1/10ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.4Mb)

SPECTRUM社 製品案内2019年版

製品カタログ

デジタイザの基本機能,製品一覧,アプリケーション例を紹介

◆特徴
省スペース/収集データを高速にPCに転送:PCに装着(PCIeインターフェース)或いは、PCとLAN接続(NETBOX)PCオシロ:手持ちのPCがオシロスコープに!
◆主な機能
デジタイザ:サンプリング速度:10kS/s〜5GS/s
分解能:8ビット〜16ビット
チャンネル数:1,2,4,8,16〜48
豊富な解析機能(SBench6)
AWG:箱型と比較して安価

このカタログについて

ドキュメント名 SPECTRUM社 製品案内2019年版
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社エレクトロニカ IMT事業部 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

オシロスコープとデジタイザはどう違う?【ハンドブック】 ver3
ハンドブック

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

自動車計測への応用
事例紹介

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

SPECTRUM INSTRUMENTATION
製品カタログ

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

このカタログの内容

Page1

製品の機能と形状 手始めにdigitizerNETBOX デスクトップに挿入しての使用 (装置への組み込み用途) デジタイザとPCを用いて、 信号を補足・表示・格納 AWG イーサネット NETBOX デジタイザPC+SBench6* DIO SBench6*を用いてLAN経由で、それぞれの計測条件を コントロール、計測結果表示+演算/報告書へ ボードをデスクトップPCに挿入 8カードまで同期可能 ソフトウェア対応 SBench6 https://www.imt-elk.com/products/sbench6 主な機能 Standard:波形表示、データ保存、データ生成他 SBench6-Pro:種々の演算(FFT、SN比計測)、レポーティングをサポート Sbench6-Multi: SBench6-Proと一緒に使用して、複数台を同期しての操作 各種ソフトウェア対応 Windows, ,Linux環境下で、様々なプログラム言語によりコントロールする事ができます。 C/C++, Visual basic, VB.NET, C#, Delphi, Python, JAVA, LabVIEW etc.
Page2

特長 省スペース、収集データを高速にPCに転送 :PCに装着(PCIeインタフェース)、PXIeインタフェース或いは、PCとLAN接続(NETBOX) PCオシロ:手持ちのPCがオシロスコープに! 主な機能 デジタイザ:サンプリング速度:10kS/s~5GS/s 分解能:8ビット~16ビット チャネル数:1,2,4,8,16 ~48 豊富な解析機能(SBench6) AWG:箱型と比較して安価 用途 分光計、医療機器(OCTなど)、自動車関連、自動試験装置、大規模物理実験装置、レーザ応用(Lidarなど)、 航空宇宙、レーダー、超音波、電波望遠鏡 SCAPP (Spectrum’s Cuda Access-Parallel Processing) M4i, M2pシリーズ NVIDIA GPU デジタイザ、AWG、DI (CPUとは独立して、 高速演算・解析) 生データの高速伝送 演算結果 CPU グラフィックカードメーカーNVIDIA社が 提供するGPUコンピューティング向けの統合開発環境(CUDA) 下での、高速演算処理を行う。 OS環境:LINUX StarーHubによるカード間同期 増幅器 Star-Hubオプションにより、 Spaシリーズの前置増幅器を クロック、トリガなどの同期が 揃えています。 行えます。 プログラムレスで接続できます。 M4iシリーズ:最大8カード M2pシリーズ:最大16カード
Page3

デジタイザの機能と特長 同時サンプリング SPECTRUM社のデジタイザは、全て完全な同時サンプリングを実現して います。全てのチャネルは、独立した入力アンプを持っており、入力チャ ネルに関連する種々のセッティングは、全て個々に設定することができ ます。 内蔵FPGAによる演算機能 ◆PCIe、PXIe、digitizerNETBOXの44xxと22xxシリーズのデジタイザは、 全て搭載されたFPGAにより機能拡張されます。 Block Average Processingは、多くの繰り返し信号の積算と平均化が行え ます。Block Statics Processingは、収集データの最小、最大のピークを求 めます。 ◆PCIe、PXIe、digitizerNETBOXの44xxシリーズには、移動平均機能が組 み込まれており、ノイズを平滑して、SNR、SFDR、ENOB等を向上する事 ができます。 Transient Capture/リングバッファモード このモードでは、トリガイベント毎に、pre, postトリガを含むデータがバッ ファメモリに連続して書き込まれます。さらに、データ収集中でも、トリガ 毎にデータが格納されます。 FIFOモード FIFOモーでは、デジタイザとPCメモリ或いはハードディスク間の連続的な データ転送を行えます。ボード上のメモリを実際のFIFOバッファとし、非 常に信頼性の高い転送を実現しています。 最大3.4GB/sで連続的な転送速度を目的としています。 マルチプルレコーディング マルチプルレコーディングは、ハードウェアをソフトウェアで再タートせず に、トリガ毎にデータ収集を可能にします。デジタイザの内蔵メモリは、 セグメントに分割され、各トリガ毎に、データを記録します。 ゲーティッド サンプリングモード (M2i,M4i及びdigitizerNETBOX) このモードのデータ収集は、外部ゲート信号により制御されます。ゲート 信号がプログラムされた値に達した場合に、各ゲートの前後に設定され たデータ数が収集されます。 ABAモード/デュアルタイムベース ABAモードは、マルチプルレコーディングモードに似ていますが、セグメ ントデータ間の指定した範囲で(例えば、データモニタなどの目的のた めに)より遅いサンプリングレートでのデータ収集を行えます。 ABAモードでは、1つの測定器の中で、トランジェントレコーダと一般的 なレコーダのコンビネーションが可能です。 タイムスタンプ タイムスタンプは、計測スタートからの時間、計測トリガ、GPSからの受 信信号に同期して出力されます。 これにより、異なる位置にあるシステムの収集データを正確な時間関係 で測定可能にします。
Page4

22xxシリーズ 8ビット 高速デジタイザ(~5GS/s) ・サンプリングレート:1.25GS/s~5GS/s ・帯域:500MHz~1.5GHz (入力インピーダンス 50Ω) ・マルチチャネル対応:1~24チャネル ・機能/モード:リングバッファ、セグメントントモード、ゲートモード、タイムスタンプ、ABAモード ・カード内蔵データ分析信号処理 :ブロック平均およびピーク検知 ・トリガ機能:レベル、エッジ、ウィンドウ、re-Arm、OR/AND ・GBitイーサネット ・GBitイーサネット ・リモートコントロール ・リモートコントロール ・転送速度:100MB/s ・転送速度:100MB/s ・SMAコネクタ ・SMAコネクタ ・DCパワーオプション ・~24チャネル ・~8チャネル ・PCIe x8 Gen2 ・PCIe x4 Gen2 ・転送速度:2.5GB/s ・転送速度:1.7GB/s ・同期:Star-Hub 8カード ・PXIe referece clock ・SMA、MMCXコネクタ trigger サポート ・SCAPPオプション ・SCAPPオプション 44xxシリーズ 14/16ビット 高速・高分解能デジタイザ(~500MS/s) ・サンプリングレート:130MS/s~500MS/s ・帯域:50MHz~1.5GHz(入力インピーダンス 1MΩ/50Ω) ・マルチチャネル対応:1~24チャネル ・機能/モード:リングバッファ、セグメントントモード、ゲートモード、タイムスタンプ、ABAモード ・カード内蔵データ分析信号処理 :ブロック平均およびピーク検知、移動平均 ・トリガ機能:レベル、エッジ、ウィンドウ、re-Arm、OR/AND ・GBitイーサネット ・GBitイーサネット ・リモートコントロール ・リモートコントロール ・転送速度:100MB/s ・転送速度:100MB/s ・SMA、MMCX ・SMA、MMCX ・DCパワーオプション ・~24チャネル ・~8チャネル ・PCIe x8 Gen2 ・PCIe x4 Gen2 ・転送速度:2.5GB/s ・転送速度:1.7GB/s ・同期:Star-Hub 8カード ・PXIe referece clock ・SMA、MMCXコネクタ trigger サポート ・SCAPPオプション ・SCAPPオプション
Page5

59xxシリーズ 16ビット 汎用デジタイザ(~125MS/s) ・サンプリングレート:20MS/s~125MS/s ・帯域:10MHz~50MHz (入力インピーダンス1MΩ/50Ω) ・マルチチャネル対応:1~48チャネル ・機能/モード:リングバッファ、セグメントントモード、ゲートモード、タイムスタンプ、ABAモード ・トリガ機能:レベル、エッジ、ウィンドウ、re-Arm、OR/AND ・GBitイーサネット ・GBitイーサネット ・リモートコントロール ・リモートコントロール ・転送速度:100MB/s ・転送速度:100MB/s ・SMAコネクタ ・SMAコネクタ ・DCパワーオプション ・~48チャネル ・~16チャネル ・PCIe x4 Gen1 ・転送速度:600MB/s ・同期:Star-Hubによる 16カード連携 ・SMA、MMCXコネクタ ・SCAPPオプション その他のデジタイザ PCIe M2i.20xx-exp DN2.20x-xx 20xxシリーズ ・8ビット ・サンプリングレート:50MS/s~200MS/s ・2~4チャネル ・入力インイーダンス(1MΩ/50Ω) PCIe M3i.21xx-exp 21xxシリーズ ・8ビット ・サンプリングレート:250MS/s~1GS/s ・1~2チャネル ・入力インイーダンス(1MΩ/50Ω) PCIe M2i.46xx-exp DN2/DN6.46x-xx 46xxシリーズ ・16ビット ・サンプリングレート:200kS/s~3MS/s ・2~8チャネル ・入力インイーダンス(1MΩ/50Ω) PCIe M2i.474x-exp 47xxシリーズ ・16ビット ・サンプリングレート:1.33MS/s ・8~16チャネル ・入力インイーダンス(1MΩ/50ΩΩ)
Page6

AWG(任意波形発生器)の機能と特長 任意波形発生器(AWG)は、アナログ信号を発生する装置です。 デジタイザは、波形をサンプリングし、それをデジタル化し、メモリに格 納しますが、AWGは、内蔵メモリに波形の数値を格納します。選択され た波形データは、DATA変換器(DAC)へ送られ、適切なフィルタリング及 び信号処理をされて、アナログ波形として出力されます。 シングルショット プログラムされた波形は、外部トリガ或いはソフトウェアトリガ毎に一度 出力されます。 リピート出力 プログラムされた波形は、あらかじめ設定された数分、或いは停止コマ ンンドまで実行します。 シングル リスタート リプレイ このモードは、各トリガ毎に、メモリに内蔵されているデータ波形を一度 出力します。 FIFO FIFOモードは、SPECTRUM社のAWGに特有の動作モードです。 これは、コンピュータのメモリ、ハードディスクとAWG間の連続的なデー タ転送を行うように設計されています。データストリームのコントロール は、割り込みリクエスト方式で、ドライバによって自動的に行われます。 AWGの内蔵メモリは、連続的なストーリーミングのデータのバッファとし て使用されます。 繰り返し出力 繰り返し出力モードは、トリガ毎に波形を出力します。内蔵のメモリは、 いくつかの等しいサイズのセグメントに分割されます。セグメントはそれ ぞれ、どのメモリの内容が、どのトリガにより波形出力されるのかという データを含みます。そのため、このモードでは、非常に高速での反復波 形出力が可能です。 ゲーティッドリプレイ このモードは、外部ゲート信号によってコントロールされ波形データを出 力します。ゲート信号が、あらかじめプログラムされたレベルに達すると、 データは、再び出力されます。 シーケンスリプレイ このモードは、内部メモリを異なる長さのデータセグメントに分割し、そこ に波形データを格納します。これらのデータセグメントは、シーケンスメ モリを使用して、ユーザが設定した順に接続されます。シーケンスメモリ は、各セグメントのループの数とセグメント出力の命令を決定します。ト リガ条件は、セグメントからセグメントへの切り替えを定義することがで きます。単純にソフトウェアコマンドによる切り替えで切り替わるか、他 のセグメントの波形が出力されている間に、別のセグメントに波形デー タを並行再定義することが可能です。
Page7

66シリーズ 16ビット 高速任意波形発生器(AWG) ・サンプリングレート:625MS/s~1.25GS/s ・帯域:200Mhz~400MHz ・分解能:16 ビット ・マルチチャネル対応:1~4チャネル/カード、8~24チャネル(LXI NETBOX) ・機能/モード : Single Shot、繰り返し出力、FIFO出力、シーケンスリプレイ出力 ・GBitイーサネット ・GBitイーサネット ・リモートコントロール ・リモートコントロール ・転送速度:100MB/s ・転送速度:100MB/s ・SMAコネクタ ・SMAコネクタ ・DCパワーオプション ・~24チャネル ・~8チャネル ・PCIe x8 Gen2 ・PCIe x4 Gen2 ・転送速度:2.5GB/s ・転送速度:1.7GB/s ・同期:Star-Hub 8カード ・PXIe referece clock ・SMA、MMCXコネクタ trigger サポート ・SCAPPオプション ・SCAPPオプション その他の任意波形発生器(AWG) PCIe M2p.65xx-x4 DN2.60x-xx 65xxシリーズ ・16ビット ・サンプリングレート:40MS/s~80MS/s ・1/2/4/8チャネル ・FIFO、シーケンスリプレイモード
Page8

77xxシリーズ 32チャネル ロジックアナライザ ・クロックレート:~720MHz ・マルチチャネル対応:16~64チャネル/カード(1024チャネル/システム) ・機能/モード:Single-Shot, Multiple recording, Gate sampling, Streaming(FIFO)データ収集 ・PCIe x8 Gen2 ・転送速度:3.4GB/s ・同期:Star-Hub 8カード ・2 VHDCIコネクタ その他のデジタルIO、パターンジェネレータ PCIe M2i.70xx-exp 70xxシリーズ ・汎用デジタルIOカード ・サンプリングレート:~125MS/s ・LVTTL入出力 ・1~64デジタルチャネル ・FIFO、シーケンスリプレイモード
Page9

アプリケーション例 <マルチチャネル計測> 概要 主な仕様・特長 ・大規模物理実験装置、マトリックス状に配置した 測定データのEXCEL解析例 種々の素子の特性検査、大型装置などの多点の 信号を、効率よく且つ、同期測定できます。 ・チャネル数 カ-ド当たり 1,2,4,8ですが、 複数カード連携(最大で8台まで)可能。 また、NETBOXを使用する事により、サンプリングレー トによっては、1台のNETBOX当たり、最大48チャネル まで可能。 システム構成 イーサネット Sbench6のデータ解析例 NETBOX PC+SBench6 SBench6を用いてLAN経由で、それぞれの計測条件を コントロール、計測結果表示+演算/報告書へ <超音波計測> 概要 システム構成 判定分解能向上のためのセンサ信号の広帯域化 (周波数帯域の広帯域化が必要(500MHz以上))と、 超音波映像装置 対象の大型化に伴う、スキャン速度の高速化、 スキャンエリア拡大により、多量データ解析能力の 必然性がアップしてきており、高速・高分解能デジタイザ の要求がでてきています。 主な仕様・特長 超音波センサからの信号を確実に捕捉する 高速デジタイジング性能 最大5GS/s 高速デジタイジング、帯域2.5GHz 高データスループット性能 最大3.5GB/s データ転送スピード オンボードFPGAによるノイズ除去に必要なリアルタイ ムアベレージング機能 演算転送時間を削減するゲート指定によるデータ収 集機能 ゲート機能によるデータ収集
Page10

<TOFーMS 質量分析計> 概要 システム構成 従来のTDC(Time Digital Converter)タイ 組込用途として、デジタイザの高速アベレージング プの質量分析装置の欠点(複数分子構成の多 機能と画像拡大機能により、解析が容易 重イオンイベント未対応、飛行時間ダイナミック レンジが狭い)に代わるものとして、デジタイザ 測定波形 の積分機能を用いた装置が使用されています が、さらに、高速サンプリング、高分解能が求 められています。 主な仕様・特長 高速デジタイジング機能 最大 5GS/s 高速デジタイジング、帯域2.5GHz 高分解能(12ビット~) 、高SNR (積分)アベレージング波形 ローノイズ性能 → 繰返し測定回数の減少 →トータル測定時間減少 高データスループット 最大3.5GB/s データ転送スピード ボード上のFPGAによるリアルタイムアベレージ 機能 <LIDAR> 概要 応用例 ・大気中の粒子、ガスなどを検出するために、 大気中の粒子の検出 レーザを照射して、その反射光を検出・分析する 事により、その成分を検出する事が可能。 ・ドップラーLidarでは、大気の流れの変化を読取り 球状粒子 空港などのダウンバーストなどの観測に利用。 非球状粒子 Lidar また、自動車の自動運転用のサンサとしての 開発 Lidar も、急速に進められている。 echo デジタイザへの要求として、検出対象の大きさ、変化のスピードのバリエー echo ションにより、検出速度の高速化、高分解能、高SNRが求められています。 ・ 主な仕様・特長 ドップラーLidarによる風速解析 高速デジタイジング機能 最大 5GS/s 高速デジタイジング、帯域2.5GHz 高分解能(12ビット~)、高SNR ローノイズ性能→繰り返し測定回数の減少→トータル測定時間減少 高データスループット 最大3.5GB/s データ転送スピード ボード上のFPGAによるリアルタイムアベレージ及びピーク検出機能 省スペース&省消費電力: 装置全体のコンパクトパッケージ化