1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.9Mb)

多能工型 ・ ラボラトリーオートメーションシステム アルフィス ・ ラボティクス6

製品カタログ

熟練の研究者にしかできなかった作業が365日24時間できるように 1台で複数作業に対応!ラボワーク自動化ロボットシステム

作業効率化やミス削減を目的として、研究・開発現場で重宝される“ラボワーク自動化設備”。
分注機のように単一の作業にしか対応できないものがほとんどのため、「1台でいろんな作業に対応できるようにればいいのに…」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。
その願いを叶えてくれるのが、ALFISのラボワーク自動化ロボットシステム『Labotics6』です。

6軸協働ロボットを搭載しているので、これまで熟練の研究者の高度な手技でしか行えなかった繰り返しのラボワークを365日24時間休むことなく、秒単位・0.1mmの精度で再現。
専用治具を取り替えるだけでピペットを用いた試薬の分注・吸引から、攪拌、細胞培養・播種など幅広い作業に対応できます。
装置内は清浄度ISOクラス5以下を実現、AC100V対応で追加工事不要など、使い勝手も抜群です。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 多能工型 ・ ラボラトリーオートメーションシステム アルフィス ・ ラボティクス6
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社JRC(ALFIS) (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

多能工型 ・ ラボラトリーオートメーションシステム アルフィス ・ ラボティクス6 やっと見つけた 本当に頼りにできる 私の研究パートナー 複数作業 拡張機能 清浄度ISOクラス5 誰でも リモート AC100V 省スペース対応可能 追加可能 以下 簡単操作 操作可能 電源使用 簡単移動 特許出願済
Page2

あなたの研究室にも 新時代の幕開けにふさわしい ラボラトリーオートメーションを 研究者にとって最良のラボラトリーオートメーションとは何か。 私たちアルフィスの “ ルーツ ” とも言えるその命題に 新進気鋭のエンジニアたちが真摯に向き合い、導き出した製品開発ポリシー。 従来、熟練の研究者でなければできなかった高度な手技を精確に代替できること。 専用機では叶わなかった複数作業にも柔軟に対応できる汎用性を備えること。 自動化導入の障壁となる操作の難しさ、過大なサイズ、高コスト要因を取り除くこと。 そして、これまでの自動化装置とは一線を画する、このシンプルでユーザーフレンドリーな 多能工型・ラボラトリーオートメーションシステムは誕生しました。 アルフィス・ラボティクス6。 研究者を煩雑なルーチンワークから解放し、 研究スピードを加速させ、確かな成果を生み出すために。 2
Page3

3
Page4

熟練研究者の高度なラボ作業を 自動化 。 これまでのラボラトリーオートメーションは、分注や攪拌などの単一作業にしか対応できないものがほとんどでした。 「ラボティクス6」は6軸協働ロボットを搭載し、熟練研究者の高度な手技をミリメートル単位・秒単位で再現可能。 また、ツールチェンジャーによる汎用性と、多彩なユニット(オプション)による機能拡張性を備えています。 研究実験の再現性・信頼性を担保しながら、研究者本来のクリエイティビティ実現に向けた環境づくりを支援します。 繰り返し位置決め精度は ± 0.1mm 以下 ツールチェンジャーを搭載し、幅広い作業の連続自動化を実現 サンプル調製時のピペットを用いた繰り返しの分注など、従来の手技ではミスや結果データのバラツキが 「ツールチェンジャー」の搭載により、容器キャップ の開閉、ピペットでのウェルプレートへの試薬の分 発生しやすい高度なラボ作業ついて、ラボティクス 6 は常に同一条件で実験を継続し、毎回同じ結果を 注、試験管の搬送など、研究者の幅広い実験手技 を代替し、複数作業の連続自動化が可能となりまし 得ることを可能にします。実験の成否や再現性を個人の技量に依存する必要がなくなり、そのプロセスの た。工程のはじめから終わりまで、人の介入なしで、 作業を完結でき、作業者の負担軽減とともに、コン 最適化・高度化による新たな研究成果の創出、研究スピードの大幅な向上に貢献します。 タミや取り違いなどのリスクを低減します。(独自の ツールや動作プログラムの開発も別途対応可能) 培地供給ユニット(オプション)の併設により、さらなる長時間連続自動運転が可能に 拡張機能 オプション装置の「培地供給ユニット」をラボティクス 6 に併設して使用することにより、細胞培養における液体培地の供給が 追加可能 自動化され、さらなる長時間の連続自動運転が可能となります。装置内部の最適な設計により、500ml の角型培地容器を最大 で 3 本まで搭載可能。※ また、送液部品は簡単に取り外しでき、オートクレーブによる滅菌が可能で、メンテナンスも容易です。 培地供給ユニット(オプション)の仕様(標準タイプの場合) 装置外形寸法 W650mmⅹD800mmⅹH1800mm ※ 装置重量 100 ~ 120 kg ※ 培地交換機能 ペリスタリックポンプによる培地供給機構 培地種類 1 種類 送液ポンプ・チューブ 取り外し可能、オートクレーブ対応 操作パネル タッチ式 8.4 型 TFT カラー液晶 使用電源 AC100V 50/60Hz 4
Page5

熟練研究者の高度なラボ作業を 自動化 。 6 軸協働ロボット[ユニバーサルロボット UR3]搭載 ラボティクス 6 の代名詞といえる「多能工型」の実 現にあたり、高い汎用性と拡張性を備えた6軸協働 ロボット[ユニバーサルロボット UR3]の採用は必 複数作業 然でした。アルコール等の噴霧にも対応する保護等級 対応可能 「IP64」、人との協働には不可欠な安全性(指 1 本 触れる程度= 5N 以下で即時停止)、小型・省スペー ス設計など優れた特徴を有します。 ツールチェンジャーを搭載し、幅広い作業の連続自動化を実現 ストッカーユニットで繰り返し作業の大量処理にも対応 「ツールチェンジャー」の搭載により、容器キャップ の開閉、ピペットでのウェルプレートへの試薬の分 ライフサイエンス研究の現場には、繰り返しの分注など煩雑で高度な作業の大量処理が求められるシー 注、試験管の搬送など、研究者の幅広い実験手技 を代替し、複数作業の連続自動化が可能となりまし ンが多くあります。アルフィスが独自開発した、持ち運びも可能な「ストッカーユニット」は、一般的なウェ た。工程のはじめから終わりまで、人の介入なしで、 作業を完結でき、作業者の負担軽減とともに、コン ルプレートであれば1台に 15 枚の収納が可能。供給側/排出側の2台を1セットとして装置内に最大 タミや取り違いなどのリスクを低減します。(独自の ツールや動作プログラムの開発も別途対応可能) 3セット設置でき、連続無人運転の実現に貢献します。(ウェルプレート以外の仕様も別途製作可能) 培地供給ユニット(オプション)の主な特長 必要作業は送液部品と容器のセットのみ 容器のキャップ開けも自動で対応 作業者が行う作業は送液ポンプ・送液 一般的なねじ口キャップ(中栓なし)の チューブおよび液体培地の入った容器を ボトルであれば、装置内部でキャップを セットすることのみ。容器が開封状態のと 自動で開けることが可能です。 きに人の手に触れる恐れがありません。 次の容器の開始、空容器の排出も自動 送液部品は取り外して滅菌が可能 容器が空になればセンサが感知し、自動 送液ポンプ・送液チューブは簡単に取り で次の容器の使用が開始されます。空に 外しが可能で、高圧蒸気滅菌(オートク なった容器は排出ボックスへ自動で排出 レーブ)にも対応しています。 されます。 ※ 製品仕様により外形寸法・重量は変動します。お客様のご要望に応じた仕様変更も可能ですのでご相談ください。 5
Page6

研究者と研究室を選ばないユーザ ビリティ を追求。 これからのラボラトリーオートメーションは、研究者の誰もが簡単に操作でき、 どの研究室にも設置でき、いつ、どこからでも操作できる必要があるとアルフィスは考えます。 ラボティクス6は、ユーザビリティを追求し、そのこだわりを随所にちりばめました。 HEPAフィルター搭載。装置内・清浄度 ISO クラス 5 以下を実現 装置上部に HEPA フィルターを標準搭載。いわゆる 「垂直送風型クリーンベンチ」の機能を備えています。 清浄度「ISO クラス 5」以下を実現し、微生物や細 胞の培養、医薬品の調整など、 清浄度 無菌操作が求められる環境を ISOクラス5 本製品のみで作り出すことがで 以下 きます。(より高度な ULPA フィ ルター仕様も別途製作可能) 清浄度 ISO クラス 5 社内における評価試験にて実証済み [評価試験について]測定機器:カノマックス社製ハンドヘルドパーティクルカウンター Model 3889(S/N.850115)を使用。 装置内中央部にカウンター 1 台を設置し、ISO 14644-1:2015 に準拠した測定時間・回数にて実施。全測定結果の基準内を確認。 一般家庭用 AC100V 電源で すぐに使える。どこでも使える ラボティクス 6 は一般家庭で用いられる AC100V 電源のみで稼動します。業務用 AC200V 電源の追加工事が不要ですので、 導入・設置後すぐにご使用いただけます。 消費電力は 450W につき、1 日あたり 8 時間稼動させたとしても、電気代は約 90 円と非常に経済的です。(仕様により 変動) AC100V 電源使用 [参考表] 清浄度クラスの上限濃度(個 /m3)(ISO 14644-1:2015 より) 6
Page7

研究者と研究室を選ばないユーザ ビリティ を追求。 タッチパネルで希望の作業レシピを選ぶだけの簡単操作 ロボット操作には、プログラミング言語などの専門知識や教示作業(ティーチング)、 誰でも さらには専用端末も必要ありません。本体前面上部のタッチパネルから希望の作業 簡単操作 レシピを選んで、運転・停止ボタンを押すだけで誰でも簡単に操作できます。 タッチ式 10.4 型 TFT カラー液晶ディスプレイを搭載し、誰 [操作画面イメージ]各種作業レシピと操作ボタンのほか、 でも指先ひとつで簡単にロボットの操作が可能。 装置内の温度・湿度・清浄度・残り作業時間を表示。 無線通信機能搭載。タブレットなどモバイル端末による遠隔操作が可能 お持ちの PC、タブレットから誰でも簡単に操作でき、自動/手動の運転切り替えも可能。また、IoT を 駆使して、現在の作業・検査の進捗状況をリアルタイムに画面に表示します。これにより研究者本人は 離れた場所で別の作 業に従事しつつ、リ モートでの操作、作業 状況の確 認・管 理が 可能です。 リモート 操作可能 [リモート操作のイメージ]作業・検査の状況は、離れた場所から、リモートでのコントロール& モニタリングが可能。研究者本人が施設や設備に縛られない、よりアクティブな研究活動が可能に。 一般家庭用 AC100V 電源で すぐに使える。どこでも使える 設置場所を選ばない省スペース設計。キャスター付きで移動も簡単に ラボティクス 6 は一般家庭で用いられる AC100V 電源のみで稼動します。業務用 従来のラボラトリーオートメーションは、大型で AC200V 電源の追加工事が不要ですので、 導入・設置後すぐにご使用いただけます。 省スペース 据付式のものが多く、設置スペースが限られた 消費電力は 450W につき、1 日あたり 簡単移動 小規模の研究施設では導入が困難な場合が多 8 時間稼動させたとしても、電気代は約 くありました。対して、ラボティクス 6 は一般の 90 円と非常に経済的です。(仕様により 乗用エレベーターにも積載可能なコンパクトサ 変動) イズ※です。(装置サイズ変更も別途対応可能) さらに、キャスター付きのため、研究室のレイ アウト変更時や他の研究室での利用時など必 要に応じて簡単に移動することができます。(付 属の固定脚により据え付けも可能) ※ 製品仕様により外形寸法・重量は変動します。お客様のご要望に応じた仕様変更も可能ですのでご相談ください。 7
Page8

外形図(標準寸法図) 仕様(標準タイプの場合) カラーバリエーション 装置外形寸法 W1200mmⅹD800mmⅹH1960mm ※ 装置重量 80 ~ 100 kg ※ 繰り返し搬送精度 ± 0.1mm 移動設定速度 MAX1500mm/sec(設定値の最大入力値) 清浄度 ISO クラス 5 以下 保護等級 IP64(6軸協働ロボットについて) 操作パネル タッチ式 10.4 型 TFT カラー液晶 使用電源 AC100V 50/60Hz ※ 製品仕様により外形寸法・重量は変動します。お客様のご要望に応じた仕様変更も可能ですのでご相談ください。 セルリアンブルー クリアホワイト cerulean blue clear white 安全に関するご注意 ご使用前に「使用説明書」をよくお読みの上、正しい電源・電圧で安全にお使いください。 ◎ 本製品は特許出願済みです。(特願 2018-109380) ◎ 本カタログに掲載された社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。 ◎ 改良のために、予告なく製品の外観・仕様などを変更する場合があります。 ◎ 本カタログに掲載の写真・イラストはイメージです。実際の製品とは異なる場合がございます。 ◎ 本製品は日本国内向けの仕様です。海外でご使用の際は弊社までご相談ください。 ◎ 本カタログに掲載の内容は 2019 年 2 月現在のものです。 ロボットSI事業本部[アルフィス] メディカル・LA 事業部 〒 591-8025 大阪府堺市北区長曾根町 130 番地 42 さかい新事業創造センター[S-Cube]201 号室 1902AZAP