1/50ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード

テラセル・ジオセル工法

製品カタログ

テラセル各種工法を紹介しています。

このカタログについて

ドキュメント名 テラセル・ジオセル工法
ドキュメント種別 製品カタログ
取り扱い企業 東京インキ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

産業用インクジェットシステム TIC-JET
製品カタログ

東京インキ株式会社

パウダーレジン
製品カタログ

東京インキ株式会社

ルミネード シートタイプ
製品カタログ

東京インキ株式会社

このカタログの内容

Page1

TERRACELL® 立体ジオシンセティックス/ジオセル工法 テラセル工法 新技術名称:テラセル擁壁工法/登録番号:KT-090023-VE テラセルを壁面に用いた補強土工法 TERRAGRID®工法 NETIS 国土交通省新技術情報提供システム 活用促進技術 指定 緑化 ジオグリッド テラセル http://www.tokyoink.co.jp 本   社/ 〒114-0002 東京都北区王子 1-12-4 TEL.03-5902-7627 札幌営業所/ 〒065-0020 札幌市東区北二十条東 18-2-1 TEL.011-784-7772 仙台営業所/ 〒980-0801 仙台市青葉区木町通 2-1-18 TEL.022-274-3531 新潟営業所/ 〒950-0087 新潟市中央区東大通 1-2-25 TEL.025-245-3141 名古屋支店/ 〒452-0813 名古屋市西区赤城町 112 TEL.052-503-3721 大 阪 支 店/ 〒543-0013 大阪市天王寺区玉造本町 1-28 TEL.06-6761-0077 広島営業所/ 〒732-0827 広島市南区稲荷町 5-18 TEL.082-568-4400 福 岡 支 店/ 〒816-0912 福岡県大野城市御笠川 3-13-5 TEL.092-503-8979 17.9.3K TOKYO ink 1
Page2

NETIS 国土交通省新技術情報提供システム TERRACELL®活用促進技術 指定 テラセル工法 新技術名称:テラセル擁壁工法/登録番号:KT-090023-VE 目次 ■ テラセル擁壁工法  NE TI S ……………………………………… P4 ■ 路肩欠損対策工 …………………………………………………………… P10   施工事例 …………………………………………………………………………… P13    道路/水辺/砂防/鉄道/電力/構造物    狭小地/災害復旧/災害/その他 部材…………………………………………………………………………………………… P25 ■ テラセルのり面保護工法 …………………………………… P26 ■ テラセル覆土工法 ……………………………………………………… P26   施工事例 …………………………………………………………………………… P30    道路/災害復旧/鉄道/電力/水辺    施設/廃棄物処分場/覆土工法 ■ テラセルマットレス工法  NE TI S …………………… P34   施工事例 …………………………………………………………………………… P37    テラセル擁壁基礎/クレーン基礎    L 型擁壁基礎/管路基礎 ■ テラセル路盤補強工法 …………………………………………… P38   施工事例 …………………………………………………………………………… P40    工事用道路/駐車場/民間/仮設道路    市道/農道 テラセル特殊工法…………………………………………………………… P42 ■ RRS®工法 ……………………………………………………………………… P42 ■ 寒冷地のり面保護工法  NE TI S ………………………… P44 ■ ロング鉄筋工法(特殊フトンカゴ代替工法) ……………… P45 ■ Rock Geo BANK®工法 …………………………………… P46 ■ TERRAGRID®工法  NE TI S ………………………………… P48 ■ RTR®工法 ……………………………………………………………………… P49 2
Page3

TERRACELL 立体ジオシンセティックス/ジオセル工法NETIS国土交通省新技術情報提供システム ® テラセル工法活用促進技術 擁壁・のり面保護・河川護岸・路盤補強・構造物基礎など 指定 テラセル工法                 様々な場面で活躍します。 新技術名称:テラセル擁壁工法/登録番号:KT-090023-VE 3
Page4

テラセル擁壁工法 国土交通省 新技術情報提供システム NETIS 登録 登録番号:KT-090023-VE 新技術名称:テラセル擁壁工法 テラセル擁壁工法とは、展開したテラセル(ジオセル)に現地発生土や砕石を充填し、段積みすることで 擁壁を構築し、切土・盛土のり面を保護する工法です。 ■ 標準断面図 1/3砕石タイプ ALL砕石タイプ 樹脂アンカーピン(1本/袋) 樹脂アンカーピン(1本/袋) ジオセルバッグ(3.5袋/m) クラック抑制材(L=1.0m) ジオセルバッグ(3.5袋/m) クラック抑制材(L=1.0m) トレップTT-3S トレップTT-3S テラセル テラセル 鉄筋D19(L=1.0m) 鉄筋D19(L=1.0m) H 現地発生土 (2本/㎡) H (2本/㎡) 砕石 吸出し防止材(L=1.0m) ⅓ H トレップTT 砕石 裏面排水材(L=1.0m) 以上 裏面排水材(L=1.0m) あみ土レン(φ20×3連) あみ土レン(φ20×3連) 根入れ 地山 地山800㎜ 根入れ 800㎜ 150㎜以上 150㎜以上 適応 ・壁高5m以下 適応 ・壁高5mを越える場合 目安 ・のり面緑化を必要とする場合 ・水辺で使用する場合・現地発生土を利用する場合 目安 ・路側擁壁で使用する場合 ※上記構造を標準としますが、中詰材の対応、吸出し防止材の使用、鉄筋の長さ、根入れ深さなど  現場状況に合わせたご提案をさせて頂きます。 特長 ■ 高い耐候性・耐薬品性 ■ 軽量でコンパクト テラセルの原材料は高密度ポリエチレンを使用し、表 テラセル擁壁工法に使用するテラセルは約 4㎏/枚と 面のシートには厚さ 1.5㎜のシートにテクスチャー加 軽量なため、容易に運搬ができます。また、コンパク 工(0.2㎜)を施しているため、十分な耐候性を持って トな状態で納入されるため、材料の保管に広いスペー おります。また、耐薬品性にも優れており、酸性土・ スを必要としません。 アルカリ性土などのあらゆる土壌に適応します。 ■ 簡単で素早い施工性 ■ 様々な中詰材の使用が可能 使用する部材が少なく、施工方法も展開・充填・転圧 テラセルはハニカム構造のため、中詰材を拘束するこ の繰返し作業のため、施工期間の短縮が可能です。そ とで現地発生土や砕石等の様々な中詰材を状況に応じ のため、狭小な現場や災害復旧に能力を発揮します。 て使用できます。 また、コンクリートを使用しないため、養生期間が不 要で工期短縮が可能です。 ■ 現地に応じた高い適応力と柔軟性 壁面勾配 1:0.1 〜 1.0 で壁高 8m までの高さに対応 ■ 緑化が可能 可能で、現地の状況に合せた曲線部の施工や勾配の変 植生可能な中詰材を使用することで、セットバックし 化も容易に対応できます。また、フレキシブルな材料 た部分への植生工や在来種の飛来による緑化ができま のため、基礎コンクリートが不要で、ある程度の地盤 す。 の不等沈下にも追従します。 4 1: n 1: n
Page5

■ テラセル擁壁工法用 製品規格 セルサイズ 型式 標準展開寸法(H×W×L) 重量 カラー 3 セルタイプ   TW-150M 150㎜× 2.65m × 0.800m 約 4.0㎏ / 枚 ブラック 4 セルタイプ   TW-150M-CL4 150㎜× 2.65m × 1.067m 約 5.0㎏ / 枚 ブラック 5 セルタイプ   TW-150M-CL5 150㎜× 2.65m × 1.333m 約 6.0㎏ / 枚 ブラック ※上記製品規格以外は、製品寸法、製品カラー等、特注生産になりますので、ご相談ください。 ■ テラセル展開イメージ 3.6m以上(展開前) 展開 設置 800㎜ セ ッ 150㎜ ト 前面シート + テクスチャー加工 バッ (t=1.5㎜) (t=0.2㎜) ク2.65m ※厚さの数値は標準値です。 擁壁工法比較表 テラセル擁壁工法 コンクリートブロック積工法 テラセル 間知ブロック 断 面 3000 3000 図 比 較 150 300 800 100 610 展開面積A=46.1㎡ テラセル擁壁工採用で 展開面積A=53.4㎡ ※基礎部を含む 10.60 全体面積 10.50 13%削減 展 開 図 3.75 4.00 比 4.35 4.50 較 @2.650 10.60 10.50 テラセル擁壁工法 コンクリートブロック積工法 製 品 重 量 約4㎏/枚 約40㎏/個 直高面積100㎡あたりの使用量 250枚(約1t) 約800~1000個(約40t~50t) CO2排 出 量 テラセル擁壁工法は部材が軽量でコンパクトなため運搬回数が少なく済み結果CO2の発生を抑制することが可能 軽車両で可能 大型車両が必要 運 搬 場内は人力でも可能 場内でも重機が必要 普通作業員で可能 ブロック工が必要 施 工 性 人力のみの施工が可能 重機が必要 基 礎 工 コンクリート基礎工が不要 コンクリート基礎工が必要 植 生 緑化が可能 緑化は困難 現 地 発 生 土 中詰材として使用可能 残土処理が必要 施工の養生期間 不要 コンクリート養生が必要 工 期 ※ テラセル擁壁工法はコンクリート基礎工、養生が不要なため50%以上の工期短縮が可能 経 済 性 ※ テラセル擁壁工法を採用することで工事費が約1割削減 ※工期・経済性に関しては現場状況により異なります。 5 1:0.5 1:0.5
Page6

テラセル擁壁工法 施工手順 シート状でコンパクトにまとめられておりますので、  材料置き場が省スペースですみます。 テ ラ 鉄筋 展開枠 単枠 セ ル 荷 姿 1 テラセルの展開 補助枠にテラセルを規定の大きさで展開します。 2 基礎地盤の整地とテラセルの設置 展開したテラセルを所定の勾配に設置します。アール施工、 折れ施工はコーナー部用の補助枠を使用し、設置します。 3 テラセルの接続 テラセル同士はタッピングビスでジョイントします。 接続ビス 4 土の撒出しと転圧 中詰材を撒出し転圧をおこないます。 6 ▲
Page7

5 吸出し防止材の設置 砕石層と発生土のセパレーションとして、 もしくは排水材として、不織布を設置します。 6 補助鉄筋の打設 上下の一体化を高めるため、6段(90㎝)ごとに 2 本/㎡の鉄筋 D19(L=1.0m)の鉄筋を打設します。 7 クラック抑制材の設置 長繊維不織布トレップ TT-3S を設置します。 8 ジオセルバッグ(土のう)の設置 天端保護のためジオセルバッグを 樹脂アンカーピンで固定し、完成です。 完 成 施工フロー比較 テラセル擁壁工 掘削 ジオセル工 仕上げ 50%以上の工程短縮基礎整工 コンクリートを使用しないため、養生が不要です。 工 程 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 掘削 コンクリート 天端 基礎整工 基礎工 ブロック積工 コンクリート 仕上げ打設 コンクリートブロック積工 ※直高面積 30㎡の場合(施工延長 10m×壁高 3.0m) 7
Page8

テラセル擁壁工法 周辺部材/その他対処事例 ■ ジオセルシート(安定補助材) ■ あみ土レン(裏面湧水処理材) ■ パイプ(横断排水材) ■ 現場打ちコンクリート(縦排水材) ■ 小口止め AZ 枠 SG シート ジオセルバッグ(植生土のう) テラセル巻き込み 8
Page9

■ 屈曲部 ■ コーナー部 ■ PC 防護柵(交通安全施設) ■ 転落防止柵(交通安全施設) ■ 積雪対応(特許出願中) ■ 補強土壁天端補強 9
Page10

テラセル擁壁工法 路肩欠損対策工 近年のゲリラ豪雨などによる異常気象の影響で小規模ではある 路肩欠損 が路肩部分の崩壊が多く見られます。 崩壊 テラセル工は、のり面の勾配を自由に変えられ根入れも浅くで きることから壁高と掘削を最小限に抑えられる利点があり、路 肩欠損の対策工として優れた施工性を発揮します。 ■ 路肩欠損対策工比較 工 路肩欠損対策工 法 プレキャストL型擁壁工 テラセル擁壁工 ブロック積擁壁工 概 略 図 テラセル たて壁と底版とからなり、土圧に対 高密度ポリエチレン製の帯状シート 1:0.5法勾配をもたせ、直壁に応 して、躯体自重と裏込め土砂重量で 材料をハニカム(蜂の巣)状の立体 じた控え長をとり裏込め材と一体化 抵抗し、転倒・滑動に対し安定を図 構造にしたテラセル本体を広げて、 させて土圧に抵抗させる。 る構造である。 セルの中に土や砕石を入れて締固 め、セル内の充填材を拘束して強度 工 を確保することにより連続した構造 法 原 体を構築する。 理 ・控え幅が大きく、路面工を傷める ・控え幅が小さく、掘削を最小限に ・勾配が緩いため、壁高が高くなる。 恐れがある。 抑えられる。 ・掘削量も多い。 ・根入れも浅く、勾配も自由に調整 できるので壁高も最小限に抑えら れる。 NETIS ̶ KT-090023-VE ̶ 防護柵基礎工 防護柵基礎工 防護柵基礎工 天端コンクリート 積ブロック (350㎏/㎡以上) テラセル 土粒子止めフィルター 断 (吸出し防止材) 面 透水層(裏込め砕石等) 図 止水コンクリートφ75 (f’ck=18N/㎜)2 敷モルタル 基礎コンクリート (f’ck=18N/㎜)2 充填材:砕石 裏込めコンクリート C-40(またはRC-40) 基礎砕石等 鉄筋D19×L1.0m 800 2200 (2本/㎡) 基礎工 750 胴込めコンクリート 特 ・垂直壁により、構造高としては最 ・コンクリートを使用しないため、 ・ブロック積みは積むのが難しく熟 長 小高にできる。 工期短縮が計れる。 練工を要する。 ・躯体が大きいため、保管スペース ・テラセルは約4㎏/枚と軽量なた ・コンクリートブロックの保管ス は広めに必要となる。 め容易に運搬でき、コンパクトな ペースは広めに必要となる。 ・コンクリートを使用するため養生 製品納入で、広い保管スペースは ・コンクリートを使用するため養生 に多少日数がかかるが躯体設置と 必要としない。 に多少日数がかかる。 なれば施工スピードが早いので工 ・トラッククレーンなどの建設機械 ・施工実績は多い。 期短縮可能。 を使用しないため、作業ヤードも ・他工法と比し、底版幅が広く掘削 最小限にでき、施工規模も最小限 領域が大きくなってしまう。 にできる。 ・製品の性質よりカーブ施工も容易 にできる。 ※ふとんカゴ対策工は、設置段数の制限等により、構造上適合しない要素が大きいため、上記比較表からは除外する。 10 3000 500 3000 300 1:n 1:0.3 3500 300 1:0.5 1:0.5 1:0.4
Page11

路肩欠損対策工 施工事例 施 主:富山県富山市八尾総合行政センター 施 主:愛知県豊田市役所 工事名:白木峰市有施設管理道整備工事 工事名:豊田市道羽布町二夕瀬地内災害復旧工事 ■ 壁面勾配:1:0.4 ■ 壁面勾配:1:0.6 ■ 壁  高:4.35m ■ 壁  高:6.75m ■ 壁 面 積:59.9㎡ ■ 壁 面 積:81.8㎡ 施 主:兵庫県神戸市西部建設事務所 施 主:新潟県魚沼市役所 工事名:大日第 89 号線道路防災工事 工事名:市道大白川 243 号線 ■ 壁面勾配:1:0.2 ■ 壁面勾配:1:0.3 ■ 壁  高:4.5m ■ 壁  高:4.2m ■ 壁 面 積:40㎡ ■ 壁 面 積:40㎡ 施 主:島根県松江県土事務所 工事名:国道 432 号外 25 線道路維持管理 ■ 壁面勾配:1:0.6 ■ 壁  高:2.85m ■ 壁 面 積:47㎡ 11
Page12

テラセル擁壁工法 テラセル擁壁工法の耐震性について 震災後、下記現場を確認しましたが、全て異常はありま せんでした。 東北地方太平洋沖地震の概要 2 1  1 岩手県花巻市 震災後 4 2009年8月に施工され、最大壁高は4.95mになります。 ボックスのウィング部のブロック積工の代わりに使用さ れた現場です。現地の震度は 6 弱あり、テラセル擁壁の 3 背面は盛土になりますが、のり面勾配や周辺部に変形は 見られず、製品の損傷もありませんでした。 震度分布図 平成23年3月11日14時46分頃に三陸沖を震源とす るマグニチュード9.0の巨大地震が発生しました。こ の地震により宮城県栗原市で震度7、宮城県、福島県、 茨城県、栃木県で震度6強など広い範囲で強い揺れを 観測されました。また、太平洋沿岸を中心に高い津波 を観測し、特に東北地方から関東地方の太平洋沿岸で は大きな被害があり、気象庁はこの地震を「平成23年  2 岩手県雫石町 震災後 (2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。(東 2009 年 11 月に施工され、最大壁高は 1.65mになり 北地方太平洋沖地震及びこれに伴う原子力発電所事故 ます。道路拡幅工事による既設歩道の移設に使用されま による災害については、「東日本大震災」と呼称するこ した。現地の震度は 5 弱あり、天端部の中詰材にコンク ととなりました。)『気象庁ホームページ掲載図より加筆作成』 リートを使用していますが、ひび割れやクラックの発生 はありませんでした。  3 福島県相馬市 震災後  4 宮城県大衡村 震災後 2010 年 10 月に施工され、壁面数は 9ヶ所あります。 2009年4月に施工され、最大壁高は5.10mになります。 その中の最大壁高は 7.95m あり、山間部の切土のり面 大規模工業団地に向かう表玄関の道路として景観性と経 の保護に使用された現場です。現地の震度は 6 弱あり、 済性から切土のり面の保護に使用された現場です。現地 曲線施工も多くありますが、こちらの現場でものり面勾 の震度は 6 強あり、被災調査を実施した現場の中では最 配や周辺部に変形は見られず、製品に損傷もありません も震度の大きな現場です。こちらの現場でものり面勾配 でした。 や周辺部に変形は見られず、製品に損傷もありませんで した。 12
Page13

道路 新設・拡幅・歩道拡幅 高速道路 施 主:東日本高速道路株式会社 工事名:首都圏中央連絡自動車道茂原北インターチェンジ工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:6.75m ■ 壁面積:390㎡ 施 主:中日本高速道路株式会社 施 主:東日本高速道路株式会社 工事名:新東名道いなさ JCT 造園工事 工事名:首都圏中央連絡自動車道新治工事 ■ 壁面勾配:1:1.0 ■ 壁高:1.5m ■ 壁面積:60㎡ ■ 壁面勾配:1:1.0 ■ 壁高:5.1m ■ 壁面積:34.2㎡ 国道 施 主:中部地方整備局紀勢国道事務所 工事名:平成 23 年度紀勢線始神地区道路建設工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:6.6m ■ 壁面積:360㎡ 13
Page14

テラセル擁壁工法 道路 新設・拡幅・歩道拡幅 国道 施 主:東北地方整備局岩手河川国道事務所 施 主:東北地方整備局三陸国道事務所 工事名:国道 4号 BP芋田地区擁壁工事 工事名:田老地区改良工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:4.65m ■ 壁面積:190㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:4.5m ■ 壁面積:457㎡ 施 主:北陸地方整備局新潟国道事務所 施 主:北陸地方整備局新潟国道事務所 工事名:日沿道村上 IC 改良その 2 工事 工事名:揚川改良西地区その 2 工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:6.6m ■ 壁面積:230㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:5.1m ■ 壁面積:150㎡ 施 主:東北地方整備局福島河川国道事務所 工事名:仲間町地区交通安全対策工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:1.8m ■ 壁面積:140㎡ 14
Page15

道路 新設・拡幅・歩道拡幅 県道 施 主:岡山県備中県民局 施 主:茨城県水戸土木事務所 工事名:県単道路工事(改良)県道高梁旭線 工事名:主要地方道大洗友部線 ■ 壁面勾配:1:0.3 〜 0.5 ■ 壁高:7.95m ■ 壁面積:560㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:3.9m ■ 壁面積:216㎡ — 施 主:富山県富山土木センター立山土木事務所 施 主:愛知県豊田加茂建設事務所 工事名:主要地方道富山立山公園線道路総合交付金(防災・災防) 工事名:一般県道平畑土岐線     法留工(下ノ小平)工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:7.95m ■ 壁面積:267㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:4.95m ■ 壁面積:221.1㎡ 市町村道 施 主:新潟県長岡市役所 施 主:愛知県新城設楽建設事務所 工事名:西部丘陵東地区産業ゾーン整備工事 工事名:一般国道 R151号道路改良工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:3.9m ■ 壁面積:1,120㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:7.05m ■ 壁面積:602.3㎡ 15
Page16

テラセル擁壁工法 道路 新設・拡幅・歩道拡幅 林道 施工前 施工後 施 主:福岡県筑後農林事務所 工事名:施設維持管理事業佛迫地区補修工事 ■ 壁面勾配:1:0.7 ■ 壁高:7.2m ■ 壁面積:217㎡ 施 主:林野庁南信森林管理局 施 主:米代西部森林管理署 工事名:沢山支線林道 工事名:長沢林道災害復旧工事 ■ 壁面勾配:1:0.3 ■ 壁高:5.1m ■ 壁面積:156㎡ ■ 壁面勾配:1:0.4 ■ 壁高:6.75m ■ 壁面積:120㎡ 農道 施 主:長野県松本市役所 施 主:長岡地域振興局 工事名:松本市農道入山辺三反田地区道路工事 工事名:入塩川農道のり面復旧工事 ■ 壁面勾配:1:0.6 ■ 壁高:6.3m ■ 壁面積:217.6㎡ ■ 壁面勾配:1:1.0 ■ 壁高:5.4m ■ 壁面積:100㎡ 16
Page17

水辺 調整池 施 主:東日本高速道路株式会社 施 主:東日本高速道路株式会社 工事名:首都圏中央連絡自動車道茂原南工事 工事名:首都圏中央連絡自動車道桶川北本 IC工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:2.4m ■ 壁面積:625㎡ ■ 壁面勾配:1:0.4 ■ 壁高:4.35m ■ 壁面積:1,130㎡ 施 主:中日本高速道路株式会社 施 主:中部地方整備局名四国事務所 工事名:第 2東名道設楽原 PA半場調整池 工事名:名四国道 R23号 BP梅藪調整池 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:7.95m ■ 壁面積:2,592㎡     平成 24年度 23号豊橋 BP梅藪側道建設工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:2.4m ■ 壁面積:134㎡ 施 主:新潟県魚沼市役所 工事名:鏡ヶ池周辺公園整備工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:3.75m ■ 壁面積:260㎡ 17
Page18

テラセル擁壁工法 水辺 河川 施工前 施工後 施 主:愛知県豊田市役所 工事名:愛知県豊田市道旭杉本有間線 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:4.05m ■ 壁面積:69.4㎡ 砂防 間詰め・工事用道路・流路工 ダム関連 施 主:京都府中丹東土木事務所 施 主:長野県木曽建設事務所 工事名:城屋川通常砂防工事 工事名:千畳敷沢砂防堰堤工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 〜 1:1.0 ■ 壁高:5.45m ■ 壁面積:90㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 〜 1:1.0 ■ 壁高:5.45m ■ 壁面積:90㎡ 施 主:長野県上田建設事務所 施 主:広島県北部建設事務所 工事名:和合沢 1号砂防堰堤工事 工事名:広島県三谷川砂堰堤工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:各段 3.45 〜 4.5m ■ 壁面積:280㎡ ■ 壁面勾配:1:1.3 ■ 壁高:18m ■ 壁面積:180㎡ 18
Page19

鉄道 施工後 施工後 2 年経過 施 主:JR 東日本 工事名:磐越西線法面復旧工事 ■ 壁面勾配:1:1.2 ■ 壁高:4.0m ■ 壁面積:40㎡ 施 主:東武鉄道株式会社 工事名:東武桐生線阿佐美・新桐生間のり面改修工事 ■ 壁面勾配:1:1.0 〜 1:1.3 ■ 壁高:6.15m ■ 壁面積:800㎡ 施 主:東武鉄道株式会社 工事名:東武東上線東武竹沢・男衾間切土のり面改修工事 ■ 壁面勾配:1:1.2 ■ 壁高:6.0m ■ 壁面積:103㎡ 19
Page20

テラセル擁壁工法 鉄道 施 主:東武鉄道株式会社 施 主:東武鉄道株式会社 工事名:東武日光線災害復旧工事 G工区 工事名:東武日光線災害復旧工事 F工区 ■ 壁面勾配:1:0.9 ■ 壁高:7.95m ■ 壁面積:720㎡ ■ 壁面勾配:1:1.5 ■ 壁高:6.45m ■ 壁面積:270㎡ 電力 施 主:東京電力株式会社 施 主:北陸電力株式会社 工事名:中東京幹線山線#100 工事名:高松線 No.29敷地保全工事 ■ 壁面勾配:1:0.8 ■ 壁高:3.45m ■ 壁面積:62.4㎡ ■ 壁面勾配:1:1.0 ■ 壁高:3.45m ■ 壁面積:45㎡ 施 主:北陸電力株式会社 施 主:東京電力株式会社 工事名:能美送電所駐車場造成工事 工事名:熊川第一発電所搬出入路整備工事 ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:36m ■ 壁面積:50㎡ ■ 壁面勾配:1:0.5 ■ 壁高:4.95m ■ 壁面積:120㎡ 20