏心モーメント(N・m) 3000 33000 42500 42500 99000 動的許容偏心モーメント(N・m) 6000 66000 85000 85000 198000 最大搭載質量(kg) 1500 9000 9000 9000 9000 可動部質量※ ※振動発生機 上限振動数 可動部質量 上限振動数 可動部質量 ※ 上限振動数 可動部質量※ 上限振動数 可動部質量※ 上限振動数 (kg) (Hz) (kg) (Hz) (kg) (Hz) (kg) (Hz) (kg) (Hz) A12 A22 85 2000 159 215 298 452 A30 A45 2000 1250 800 500 A65 ー ー 180 236 318 473 A74 ※質量はアルミ製テーブル数値になります。マグネ製の軽量タイプも対応可能です。お問い合わせください。 29 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 30 Basic systems
Page17

Vibration Test Systems Basic Systems Optional Units Optional Units 基 本 シ 治具・防振パッド・空気バネベース・荷重分散台 防音ボックス・集中吸気・Launcher規格オプション・SYSTEM MONITORオプション ス テ ム 治具 防音ボックス 集中吸気 IMVの治具設計技術は、その豊富な経験とシミュレーション技術により成り立っています。 振動試験装置の騒音を抑える防音ボックスです。 通常、空冷の振動試験装置は設置されている室内の大気を吸気して振 標準品としての立方体治具やL型治具以外でも、お客様の被試験体に合わせ適切な治具をご提案します。 動発生機を冷却しています。集中吸気はダクトを通じて室外の大気を吸 気する方式であり、室内の温度変化や負圧を防ぐことができます。また、 吸気音を低減することもできます。 防振 振動試験装置の振動が床に伝播し、他方に影響が出ることがないようオプションをご用意しています。 扉開放時 防振パッド 空気バネベース 振動発生機の下に敷く最も簡単なものです。 振動発生機を直接コラムベース 下で空気バネ支持をする方式で、 ランチャー(規格オプション)※Aシリーズ/Kシリーズは システムモニター(オプション) ※Aシリーズ/Kシリーズは 標準付属  標準付属 5Hz以上の高域振動には極めて 防振効果が高くなります。 規格で定義されているテスト条件のリストを選ぶだけで、テストファイ 制御パソコンに有線/無線LANで接続されているパソコンやタブレットか ルが自動的に作成されます。あとは開始ボタンを押すだけで試験が ら、「振動発生機や電力増幅器の状態、試験の実施状況、省エネ量、供 できます。 試体の様子」を一目で確認できます。エラー時には対処方法をわかりや すく表示します。WEBブラウザー上で確認できるので、パソコンやタブ レットには特別なソフトウェアのインストールの必要はありません。 補強 ホーム画面 ホーム画面(エラー発生時) 荷重分散台、荷重分散板 耐荷重の少ない床に設置する場合、 荷重を分散させる台です。 操作がわからなくなれば、 いつでもクイックヘルプを 表示できます。 ECO画面 カメラ画面 31 [基本システム] 振動試験装置 [基本システム] 振動試験装置 32 Basic systems
Page18

Vibration Test Systems 多 軸 Multi-axis systems [多軸] 振動試験装置 2軸切換 DC-series P.35 3軸切換 TC-series P.36 2軸同時 DS-series P.37 3軸同時 TS-series P.38 6自由度 TTS-series P.39 試験時間の短縮 故障モードの再現 ICCU( Integrated Cross Coupling Bearing Unit) 高精度な多軸多点制御 3方向を切り替えながら1方向ごとに試験を行うのと比べ、3軸同時 普及している単軸の振動試験より実環境に近く、従来の試験では ICCU軸受は3軸同時加振用にIMVが独自で 供試体が発生するモーメント、軸間の干渉を補償した高精度な多軸・ で試験を行うことで試験時間を大幅に短縮することができます。 再現できなかった軸間の振動影響がある故障モードの解析が可能 開発をした特許技術です。 多点制御を実現。 になります。 また採取したフィールドデータを忠実に再現。 三次元振動台 2時間 2時間 2時間=合計6時間 受圧板 軸受ケーシング (例) =合計2時間 実際のフィールド振動は 3軸の振動を同時に加えることによって プリロードボルト 油圧静圧軸受面 試験時間が1/3 単軸の振動では再現できません。 故障モードを再現することができます。 33 [多軸] 振動試験装置 [多軸] 振動試験装置 34 Multi-axis systems
Page19

Vibration Test Systems Multi-axis Systems DC-series TC-series 2 Axis Changeover Systems 3 Axis Changeover Systems 2軸切換振動試験装置 3軸切換振動試験装置 多 軸 DC-2000-5H TC-3000-6H 仕様表 仕様表 基本システム型名 DC-1000-4H DC-1000-6H DC-1000-8H DC-1000-10M DC-2000-5H DC-2000-8M DC-2000-10M DC-2000-15M DC-3000-5H DC-3000-8M 基本システム型名 TC-1000-4H TC-1000-6H TC-1000-8H TC-1000-10M TC-2000-5H TC-2000-8M TC-2000-10M TC-2000-15M TC-3000-5H TC-3000-8M 振動台(mm) □400 □600 □800 □1000 □500 □800 □1000 □1500 □500 □800 振動台(mm) □400 □600 □800 □1000 □500 □800 □1000 □1500 □500 □800 正弦波(kN) 9.8 9.8 9.8 9.8 19.6 19.6 19.6 19.6 29.4 29.4 正弦波(kN) 9.8 9.8 9.8 9.8 19.6 19.6 19.6 19.6 29.4 29.4 加最 加最 振 ランダム波(kN) 4.9 4.9 4.9 4.9 9.8 9.8 9.8 9.8 14.7 14.7 振 ランダム波(kN) 4.9 4.9 4.9 4.9 9.8 9.8 9.8 9.8 14.7 14.7 力 大 力 大 ショック波(kN) 14.7 14.7 14.7 14.7 29.4 29.4 29.4 29.4 44.1 44.1 ショック波(kN) 14.7 14.7 14.7 14.7 29.4 29.4 29.4 29.4 44.1 44.1 最大加速度(m/s2) 108 75 54 32 150 81 67 28 196 140 最大加速度(m/s2) 98 65 42 33 163 98 65 30 196 113 総 最大速度(m/s) 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.9 1.0 1.0 総 最大速度(m/s) 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.9 1.0 1.0 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 様 可動部質量(kg) 90 130 180 300 130 240 290 680 150 210 様 可動部質量(kg) 100 150 230 290 120 200 300 640 150 260 振上 水平(Hz) 1,000 800 700 350 800 500 350 250 800 500 振上 水平(Hz) 1,000 800 700 350 800 500 350 250 800 500 動 動 数 限 垂直(Hz) 1,000 1,000 700 500 800 800 500 350 800 800 数 限 垂直(Hz) 1,000 1,000 700 500 800 800 500 350 800 800 最大搭載質量(kg) 100 100 200 200 200 300 500 500 200 300 最大搭載質量(kg) 100 100 200 200 200 300 500 500 200 300 所要電力(kVA) 25 25 25 25 43 43 43 43 52 52 所要電力(kVA) 27 27 27 27 43 43 43 43 52 52 冷却水(L/min) ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 冷却水(L/min) ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 基本システム型名 DC-3000-10M DC-3000-15M DC-5000-6H DC-5000-8H DC-5000-10M DC-5000-15M DC-6000-6H DC-6000-8H DC-6000-10M DC-6000-15M 基本システム型名 TC-3000-10M TC-3000-15M TC-5000-6H TC-5000-8H TC-5000-10M TC-5000-15M TC-6000-6H TC-6000-8H TC-6000-10M TC-6000-15M 振動台(mm) □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 振動台(mm) □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 正弦波(kN) 29.4 29.4 49 49 49 49 61.7 61.7 61.7 61.7 正弦波(kN) 29.4 29.4 49 49 49 49 61.7 61.7 61.7 61.7 加最 加最 振 ランダム波(kN) 14.7 14.7 29.4 29.4 24.5 24.5 37 37 30.8 30.8 振 ランダム波(kN) 14.7 14.7 29.4 29.4 24.5 24.5 37 37 30.8 30.8 力 大 力 大 ショック波(kN) 44.1 44.1 73.5 73.5 58.8 58.8 92.5 92.5 74 74 ショック波(kN) 44.1 44.1 73.5 73.5 58.8 58.8 92.5 92.5 74 74 最大加速度(m/s2) 91 47 350 204 163 59 385 268 102 75 最大加速度(m/s2) 73 43 306 222 158 67 342 257 199 84 総 最大速度(m/s) 1.0 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 総 最大速度(m/s) 1.0 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 様 可動部質量(kg) 320 620 140 240 300 820 160 230 600 820 様 可動部質量(kg) 400 680 160 220 310 730 180 240 310 730 振上 水平(Hz) 350 250 800 700 350 250 800 700 350 250 振上 水平(Hz) 350 250 800 700 350 250 800 700 350 250 動 動 数 限 垂直(Hz) 500 350 1,000 800 500 350 1,000 800 500 350 数 限 垂直(Hz) 500 350 1,000 800 500 350 1,000 800 500 350 最大搭載質量(kg) 500 500 300 300 500 700 300 300 500 700 最大搭載質量(kg) 500 500 300 300 500 700 300 300 500 700 所要電力(kVA) 52 52 75 75 73 73 93 93 91 91 所要電力(kVA) 52 52 77 77 75 75 93 93 91 91 冷却水(L/min) ー ー 195 195 190 190 230 230 225 225 冷却水(L/min) ー ー 195 195 190 190 230 230 225 225 ※目標(PSD)や供試品などの諸条件により、制御応答の一部が目標(PSD)から逸脱することがあります。詳細はお問い合わせください。 ※目標(PSD)や供試品などの諸条件により、制御応答の一部が目標(PSD)から逸脱することがあります。詳細はお問い合わせください。 35 [多軸] 振動試験装置 [多軸] 振動試験装置 36 Multi-axis Systems
Page20

Vibration Test Systems Multi-axis Systems DS-series TS-series 2 Axis Simultaneous Systems 3 Axis Simultaneous Systems 2軸同時振動試験装置 3軸同時振動試験装置 多 軸 DS-2000-4H TS-1000-4H 仕様表 仕様表 基本システム型名 DS-1000-4H DS-1000-6H DS-1000-8H DS-1000-10M DS-2000-5H DS-2000-8M DS-2000-10M DS-2000-15M DS-3000-5H DS-3000-8M 基本システム型名 TS-1000-4H TS-1000-6H TS-1000-8H TS-1000-10M TS-2000-5H TS-2000-8M TS-2000-10M TS-2000-15M TS-3000-5H TS-3000-8M 振動台(mm) □400 □600 □800 □1000 □500 □800 □1000 □1500 □500 □800 振動台(mm) □400 □600 □800 □1000 □500 □800 □1000 □1500 □500 □800 正弦波(kN) 9.8 9.8 9.8 9.8 19.6 19.6 19.6 19.6 29.4 29.4 正弦波(kN) 9.8 9.8 9.8 9.8 19.6 19.6 19.6 19.6 29.4 29.4 加最 加最 振 ランダム波(kN) 4.9 4.9 4.9 4.9 9.8 9.8 9.8 9.8 14.7 14.7 振 ランダム波(kN) 4.9 4.9 4.9 4.9 9.8 9.8 9.8 9.8 14.7 14.7 力 大 力 大 ショック波(kN) 14.7 14.7 14.7 14.7 29.4 29.4 29.4 29.4 44.1 44.1 ショック波(kN) 14.7 14.7 14.7 14.7 29.4 29.4 29.4 29.4 44.1 44.1 最大加速度(m/s2) 108 75 54 32 150 81 67 28 196 140 最大加速度(m/s2) 98 65 42 33 163 98 65 30 196 113 総 最大速度(m/s) 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.9 1.0 1.0 総 最大速度(m/s) 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.9 1.0 1.0 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 様 可動部質量(kg) 90 130 180 300 130 240 290 680 150 210 様 可動部質量(kg) 100 150 230 290 120 200 300 640 150 260 振上 水平(Hz) 1,000 800 700 350 800 500 350 250 800 500 振上 水平(Hz) 1,000 800 700 350 800 500 350 250 800 500 動 動 数 限 垂直(Hz) 1,000 1,000 700 500 800 800 500 350 800 800 数 限 垂直(Hz) 1,000 1,000 700 500 800 800 500 350 800 800 最大搭載質量(kg) 100 100 200 200 200 300 500 500 200 300 最大搭載質量(kg) 100 100 200 200 200 300 500 500 200 300 所要電力(kVA) 30 30 30 30 66 66 66 66 76 76 所要電力(kVA) 41 41 41 41 94 94 94 94 110 110 冷却水(L/min) ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 冷却水(L/min) ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 基本システム型名 DS-3000-10M DS-3000-15M DS-5000-6H DS-5000-8H DS-5000-10M DS-5000-15M DS-6000-6H DS-6000-8H DS-6000-10M DS-6000-15M 基本システム型名 TS-3000-10M TS-3000-15M TS-5000-6H TS-5000-8H TS-5000-10M TS-5000-15M TS-6000-6H TS-6000-8H TS-6000-10M TS-6000-15M 振動台(mm) □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 振動台(mm) □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 □600 □800 □1000 □1500 正弦波(kN) 29.4 29.4 49 49 49 49 61.7 61.7 61.7 61.7 正弦波(kN) 29.4 29.4 49 49 49 49 61.7 61.7 61.7 61.7 加最 加最 振 ランダム波(kN) 14.7 14.7 29.4 29.4 24.5 24.5 37 37 30.8 30.8 振 ランダム波(kN) 14.7 14.7 29.4 29.4 24.5 24.5 37 37 30.8 30.8 力 大 力 大 ショック波(kN) 44.1 44.1 73.5 73.5 58.8 58.8 92.5 92.5 74 74 ショック波(kN) 44.1 44.1 73.5 73.5 58.8 58.8 92.5 92.5 74 74 最大加速度(m/s2) 91 47 350 204 163 59 385 268 102 75 最大加速度(m/s2) 73 43 306 222 158 67 342 257 199 84 総 最大速度(m/s) 1.0 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 総 最大速度(m/s) 1.0 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 1.0 1.0 0.9 0.9 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 合 仕 最大変位(mmp-p) 51 51 51 51 51 51 51 51 51 51 様 可動部質量(kg) 320 620 140 240 300 820 160 230 600 820 様 可動部質量(kg) 400 680 160 220 310 730 180 240 310 730 振上 水平(Hz) 350 250 800 700 350 250 800 700 350 250 振上 水平(Hz) 350 250 800 700 350 250 800 700 350 250 動 動 数 限 垂直(Hz) 500 350 1,000 800 500 350 1,000 800 500 350 数 限 垂直(Hz) 500 350 1,000 800 500 350 1,000 800 500 350 最大搭載質量(kg) 500 500 300 300 500 700 300 300 500 700 最大搭載質量(kg) 500 500 300 300 500 700 300 300 500 700 所要電力(kVA) 76 76 104 104 106 106 126 126 128 128 所要電力(kVA) 110 110 149 149 153 153 182 182 182 186 冷却水(L/min) ー ー 370 370 360 360 440 440 430 430 冷却水(L/min) ー ー 550 550 530 530 650 650 640 640 ※目標(PSD)や供試品などの諸条件により、制御応答の一部が目標(PSD)から逸脱することがあります。詳細はお問い合わせください。 ※目標(PSD)や供試品などの諸条件により、制御応答の一部が目標(PSD)から逸脱することがあります。詳細はお問い合わせください。 37 [多軸] 振動試験装置 [多軸] 振動試験装置 38 Multi-axis Systems