1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.3Mb)

ヒシコの脱磁装置 総合カタログ

製品カタログ

残留磁気の除去装置

工作物の残留磁気が問題になる場合、その磁気を脱磁する必要があります。
鉄で代表される強磁性体は外部からの磁場により磁気を帯びます。このことを磁化といい、外部からの磁場の影響
が無くなっても尚、生じている磁気を残留磁気といいます。
脱磁とは、磁区の方向をランダムな状態にし外部に対して残留磁気が現れない様にすることです。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 ヒシコの脱磁装置 総合カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社菱小 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

残留磁気の除去装置 脱 磁 装 置 Demagnetizer 工作物の残留磁気が問題になる場合、その磁気を脱磁する必要があります。 鉄で代表される強磁性体は外部からの磁場により磁気を帯びます。このことを磁化といい、外部からの磁場の影響 が無くなっても尚、生じている磁気を残留磁気といいます。 脱磁とは、磁区の方向をランダムな状態にし外部に対して残留磁気が現れない様にすることです。 Demagnetizing is necessary when residual magnetism in the product causes problem. Ferromagnetic materials such as iron becomes magnetized by extraneous magnetic field. It is called magnetization. Also, magnetism caused from this ferromagnetic material after influence of extraneous magnetic field was disappeared is called residual magnetism or remanence. In demagnetization process, magnetic domains are randomized. As the result, residual magnetism which leaks to the surface of the product is reduced or removed. S N S N S N 磁化:磁区が全部一方向に配列して 残留磁気:磁区が一部揃ってる状態 脱磁:磁区がランダムな状態 いる状態 Remanence: Partially line upped Demagnetized: Randomized Magnetized: Mostly line upped magnetic domains magnetic domains magnetic domains リトルダイヤモンド 株式会社
Page2

ヒシコの脱磁装置 Demagnetizer KDA テーブル型 脱磁器 Table Type Demagnetizer 用 途 Applications ●●ワークの残留磁気を除去させる装置です。 Removing residual magnetism from workpieces. 特 長 Features ●●取扱いが簡単です。 Easy to use. ●●脱磁作業面が平坦ですのでベルトコンベア等のラインに組込むことが出来ます。 As the demagnetizing surface is flat, KDA can be installed in production line which is using belt conveyor. 電源コード L=2,500 脱磁方法 Demagnetization A B 脱磁方向 ●●脱磁作業面上でワークを静かに左図のA   Bの位置に移動し、脱磁器の端面から約20cm離れたところで 脱磁が完了します。 Move a workpiece above the demagnetizing surface slowly in the direction of A-B. Demagnetization ends when the workpiece is moved more than 20 cm away from the end face of the demagnetizer. L3 L2 N-φd L1 寸 法 Dimensions (mm) 容量 有効脱磁面 冷却ファン 動作表示灯 ON-OFFスィッチ 脱磁作業面 ストック番号 型式 電源 時間定格 重量 Stock No. Model L1 L2 L3 W1 W2 H N-φd Input Capacity Effective (VA) Time Rating Area(mm) Weight(kg) S970111 KDA18.14 220 200 180 140 120/100 連続 Continuous L110×W45 5 85 2-φ9 AC100V S970112 KDA20.18 248 230 200 180 50/60Hz 300/250 連続 2H Continuous 2H L110×W95 8 S970113 KDA28.22 340 310 280 220 180 単相 580/460 L160×W65 18 130 4-φ12 AC200V  連続 Continuous S970114 KDA28.30 340 310 280 300 260 50/60Hz 1020/800 L160×W135 29 KDB トンネル型 脱磁器 Aperture Type Demagnetizer 用 途 Applications ●●小物を大量に脱磁する場合、又は、長尺物を脱磁するのに最適です。 Suitable for removing residual magnetism from long workpieces and/or many small workpieces continuously. 特 長 Features ●●ワークをトンネル内にゆっくり通すだけで脱磁が出来ます。 KDB can remove residual magnetism from workpiece by passing through the tunnel slowly. ●●コンベアに組まれるのが最良の方法でトンネルに入る大きさでしたらワークの大小、形状に関係なく連続的に 脱磁が行えます。(ご注文によりコンベア付も製作いたします。) By incorporating into a conveyor system, it enables continuous operation irrespective of the size and shape of the workpiece. Hishiko can build conveyor system, too. 脱磁方法 Demagnetization 2x2-φd 動作表示灯 ●●ワークをトンネル内に入れる前にスイッチを入れワークを表側から裏側に5~10(m/min)の程度で送ります。 Switch on the demagnetizer and then feed workpiece at 5 to 10m/min from front side. ●●脱磁器の端面から約2m以上離れたところで脱磁が完了します。 L1 Demagnetization finishes when the work is moved more than 2m away from the end of the demagnetizer. L2 冷却ファン L3 W1 L4 窓寸法  ON-OFF Window 寸 法 Dimensions (mm)ストック番号 型式 電源 容量 時間定格レバー Dimension (mm) 重量 Stock No. Model Input Capacity Time 幅 高 (kVA) Rating Weight(kg) Width Height L1 L2 L3 L4 W1 W2 H1 H2 φd窓 S970220 KDB15.10A 150 100 360 390 422 310 160 90(335) 95 10 単相 1.1/0.93 21 S970221 KDB22.15A 220 150 480 520 542 420 260 190(425)115 12 AC200V 3.8/3.2 連続 50/60Hz Continuous 60 S970222 KDB40.30A 400 300 660 700(745)600 260 190(574)115 12 10/8.4 100 KDC コア型 脱磁器 Core Type Demagnetizer 用 途 Applications ●●ワークの残留磁気を除去させる装置です。 Removing residual magnetism from workpieces. 特 長 Features ●●大物の脱磁が可能です。 Can demagnetize long and/or large workpiece. ●●上下方向に磁束が交番する為、長尺物・異形物を均一な脱磁するものに最適です。 Most suitable for uniform demagnetization for lengthy or irregular shaped workpiece because magnetic flux alternates vertically. L1 W1 L2 W2 ●●搬送システムへの組込みが可能です。 Can incorporate into a conveyor system. 外形寸法 窓寸法 取付部寸法 ストック番号 型式 Dimensions(mm) Window Attaching Portion 電源 容量 時間定格 重量 Stock No. Model Dimension(mm) Dimensions (mm) Input Capacity(kVA) Time Rating Weight (kg) L1 H1 W1 H3 L2 H2 W2 W3 W4 L3 L4 n-φd n-φd W3 L3 L3 L3 L3 L3 L4 S970303 KDC-3 760 750 (370) 200 500 350 180.4 282 250.4 130 55 単相 36 50%ED 5分 550 12-φ14 AC200V (サイクル10分) S970304 KDC-4 590 590 (350) 170 377.5 250 150 250 210 100 25 /220V 2 0 50%ED 280 S970305 KDC-5 630 530 (275) 150 450 230 120 220 180 170 60 8-φ12.5 50/60Hz 23 連続30分 250 ※脱磁器の端面から約1.5m以上離れたところで脱磁が完了します。 Demagnetization šnishes when the work is moved more than 1.5m away from the end of the demagnetizer. 2 W2 W1 W2 W4 H3 H2 H3 H2H1 H1 H
Page3

HiDD 減衰型脱磁装置 Attenuation Type Demagnetizer 用 途 Applications ●●ワークを移動させることなく、残留磁気を除去させる装置です。 Remove residual magnetism from the workpiece without moving it. 特 長 Features ●●ワークを脱磁作業面に置き、ボタンを押すだけで、脱磁が出来ます。 Easy to use. Place the workpiece on the working surface and then switch ON. ●●テーブル型脱磁器よりも、ワークへの磁束浸入距離が大きく、厚物ワークに対して大きな効果が得られます。 HiDD demagnetizer has deeper magnetic flux penetration capability than table type demagnetizer. This permits to demagnetize thicker workpiece more effectively. 寸法 有効脱磁面 ストック番号 型式 容量 脱磁時間Dimensions (mm) Effective 電源 重量 Stock No. Model Area(mm) Input Capacity Demagnetization L2 (kVA) Duration(sec) Weight(kg) L1 W1 H L2 W2 S970505 HiDD11.10 230 250 209 115 100 AC100V 約0.3 4 約10 L1 脱磁ボタン S970506 HiDD22.20 330 380 (275) 220 200 50/60Hz 約0.6 約75 動作表示灯 脱磁作業面 6 S970504 HiDD33.40 630 650 700 400 320 3相AC200V50/60Hz 約1.0 約300 F.L DE 三相型 脱磁器 Table Type Demagnetizer(3Phase) 用 途 Applications ●●残留磁気を除去させる装置です。 Equipment for removing residual magnetism. 特 長 Features ●●対象ワークがベアリングの内輪、外輪の様なドーナツ状のワークを脱磁するのに有効です。 Suitable for demagnetizing doughnut shape workpiece such as inner ring and outer ring of bearing. ●●三相交流電源を供給する事で3つの極に交番磁界を作り脱磁します。 DE generates alternating magnetic field to 3 poles by supplying 3 phase AC power source. 2 磁気有効範囲 φ205 2PNCT 2mm 4芯 ファン 緑色:アース線 換気方向 寸法 ストック番号 型式 Dimensions (mm) 電源 定格電流 使用定格 容量 重量 Stock No. Model 幅 高 Input Rated Current Usage Rate Capacity(kVA)Weight(kg) Width Height S970701 DE-10S □320 235 3相 200V 50/60Hz 約10/8.3 A 8時間 (7H連続・1H休止) 約3.4/2.9 約 50 260 4-φ9通し 電源ランプ (22) 320 (22) 電源ブレーカスィッチ DF 直流減衰型脱磁装置 DC Attenuation Type Demagnetizer(3Phase) DR 永久磁石型脱磁装置 DR Permanent Magnet Type Demagnetizer 特 長 Features 特 長 Features ●●ワークを移動させることなく、残留磁気を除去させる装置です。(板厚が厚い ●●永久磁石を使用した脱磁方式のため脱磁コイルを持たず、ローラ回転用モータ ワークが対象になります。) 電源のみの省エネ脱磁装置です。 Remove residual magnetism from the workpiece without moving it. DR uses permanent magnet and electric motor for demagnetization instead of demagnetizing coil. This gives DR energy-saving characteristics. ■製作例  Manufactured Product ■製作例  Manufactured Product 注意 Caution 1. 脱 磁器・脱磁装置周囲にOA機器、時計、磁気カード、計器類などを近づけないで下さい。 Do not bring ožce automation equipment, watch, magnetic card or measuring gauge near a demagnetizer. ※磁力により故障することがあります。 Failure to abide by this may damage them. 2. 脱 磁器・脱磁装置周囲に金属類の物を置かないで下さい。 Do not leave metal object near a demagnetizer. ※電磁誘導作用により発熱し、危険です。 It may generate heat by electromagnetic induction and may causes burn injury or šre. 3. 脱 磁器・脱磁装置は、電磁誘導作用により、発熱し高温になるものがあります。 Some demagnetizer may generate heat to a high temperature by electromagnetic induction. ※やけど、火災などの危険性がありますのでご注意願います。 Please be careful not to get burn injury or šre. 3 W2 235 346 H W1 320 366
Page4

脱磁0.5mT(5ガウス)以下に挑戦しています! We Are Targeting Residual Magnetism at 0.5mT (5Gauss) and Below! ◎ワークの大小、形状に合った装置をデザインします。 Hishiko will design the demagnetizer which is appropriate to size and shape of workpiece. ■製作例 Manufactured Product KDBC31.39M01 HiDD70.60M01 DEC-10M01 KDBC40.30M06 DEC-10×2M01 KDAC28.22M01 脱磁結果はワークの種類、形状、材質等の条件に左右されます。 The result of demagnetization depends on the type, shape and material of the workpiece. リトルダイヤモンド 株式会社 WEBサイトでHishiko会社案内および製品情報をご覧いただけます URL.http://www.hishiko.co.jp 本 社 川越工場 〒130-0026 東京都墨田区両国 4-37-3 両国イーストビル 2F 〒 350-0833 埼玉県川越市芳野台 2-8-9 川越工業団地 TEL.03-6659-9020 FAX.03-5638-2772 TEL.049-223-1701 FAX.049-223-1901 本社営業所 技術相談窓口 : 0120-24-1701 〒130-0026 東京都墨田区両国 4-37-3 両国イーストビル 2F TEL.03-6659-9020 FAX.03-5638-2773 中部営業所 〒 467-0863 愛知県名古屋市瑞穂区牛巻町 12-9 TEL.052-883-3031 FAX.052-883-5345 大阪営業所 〒 577-0067 大阪府東大阪市高井田西 3-8-19 取扱販売店 TEL.06-6782-8801 FAX.06-6782-8802 広島出張所 〒733-0024 広島県広島市西区福島町 2-33-6(小池酸素工業㈱広島営業所内) TEL.082-208-5290 FAX. 082-208-5290 溶材営業所 〒 350-0833 埼玉県川越市芳野台 2-8-9 川越工業団地 TEL.049-222-2000 FAX.049-223-1444 International Inquiry 2-8-9,yosinodai,Kawagoe-city,Saitama,350-0833 Japan ● 本文中の仕様は改良等のため予告なく変更することがあります。 TEL.+81-49-222-2000 FAX.+81-49-223-1444 ● このカタログの内容は2018年1月現在のものです。