1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(633.9Kb)

Multi-Channelデジタイザの自動車計測への応用

事例紹介

多チャネルのデジタイザ/NETBOXの自動車の種々の信号の同期計測への応用の可能性を示している

多チャネル、サンプリング周波数範囲、測定モード、トリガの種類、チャネル間の優れた同期性能、拡張性、ターンキーソフトSBench6などが、自動車及び関連する多種多様のセンサ信号出力の同期測定に最適であり、性能測定の効率を大幅に上げる事が可能になります。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 Multi-Channelデジタイザの自動車計測への応用
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 633.9Kb
取り扱い企業 株式会社エレクトロニカ IMT事業部 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

オシロスコープとデジタイザはどう違う?【ハンドブック】 ver3
ハンドブック

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

自動車計測への応用
事例紹介

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

SPECTRUM INSTRUMENTATION
製品カタログ

株式会社エレクトロニカ IMT事業部

このカタログの内容

Page1

Multi-Channelデジタイザの自動車計測への応用 概要 各種ソフトウェア対応 Windows, ,Linux環境下で、様々なプログラム言語に ・サンプリングレート:1MS/s~5GS/s よりコントロールする事ができます。 ・チャネル数:~24(48)チャネル チャネル毎に独立した増幅器、ADCを持ち、 SBench6 チャネル間の同期計測を保証 ・機能/モード:リンングバッファ、ゲートモード 主な機能 セグメントモード、ABAモード Standard:波形表示、データ保存、データ生成他 タイムスタンプ SBench6-Pro:種々の演算(FFT、SN比計測) ・トリガ:レベル、エッジ、ウィンドウ、OR/AND レポーティング システム構成(NETBOXの例) 測定モード PC+SBench6 イーサネット デジタイザカード 測定データのEXCEL解析例 SBench6のデータ解析例