1/7ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.1Mb)

エナジ-バルブ テストレポ-ト 香港理工大学での事例

事例紹介

エナジ-バルブは、高性能アクチュエイタ-付きのイコ-ル・パ-セントバルブです。

エナジ-バルブは、高性能アクチュエイタ-付きのイコ-ル・パ-セントバルブです。
流量、サプライ温度、リタ-ン温度を測定する事により、コイル性能のモニタ-やコイルのエネルギ-消費状況を最適化します。 又、デルタTを保全する事により、快適な温度を損なう事なく、エネルギ-が節約されます。

香港理工大学は、20棟以上のビルディング、数十を超える研究施設を持つ公立大学です。
エナジ-バルブの利点を理解して頂いた後、大学の施設管理担当者は、この革新的な製品に興味を持ち、このキャンパスでエネルギ-をセ-ブする事になりました。
こうして、エナジ-バルブのトライアル・テストは、2014年9月に行われました。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 エナジ-バルブ テストレポ-ト 香港理工大学での事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 2.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ベリモアクチュエイターリミテッド (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

アジアパシフィックにおけるEVの納入実績
事例紹介

ベリモアクチュエイターリミテッド

The complete product range.
製品カタログ

ベリモアクチュエイターリミテッド

このカタログの内容

Page1

エナジ-バルブ テストレポ-ト 香港理工大学での事例 流エ序ナ量説エ事ネなルジく、、サ-ギエプバ-ネラル消ルイブ費ギ温は状-度、況が、高をリ節性タ最約能-適さアン化れク温しまチ度ますュをす。エ測。イ 定タ又す-、る付デ事きルにのタよTイをりコ保、-コ全ルイす・ルパる性-事能セにのンよモトりバニ、快タル-適ブやなでコ温すイ。度ルをの損なう 香エにナ興港ジ味理-を工バ持大ルち学、ブはこの、の利2キ0点棟ャを以上のビルディング、数十を超える研究施設を持つ公立大学です。 エナジ-バルブ こうして、エナジ-バルブンの理パト解スラしでイてエア頂ネルいル・たテギ後ス-ト、をは大セ、学-2の0ブ1施4す年設る9管月事理にに担行なり当わま者れしはまたし、。こたの。 革新的な製品 PAUの設置情報 香港理工大学エ"設い にPナ設AUジ置--0さ3れバ-4まルF"しブはたは、。、"Q建R屋40の2"4と階"にQRあ40る3""QRコア"部分の"PAU-03-4F"ま計す流。量 (4.25 l/s) とコイルの容量 (89と kいWう) をク考ラス慮ルし-た結ム果にフ、DレNッ5シ0のュ とエいアうを空供調給室し内て バ1事2ル前℃冷ブでをす却冷。と却冷コ却イコルイにル設の置両し方まにす対。する、設計冷却水温(サプライ、リタ- エンネ)ジは-、7℃と 1
Page2

設置写真 段階的なテスト 写真1:エナジ-バルブ設置 写真2:設置作業完了 又テ位ス、置アト制期ク御間:は 、3段階に分けて行いました。: バ標流準ル量ブ的制はな御 チ ど制: ュ の御 エ標バイ準タル圧-ブ力はに、D依D存C する制御バルブとして動作します。 維持します。 イ様流コな量-圧がル力 で・パ変の性設定-化流セ 制御信号に基づ に能量ンも を をト反 確 超バ応 認 えルし し なブて てと、置しDきい様て いて DCま動すに維制作 。動 持御し 作 し信まて号す しま。す。 比較対象として、 d流T量の制セッ御ト+ポデイルントタは T、 マ分ネ析ジツャ--ル:  (専イコ用-のルエ・クパセ-ルセ フンァト、バ かシらのイルルス)ブテ セ にとム ッ効ト率ポをイ高ンめト位ま置すを。 さ流デれた値を設定します。 もし、dTの測定テル量スタがト 期dTT 間マセネット-ポジイャン-トに値よにりな、るDD様Cにのバ制ル御 値ブ信がの号セ開にッ度ト関ポ調係イ整なンをくト行、よいりもま低よ しくて動す。りな、っ微 作た調し場整ま合す、。 2
Page3

デ-テ分タ分ス析ト析期方間法:: 位9/置3 ~制 御9/13 2014年 関ア冷左ク係却記チをコチュイ示ャエル-しイてのトタはい設-、ま計のDす流D位Cの制御信号、いフでロすま-す。 が。こ起のこ期っ間てにいお 。量い置はて、及、、オび流量のた事が示4.さ2-5れ バl/てs- い位左のま温置記すチ度制。ャ御と-温のトは、殆どコイ度 は差、Δ冷T水のサ関プ係ラをイ示としリてタ-ン 以起下こりでますしのたで動。ル、作のロ時設-間計・デ中温ル、度温タでT度あ症差る候Δ5群℃Tが コ温ロイ度-ル差・のデ性ルが能タム低 ダT下に 、症低コ候イくなル群りの:すサぎイたズ為がに適∆T 、切過で剰なない供、給制水御量弁、のシオス-テムバの-非サ効イズ率、、バエラネンルシギン-グとバおル金ブのがム無ダい、短等寿の命理、由高で維、サ持プライ温度左記チ費ャ等-をト生ん とリタ-ン温度の s1 B動のM作間Sの時で推経の移時供し記給はま録エ、供 でし給まエうア事しアデた--。温タで度すは- 。 。、温1度7~を2示1℃す 3
Page4

デ-テ分タ分析流ス析量ト期セ方ッ間法ト:ポ: イント 流94/.2量253 制 l/~s御 9/27 2014年 為を流超量え制る御 (でオは-、バ測-定フ流ロ量-が) の設を定防流ぐ量Dを従D無っにCて効コ、エ、マにアナンしクジドまチ通-すバュり。エルでイブはタはあ-、りのDまD位せC置制んは御。 、信号 で症殆し候どたの群の時がで間、、起でまこ、だっ温、て度ロい差-ま ・ΔデしTたルが。タ5 ℃T 未満 供にさいらま保給にすたエ、。れア流-温度が常に影響を及、量位ぼの置し制制て限い御がまよ に供り、も給17安エ~定ア20し-℃せん。 て温度 4
Page5

デ-テ分タ分流Δス析量Tセト 析期セ方ッッ間ト法トポ:ポ:イインントト 流1460. 2℃量/57 制 l/~s御 1 0+/ Δ11T マ20ネ14-年ジャ- こまそテのすスれテト。は期ス外間ト気期よ温間りがも中少下、な冷がく却っなたのっ為要てと求い思がまわす、れ他がの、 低Tがが 症流、、セ今候量ッ回群なトのは為ポテ、、イ全ス冷ントく却ト期起よ水間りこ温もり中差高ま、ΔせかロんT-っのたで・デ殆でしルどたすタ。 こ供れ給まエでアの-制温御度よはり、安約定17し~て1い8℃ます。 。 5
Page6

デ- 流下量記制テ タ-分ブ析 - 総合的な流量比較 流80量%か制ら御御60の ルには、 +% に総Δ変流Tマ化量ネしは 3位つの制御-た。ジ置)ャ制-御はの によ約る、総流40 総%減流量がに 量が さならり 、 にま 記 少す 録。されています。なくなっています。 主な原因は冷却の要求が少ない為でした。 (DDC制御命令が ポ位このン置事プ制のか御基らと、本流P特量AU性制-0を御3適-の4用F総のす流パる量ワ。を:- 比は流較、量す(1はる -スと 3ピ:4 .-6( 5%ド7) に1=.4 比6559例. 4/ 、 %8圧力は速度の参考の為に、それぞれのテスト期間の最大外気温を下記に 1の示3.節し73ま約8)す3に =。な  3っ4.6 2た 乗%事にが比分例か、りパまワす-。はスピ-ドの3乗に比例する。(香港天文台より) 6
Page7

結 ・論・ 従・ 又 来、 の制御ロ期-間快・にデ適はルさ起タを バ保ルブと比べこT り症ちま候つし群つたは、。ポ てンプ、エパナワジ-バ、流量制御- +を Δ節 ルブは、冷却バルブに加えてバランシング機能を提供する(事オーがバ出-来フまロす-。の排除。) ・ シものステと考ムえのらモれニまタす-。や、 傾従向っ確て認、Δ・分T 析マツネ T約マ-すネジる-ャだ-ジけャがで-、なロのく-テ、ス流ト量期を間制に限はす全るく事起にこよりまり、せ冷ん却で水しをた節が約、位す置る事制が御出と流来量ま制す御。 のテスト ・ こ出の来テまスすト。結果から、他エリアに対しても、-以ル下とのし用て途用でいエるナ事 ・デルタT の問題を解決して、その結果、冷水を節約する事に貢献する ○ 冷却水のバランシングの不具合の解決 ジ で-、バオルペブレ-を設タ-置はす冷る事却を水薦シめスまテしムたの。性能を完全に把握する事が ○○ 省冷却エネ水ルシギス-テムに対するデ-タの透明性 7