1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード

ハンドブック『ディスコンスイッチの知識と安全対策事例』

ハンドブック

確実にその電源を遮断!ブレーカーよりも安全で、安心して点検作業に集中できる 「ディスコンスイッチ」の基礎知識~選び方までを解説!

確実にその電源を遮断!ブレーカーよりも安全で、安心して点検作業に集中できる 「ディスコンスイッチ」の基礎知識~選び方までを解説!
製造業における労働災害の27%を占める、"はさまれ・巻き込まれ"による事故。
機器・設備の思わぬ動作・予期せぬ再起動等が原因で、毎年死傷者が発生しています。

こうした事故を防ぐため、確実な電源の遮断に用いられる「ディスコンスイッチ」ですが、
現場に合う製品をきちんと選定するには、それなりの知識が必要です。

当社が公開しているハンドブック『ディスコンスイッチの知識と安全対策事例』では、

 ◆「ディスコンスイッチとは?」
 ◆「ブレーカーと区別すべき納得の理由」
 ◆「現場に合ったディスコンスイッチの選び方」
 ◆「当社のディスコンスイッチのお客様採用事例」

を、動力安全スイッチのプロであるクラウスアンドナイマーが丁寧に解説。
製造業に従事されている全エンジニア必見の一冊です。

このカタログについて

ドキュメント名 ハンドブック『ディスコンスイッチの知識と安全対策事例』
ドキュメント種別 ハンドブック
登録カテゴリ
取り扱い企業 クラウスアンドナイマー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

動⼒安全スイッチのプロがやさしく教える ディスコンスイッチ の知識と安全対策事例 南京錠対応 ハンドル 防塵防水 IP66/67 国内防爆対応 1 20200519
Page2

目次 03 はじめに 04 メンテナンス時の安全対策の基本、ロックアウトとダグアウトとは 05 ディスコンと南京錠にではじめる安全対策  ディスコンスイッチとは何か︖  通常のスイッチとディスコンの安全性に関する重要な違いとは  ディスコンとブレーカーの違いとは  保守作業の安全化の基本的考え方とディスコンスイッチ 09 ディスコンスイッチの選定方法 10 ディスコンスイッチ導⼊事例 12 クラウスアンドナイマー社 ディスコンスイッチのご紹介  パネル取り付け  樹脂ボックス  ⾦属ボックス  耐圧防爆構造 20 まとめ 2 20200519
Page3

はじめに 私たちの身のまわりには機械や設備が数多くあります。特に、 ⼯業分野の現場、職場には業務を効率化するために⼤きな動 ⼒を扱う機械類も多く、危険と隣り合わせとなります。そのため、 多くの現場や職場では全員で“労働災害ゼロ・死傷者ゼロ“を 掲げ、労働災害の減少に取り組んでいます。しかしながら、厚生 労働省の統計からは、2003 年頃から労働災害による休業 4 日以上の死傷者数の減少は止まり、ほぼ横ばいの状態が続い ています。また、その件数も 12 万⼈程度という水準です。製造 業に注目してみると、製造業の労働災害件数は第 3 次産業に 次いで発生件数が多く、全体の 22%を占めています。さらに、製造業での労働災害の発生原因を⾒てみると、”はさ まれ・巻き込まれ”最も多く 27%を占めていることが分かります。 計 120,460 ⼈ 図 1. 2018 年度 業種別労働災害発生状況 図 2. 製造業における休業 4 日以上の発生原因 (出所:厚生労働省 HP 労働災害発生状況) (出所:厚生労働省 HP 労働災害発生状況) ”はさまれ・巻き込まれ”による事故の原因は、一般的に設備の清掃・保守・点検・調整・設定などの非定常作業に よって多く発生すると言われます。止めたはずの機械が思わぬ動作をしたり、第三者が誤って機械を再始動したりする ことが原因となっています。つまり、このような想定外の設備の動作を防ぐことが出来れば、”はさまれ・巻き込まれ”によ る事故の減少が期待出来ます。 3 20200519
Page4

メンテナンス時の安全対策の基本、ロックアウトとダグアウトとは 非定常作業時における事故は、世界中、国を問わず非常に多く、各国でその低減を図るために法律を定めていま す。日本においては、労働安全衛生法の労働安全規則第 107 条において以下のとおり定めています。また、下記 1 と 2 をすることを”ロックアウト”、さらに、下記 3 の表示板を取り付けること”タグアウト”と言います。 1. 機械装置の運転を停止すること。 2. 当該装置の起動装置に鍵をかけること。 3. 第三者が当該装置を運転することを防止するため、起動装置に表示板を取り付けること。 または監視⼈を配置すること。 想定外の設備の動作を防ぐには、その設備を動かして いるエネルギー源である電気、熱、水圧、空気圧などを確 実に遮断する必要があります。そして、それらのエネルギー 源を遮断し、安全に作業する方法がこのロックアウト/ダグ アウトシステムになります。 しかしながら、日本国内では、上記の規則が労働安全 衛生法に定められているにも関わらず、機械装置を停止 しないことによる災害、また、第三者が誤って機械装置を起動して被災する事故が多く発生しています。欧米では、ロ ックアウト/ダグアウトシステムが義務付けられており、ロックアウトが出来る機器、または、部品が一般的に販売されてい ます。例えば、機械電気設備であれば、電源スイッチを OFF にした際に南京錠が取り付けられる構造のロックアウトス イッチが使用されます。また、“鍵をかける”に関しては、作業者⾃ら施錠し、その作業者が⾃ら開錠するまでは動⼒を 再起動できないよう現場で運用されています。このロックアウト/ダグアウトシステムによって作業者⾃身が安全、かつ、 安心してメンテナンスや保全作業に従事することができます。 4 20200519
Page5

ディスコンと南京錠ではじめる安全対策 ディスコンスイッチとは何か︖ 国内規格である旧 JIS 規格は、2001 年に JIS C 8201-3(低電圧開閉装置および制御装置)として IEC 規格に準 拠するよう改正され、一部を除き、同一の要求事項及び試験方法が要求されています。従いまして、ここでは電気機械設 備で使用されるスイッチについての要求事項を国際規格 IEC60947-3 から引用しながら説明します。 下表1に IEC60947-3 におけるスイッチの分類を簡易的にまとめています。IEC 規格においては機能に応じてスイッチ、 ディスコネクター、スイッチ・ディスコネクターの 3 つに分類しています。日本語においては負荷開閉器、断路器、断路用開閉 器と呼ばれますが、断路用開閉器を“ディスコンスイッチ”または“ディスコン”と呼ぶことが一般的になってきました。このディスコ ンスイッチは負荷開閉器と断路器の機能を併せ持った言わばスイッチの何でも屋と言う位置付けになります。そのため、要 求される試験項目は通電時状態での投⼊・遮断時の特性、および、開路時の特性が全て求められます。また、ハンドルの 色などの条件を満たせば非常停止用途としても使用できます。 表 1. IEC 60947-3 におけるスイッチの分類 ディスコネクトスイッチ (断路用スイッチ) スイッチ スイッチ・ディスコネクター ディスコネクター (通称:ディスコン) 記号 IEC 規格 なし アクチュエーター強度 あり アクチュエーター強度 あり アクチュエーター強度 上の なし 開放時リーク電流 あり 開放時リーク電流 あり 開放時リーク電流 テスト項目 あり 定格短絡投⼊容量 なし 定格短絡投⼊容量 あり 定格短絡投⼊容量 通電時に開閉可能 非通電時のみ開閉可能 通電時に開閉可能 断路が保証されないので ヒューズと組み合わせブレ 非常停止スイッチとして兼用 応用 メインスイッチとしては使用 ーカーとして使用可能 可能※1 不可 ヒューズと組み合わせてブレー カーとして使用可能 ※1 非常停止用途として用いる場合には JIS B 9960-1 10.7.4 項を満たすことをご確認の上、ご使用ください。 5 20200519
Page6

通常のスイッチとディスコンスイッチの安全性に関する重要な違いとは 前項の表 1 に示したアクチュエーター強度試験が通常のスイッチとディスコンスイッチ(スイッチ・ディスコネクター)の安全性 上の⼤きな違いになります。IEC60947-3 規格においてディスコネクトスイッチは接点溶着を想定したアクチュエーター強 度試験が課せられており、接点溶着時にハンドルを回してもOFF位置に回らない“断路保証”※2をしています。つまり、接 点の状態とハンドルの表示が一致しており、接点溶着時の事故を防ぐことが出来ます。当たり前のことに思われるかもしれ ませんが、このアクチュエーター強度試験を課していない単なるスイッチはハンドル表示と接点の状態が異なり、仮に接点が 溶着していてもハンドルが OFF 位置を示していることがあり、メンテナンス時には重⼤な事故も起こりかねない危険な状態 にあることがあります。 ※2 通常操作トルクの 3 倍のトルクにて操作してもハンドルが OFF 位置にならないことを試験する。ただし、 最小トルク 100N, 最⼤トルク 200N と規定 されている。 接点溶着時の事故を防ぐ OFF 位置には回せない 断路保証 ON 位置をキープ パドロックもかけられない 過電 流で 溶着 !! 電流は流れている 過電流 図 3. ディスコンスイッチに要求されるアクチュエーター強度試験と安全性の関係 6 20200519
Page7

ディスコンスイッチとブレーカーの違いとは ON/OFFを切り替えることができる機器としてはブレーカーを思い浮かべる方が多 いと思います。では、ここまで説明してきたディスコンスイッチとブレーカーは何が違う のでしょうか︖まず部品としての目的が異なります。ディスコンスイッチは、これまで説 明した通り、負荷開閉と断路が目的となります。そして、ブレーカーは許容電流以 上の電流が流れた場合の負荷回路や電線の保護が目的になります。つまり、どち らもスイッチとして使用できますが、もともとの用途が異なります。それでは、規格上 の開閉回数の耐久性に違いがあるのかと言うと、ブレーカーの要求特性が規定さ れるJIS C 8201-2-1 とスイッチの要求特性が規定されるIEC60947-2 の開閉 耐久回数に対する要求に違いはありません。例えば、定格電流 100A 未満の場 合には両者とも通電状態で 8,500 回、非通電状態で 1,500 回、合計 10,000 回の操作耐久性が求められます。しかしながら、実際にはディスコンスイッ チは負荷開閉や断路に特化して開発されているため、操作耐久回数がブレーカーよりも数倍から数 10 倍多いこと が一般的です。例えばクラウスアンドナイマー社のディスコネクトスイッチを例にあげると、定格電流 20A クラスのディス コンスイッチでは機械的寿命が 100 万回、モーター負荷での電気的寿命も 14 万回と規格で要求される耐久性よ りもはるかに優れている特性を有しています。また、ディスコネクトスイッチはアクチュエーター強度試験にて保証してい る通り、万が一過電流事故により溶着が発生した場合でもハンドル表示は OFF を示さず、作業者が異変に気付き やすく、安全性における利点もあります。一方、ブレーカーの場合には過電流を検知してトリップさせると、その後の負 荷開閉に対する耐久性については保証が得られない場合が一般的です。このような理由により欧米では、ブレーカ ーとスイッチは完全に別の機能をもつ機器として扱われ、ブレーカーでスイッチを代用することはされていません。 表 2. ディスコンスイッチの電気的寿命例 負荷種別 AC-23A 負荷種別 AC-3 スイッチタイプ 定格電流 (モーター負荷、その他高誘導負荷の開閉) (かご形モーターの始動、運転中の停止) 3Φ 200V 3Φ 400V 3Φ 200V 3Φ 400V KHR20 20A 14 万回 14 万回 14 万回 14 万回 KHR32 32A 10 万回 10 万回 10 万回 10 万回 KHR63 63A 10 万回 10 万回 10 万回 10 万回 ※スイッチタイプはクラウスアンドナイマー社製品より ※負荷種別 AC-23A よりも AC-3 の方が高負荷の負荷開閉となります。 7 20200519
Page8

保守作業の安全化の基本的考え方とディスコンスイッチ 一般的な保守作業時の手順におけるディスコンスイッチの役割を考えていきます。保守作業時には、メインとなる制 御盤にて元の電源を落とし、そこに点検札をかけ(タグアウト)、保守作業中であることを第三者に認識させ、作業中 の電源投⼊を防ぎます。そして、作業者は制御盤から離れた機器のメンテナンスを始めます。しかしながら、この場合 に点検札が外れるなどのアクシデントにより電源が投⼊されることが作業者としては心配です。そこで、二⼈一組にて 制御盤の前に一⼈⽴たせ、もう一⼈が保守作業を⾏うこともあります。この場合には安全性は保たれますが、保守 作業に複数⼈必要となってしまいます。さらに、制御盤が複雑になると、落とした電源がメンテナンスする機器の電源 であるかを作業者が把握することが難しい場合もあり、「本当に電源が落ちているのか︖」と言う不安が拭いきれませ ん。そこで、このような状況を改善するために保守作業する機器の直近にてディスコンスッチを配置することは有用で す。ディスコンスイッチを保守作業する機器の直近に置き、作業者⾃身でその動⼒を切り、そして、⾃ら用意した南 京錠をかける(ロックアウト)ことで、保守作業中に機器が動き出すことは無くなります。仮に制御盤で電源が投⼊さ れても保守作業中の機器が再起動することもなくなり、更に、複数⼈で作業していても⾃ら南京錠を外してディスコ ンスイッチを ON させるまでは起動することはないという安心感が得られます。昨今、現場では、⼈種、経験、会社が 違う様々な⼈々が出⼊りして、作業が⾏われます。⾃分が当然だと思うことも、別の⼈においては当然でないことも 多々あることから「⾃らの安全は⾃らが守る」ためのディスコネクトスイッチ導⼊が安全対策として注目を集めていま す。 ディスコンスイッチ ボックス 保守作業者の 手元に設置 制御盤/⼯程盤/電源盤 モーター等 電源ライン 距離が離れている 障害物 図 4. 制御盤と保守点検現場のイメージ図 8 20200519
Page9

ディスコンスイッチの選定方法 それではディスコンスイッチの選定方法について説明します。ディスコンスイッチは主に下記の 5 点をチェックして適切な製 品を選ぶ必要があります。 ① 定格電流・定格電圧 ② 負荷回路の種類 ③ 取り付け方法 ④ 電線の種類・サイズと端子ネジのサイズ ⑤ 設置環境 ① 定格電流・定格電圧 適用する回路の定格電流、定格電圧を満たす製品を選定します。 ② 負荷回路の種類 電源と負荷回路の間にディスコンスイッチを配置しますが、スイッチから⾒て負荷側の回路によってディスコンスイッチを 選ぶ必要があります。例えば、負荷回路が抵抗性の回路(例えば負荷種別AC-21A)であれば開閉時のディスコンスイ ッチに与えるダメージも小さくなり、定格電流が小さな製品で使用することが出来ます。一方、負荷回路がモーターのよう な誘導性の回路(例えば負荷種別 AC-23A)であれば、接点に与えるダメージは⼤きくなり、より⼤きな電流を扱える 製品を選ぶ必要があります。したがって、負荷開閉する場合には定格電流値だけでなく、負荷回路の種別によってディ スコンスイッチを選定する必要があります。なお、負荷種別を考慮した選定をすれば、その負荷回路で流れる瞬時電 流・突⼊電流が考慮されていますので回路シミュレーションなどで瞬間最⼤電流や電圧などを計算する必要はありませ ん。例えば、モーター負荷 AC-23A であれば、そのモーター容量に対応したディスコンスイッチを選べば、IEC 規格によっ て、定格電圧を印加して瞬時的に定格電流の 10 倍の電流を通電する試験をクリアした製品が選定できます。 ③ 取り付け方法 そのディスコンスイッチをどのような設置場所に取り付けるのかを考慮する必要があります。制御盤にパネル取り付けを する場合はパネル取り付けタイプ、制御盤の中に収納してしまう場合は背面取り付けタイプ、さらに、スイッチ単体を機 器の外に取り付ける場合にボックスタイプのスイッチを選定する必要があります。 ④ 電線の種類・サイズと端子ネジサイズ ディスコンスイッチに接続する電線の種類・サイズ・方法を確認します。電線の種類と電線径によってディスコンスイッ チの端子に接続できるサイズが異なってきます。また、圧着端子を使う場合には丸型圧着端子対応の端子構造なのか も選定条件になりますし、圧着端子の外形サイズの⼤小によってディスコンスイッチに接続できるかを確認する必要が出 てきます。また、ディスコンスイッチの端子ネジのサイズに合うかを確認する必要もあります。 ⑤ 設置環境 設置場所が屋内なのか、屋外なのかにより IP 等級を確認し、さらに防爆エリアの場合には防爆対応製品を選定す ることが必要です。 9 20200519
Page10

ディスコンスイッチ 導⼊事例 食品メーカー様 : 設備の直近に設置し、安全性と作業効率改善 課題 方法 結果 ・1 階が作業現場、3 階が制御 ・ディスコンスイッチボックスを設 ・異なる設備の電源を誤って落 盤と距離が離れていて、誤って 備の直近に設置した。 とすことが無くなった。 異なる設備の電源を落とすこと ・保全作業をする設備を作業 ・制御盤と作業現場を⾏き来 があった。 者⾃身が落とすようにした。 することが無くなり作業効率が ・制御盤で電源を切ったつもりが 上がった。 目的の設備の電源が切れてい ないことがあった。 直近 安全性 3 階 作業現場 遠い 制御盤 設備 ディスコン 効率 1 階 スイッチ ⾃動⾞メーカー様 : ⼯場の稼働率を下げずにメンテナンスが可能に 課題 方法 結果 ・遠方のブレーカー1 台で複数 ・搬送、リフターモーターに 1 ・1 台ずつ搬送/リフターモータ の搬送、リフターモーターの電 台ずつディスコンスイッチを ー修理が可能になり、生産 源を開閉していたため、1 基の 設置した。 性を下げずに⼯場設備稼働 搬送/リフターモーターの修理 中にでも修理が出来るように 時にでも同時に全て停めなく なった。 てはならず、保全担当者は休 日、早朝など⼯場が停止して いる時にしか修理ができなかっ ディスコン た。 スイッチ ON ✔ OFF ✔ OFF ✔ ✔ ON 10 20200519
Page11

⼯作機械メーカー様 : 悪環境でも設置可能、外部ハンドルで電源切り忘れも防止できる 課題 方法 結果 ・現場は粉塵が多いため、旋盤 ・制御ボックスに IP66 対応の ・ディスコンの操作ハンドルは外 作業台下の制御ボックス内に パネル取り付け型ディスコン 部に出ているため、電源のオン ブレーカーを⼊れて、電源の開 を取り付け、制御ボックスを /オフ状態が制御ボックスの蓋 閉操作をしていたが、ボックスの 開けずに電源状態を確認で を空けずに確認できるようにな 蓋を開けないと電源のオン/オフ きるようにした。 った。 状態が分からなかった。 ・電源のオン/オフ状態がすぐに ・作業後に制御ボックス内のブレ 確認できるため、電源の切り ーカーで電源をオフさせていた 忘れが無くなった。 が、電源の切り忘れが多かっ た。 ?? OFF 防水 防塵 化学品メーカー様 : 交換頻度が少なく、手間がかからない 課題 方法 結果 ・ブレーカーボックスと南京錠で安 ・機械的寿命、電気的寿命 ・交換頻度が少なくなり、交換 全対策していたが、ブレーカー の面から、高耐久性である の手間がかからなくなった。 の開閉頻度が高い箇所があ ディスコンスイッチに置き換え ・保守/交換スケジュールの管 り、ブレーカーを高頻度で交換 た。 理が楽になった。 していた。 ・引き続き南京錠での安全対 ・設置個所が多いために保守/ 策ができ、運用面での変更が 交換スケジュールの管理が⼤ 無く、導⼊できた。 変だった。 11 20200519
Page12

クラウスアンドナイマー社 製品ラインアップ : パネル取り付けタイプ パネル面に取り付け穴を空けてスイッチのハンドル部をパネル前面に出し、スイッチの本体はパネル内側になるよう取り付けま す。⾃社設備の制御盤や⾃社製品に組み込む場合に用いられる取り付け方法です。 ■特徴  日本で最もポピュラーな丸形圧着端子対応の端子構造  防塵防水対応 保護等級 IP66  最⼤ 315A (380/440V:132kW)  3 極、4 極、6 極、8極対応可能など多極タイプあり  ⾚⻩色ハンドルの場合には非常停止スイッチとして使用可能  スイッチ単体なのでリーズナブルな価格 ■丸型圧着端子対応メインスイッチ (4つ穴 パネル取り付け, IP66, 3 極, ⾚/⻩パドロックハンドル) 定格通電電流 定格絶縁電圧 負荷種別 負荷種別 端子ネジ AC-23A@3Φ200V AC-23A@3Φ400V /ボルト ハンドル 型式 20A 800V 4.5kW 10kW M3 KHR20 T203/01 E 20A 800V 4.5kW 10kW M3 KHR20B T203/01 E 32A 800V 7.5kW 16kW M3.5 KHR32 T203/01 E 63A 1000V 15kW 30kW M5 KHR63 T203/01 E 80A 1000V 18.5kW 40kW M5 KHR80 T203/01 E 125A 1000V 22kW 45kW M10 KG126 T203/01 E 160A 1000V 22kW 55kW M10 KG161 T203/01 E 200A 1000V 30kW 75kW M12 KG211 T203*J-0009 E 250A 1000V 30kW 90kW M12 KG251 T203*J-0003 E 315A 1000V 45kW 110kW M12 KG316 T203*J-0004 E 315A 1000V 55kW 132kW M12 C316 T203/05 E 本資料記載の型式以外にも 4,6,8 極、⿊/灰ハンドル、補助接点付き、各種エンクロージャ⼊り、端子保護カバー等をご用意しております。お気軽にお問合せください。 12 20200519
Page13

■外形寸法 ●KHR20-80 ●KG126-316 Cmax □A Cmax R N H L G R L G ●C316 ●取付け穴寸法 ※破線は端子保護カバー 型式 A B C D1 D2 G H N Q R S L KHR20 48 36 4 15 5 60 56 33 49 KHR20B 64 48 4 15 5 60 56 40.1 49 KHR32 64 48 4 15 5 70 62 40.1 54 KHR63 64 48 4 15 5 86 90 40.1 62 KHR80 64 48 4 15 5 86 90 40.1 62 KG126 88 68 5.5 17 6 112 110 20 9 49.3 36 96 KG161 88 68 5.5 17 6 112 110 20 9 49.3 36 96 KG211 88 68 5.5 17 6 145 126 26 9 49.3 44 103 KG251 88 68 5.5 17 6 145 126 26 9 49.3 44 103 KG316 88 68 5.5 17 6 145 126 26 9 49.3 44 103 C316 130 104 7 20 7 128 150 9 86.5 117.2 13 20200519
Page14

クラウスアンドナイマー社 製品ラインアップ : 樹脂ボックス⼊りタイプ 既存設備の外に単体としてディスコンスイッチを設置する場合にはボックスタイプが用いられます。そのうち、樹脂ボック スは軽量で加⼯し易く、さらに防塵防水対応ですので屋内・屋外ともに使えます。 ■特徴  日本で最もポピュラーな丸形圧着端子対応の端子構造  防塵防水対応 保護等級 IP66/IP67  軽量、ボックス加⼯がしやすい  最⼤ 315A (380/440V:132kW)  3 極、4 極、6 極、8極対応可能など多極タイプあり  耐紫外線(耐候)タイプ、耐化学薬品タイプのボックスあり ●樹脂製ボックス (3 極+補助接点 1NO,1NC、⾚/⻩パドロックハンドル、ポリカーボネートボックス) モーター容量 モーター容量 定格 定格 AC-23A AC-23A 補助接点 端子ネジ ボックスサイズ 型式 通電電流 絶縁電圧 @3Φ200V @3Φ400V /ボルト (mm) 20A 690V 4.5kW 10kW 1NO,1NC M3 190x100x93 KHR20 T203/40 KL11V 32A 690V 7.5kW 16kW 1NO,1NC M3.5 190x100x93 KHR32 T203/40 KL11V 63A 1000V 15kW 30kW 1NO,1NC M5 250x145x107 KHR63 T203/40 KL71V 80A 1000V 18.5kW 40kW 1NO,1NC M5 250x145x107 KHR80 T203*J-0010 KL71V 125A 690V 22kW 45kW 1NO,1NC M10 380x280x180 KG126 T203/45 STM 160A 690V 22kW 55kW 1NO,1NC M10 380x280x180 KG161 T203/45 STM 250A 690V 30kW 90kW 1NO,1NC M12 560x280x180 KG251 T203/46 STM 315A 690V 45kW 110kW 1NO,1NC M12 560x280x180 KG316 T203/46 STM 315A 1000V 55kW 132kW 1NO,1NC M12 560x280x180 C316 T203/46 STM 14 20200519
Page15

■外形図 KHR20 T203/40 KL11V, KHR32 T203/40 KL11V KHR63 T203/40 KL71V, KHR80 T203*J-0010 KL71V (82) (85) ※ ()内の寸法は KHR20 T203/40 KL11V に適用 KG126 T203/45 STM, KG161 T203/45 STM KG251 T203/46 STM, KG316 T203/46 STM 47.8 C316 T203/46 STM 単位:mm 15 20200519 Φ20 (150) (160)
Page16

クラウスアンドナイマー社 製品ラインアップ : ⾦属ボックス⼊りタイプ 既存設備の外に単体としてディスコンスイッチを設置する場合にはボックスタイプが用 いられます。そのうち、⾦属タイプは堅牢で可動物との接触の可能性がある場所に使 用されます。ボックスの⾦属材料として鉄、SUS を用意していますので設置場所の環 境に合わせて選べます。また、特殊対応として鉄+耐塩塗装なども幅広く対応できま す。 ■特徴  日本で最もポピュラーな丸形圧着端子対応の端子構造  物理的なダメージに強く、鉄鋼プラント、破砕機設備などに好適  薬品洗浄、温水洗浄に強く、化学プラント・食品⼯場に好適  高防塵防水対応 IP66(鉄), IP65(SUS)のため環境を選ばす設置可能  耐塩塗装や⼤型ボックスなどカスタマイズも可能 ●鉄製ボックス (3 極+補助接点 1NO,1NC、⾚/⻩パドロックハンドル) 定格 定格 モーター容量 モーター容量 AC-23A AC-23A 補助接点 端子ネジ ボックスサイズ 通電電流 絶縁電圧 型式 @3Φ200V @3Φ400V /ボルト (mm) 20A 800V 4.5kW 10kW 1NO,1NC M3 200x150x120 KHR20B T203*J-8000 JST 32A 800V 7.5kW 16kW 1NO,1NC M3.5 200x150x120 KHR32 T203*J-8000 JST 63A 1000V 15kW 30kW 1NO,1NC M5 250x200x120 KHR63 T203*J-8000 JST 80A 1000V 18.5kW 40kW 1NO,1NC M5 250x200x120 KHR80 T203*J-8000 JST ●SUS 製ボックス (3 極+補助接点 1NO,1NC、⾚/⻩パドロックハンドル) 定格 モーター容量 モーター容量 定格絶縁電圧 AC-23A AC-23A 補助接点 端子ネジ ボックスサイズ 通電電流 @3Φ200V @3Φ400V /ボルト (mm) 型式 20A 800V 4.5kW 10kW 1NO,1NC M3 200x150x120 KHR20B T203*J-8003 JSS 32A 800V 7.5kW 16kW 1NO,1NC M3.5 200x150x120 KHR32 T203*J-8003 JSS 63A 1000V 15kW 30kW 1NO,1NC M5 250x200x120 KHR63 T203*J-8003 JSS 80A 1000V 18.5kW 40kW 1NO,1NC M5 250x200x120 KHR80 T203*J-8003 JSS ※定格電流 80A を超える仕様に製品についてもラインアップしていますので、お問い合わせください。 ※鉄製および SUS 製ボックスは配線穴無し、設置用ボックス取り付け⾦具なし、ドレーン穴有りとなります。配線穴サイズの加⼯、および設置用 ボックス取り付け⾦具有りも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。 16 20200519
Page17

■外形図 ●鉄製ボックス KHR20B T203*J-8000 JST, KHR32 T203*J-8000 JST KHR63 T203*J-8000 JST, KHR80 T203*J-8000 JST 単位:mm ●SUS 製ボックス KHR20B T203*J-8003 JSS, KHR32 T203*J-8003 JSS KHR63 T203*J-8003 JSS, KHR80 T203*J-8003 JSS 単位:mm 17 20200519
Page18

クラウスアンドナイマー社 製品ラインアップ : 耐圧防爆構造タイプ 防爆エリア内では通常の電気機器は使用できず、防爆対応の製品が必要になり ます。防爆エリア内にもモーターなどの動⼒機器がありますので、その側にディスコンスイッ チを設置することは安全性の観点から非常に有効です。また、耐圧防爆対応のディス コンスイッチは専用容器で設計されていますので、小型・軽量なため、設置場所を追加 で重量物対応に施⼯し直す必要性もありません。また、防爆エリア外に配線を引き回 し、防爆エリア外でスイッチを設け開閉している場合に比べて、耐圧防爆構造のディス コンを機器の側に設置することで電線コストが削減できるメリットもあります。 ■ 特徴  耐圧防爆構造 Exd II C T6 防塵防水 IP66  ‘軽量・省スペース  負荷開閉可能 定格電流 最⼤ 55A  丸型圧着端子対応 端子構造 耐圧 ■ 標準仕様 防爆構造 省スペース  容器材質 : アルミニウム合⾦鋳物 ブレーカー  締付ボルト材質 : ステンレス鋼  使用周囲温度 : -20℃~+55℃  型式検定合格番号︓CML 19JPN1325X 一般的な耐圧防爆構造ブレーカー とのサイズ比イメージ図 ■ ラインアップ (4 極 ※3 極+1NO として使用可) モーター開閉容量 モーター開閉容量 定格電流 重量 国内型式 AC-23A@3Φ 200 V AC-23A@3Φ 400 V 20 A 2.2 kW 7.5 kW 2.0 kg CHR10 T104*J-8000 FC4 25 A 3.0 kW 11 kW 2.0 kg CHR16 T104*J-8000 FC4 32 A 5.5 kW 15 kW 2.0 kg C26 T104*J-8000 FC4 50 A 7.5 kW 22 kW 3.2 kg C32 T104*J-8000 FC4 55 A 11 kW 30 kW 3.2 kg C42 T104*J-8000 FC4 18 20200519
Page19

■外形図 (a) CHR10 T104, CHR16 T104 C26 T104 (b) C32 T104, C42 T104 ※ケーブルグランドは TIIS 認証コンポーネント適合品をご使用ください。 19 20200519
Page20

まとめ “労働災害ゼロ・死傷者ゼロ“を掲げて、労働現場では色々な安全対策がなされているにもかかわらず、休業 4 日以上の死傷者数は毎年12万件にものぼり、その件数はここ10年以上も横這いの状態です。そこには、作業現 場でのタグアウト・ロックアウト概念がなかったり、そもそも扱う機器にそのような機能が備わっていなかったりするケース も存在します。作業者が南京錠1本を持っていれば安全を確保できるロックアウトは安価でどの現場にも導⼊しやす い対策ですし、作業者⾃身も誰もこの装置を動かせないという安心感から作業に専念でき、作業者の精神面をケ アできる点で重要です。 また、本資料では、機械電機設備における事故対策としてディスコンスイッチの有用性を解説するとともに、まだま だ日本市場に十分に浸透していない「ディスコンスイッチとは何か︖」を概説しました。さらに、日本市場で⼊手可能 な、ディスコンスイッチとしてクラウスアンドナイマー社のディスコンスイッチラインアップを例に紹介しました。 「たかがスイッチ、されどスイッチ」ですので、スイッチでお困りのことがあればスイッチの専業メーカー・クラウスアンドナイ マー社にお気軽にご相談ください。 クラウスアンドナイマー株式会社 東京本社 〒105-0013 東京都港区浜松町 1-11-6 吉和田ビル 2F TEL (03)3436-6151 FAX (03) 3436-6325 ⼤阪営業所 〒541-0014 ⼤阪府⼤阪市中央区南本町 2-4-6 日宝本町ビル 405 TEL (06)4705-8281 FAX (06)4705-8299 E メール sales-jp@krausnaimer.com Web サイト https://www.krausnaimer.com/jp_ja 20 20200519